Top
私のオリーブオイルの先生たち
ここ4,5年オリーブオイルについて専門的に調査するようになって、何人か素敵な先生とよべる人たちに恵まれています。どの方もオリーブオイルの生産者。それぞれの地域にあったオリーブ栽培をしながら、新しい企画にいろいろと取り組んでいます。一番運がよかったと感じるのは、皆私と年齢が近いこと。オイルの話だけでなく、ライフスタイルから好みまで似ている人たちばかり。ものには生産者の考えが反映されますから、同意できないコンセプトの品物のプロモーションは、私にはできないので、当然似た者同士が集まるのは普通かもしれません。

昨日、土曜日だったのですが、私のスケジュールに空きがないので、眠そうな顔をしてオフィスに来てくれたルイス。私のオイルの先生の一人。『2009年のオイルを飲んでもらいたかったんだ』と、一言。オイルはワインと同じように、その年の気候で味が左右されるので、毎年新しいものを試すのが楽しみなのです。

c0213220_3325354.jpg


まず試したのがアルベキーナ。この品種は人気の高級オイルに使われる品種で、上品なアロマと甘さが特徴なのですが、土壌が変われば香りも変わるもの。『あれ?』という感じの味と香り。なぜかというとこれはグラナダのアルベキーナだったのです。私が好きなアルベキーナは北部のリオハやレリダのもの、さすがアンダルシアで栽培されるともっと鋭い味になっていました。

c0213220_33813100.jpg


次に試したのが定番のピクアル。ルイスが最も力を入れているハエン県の特産物のような品種。問題の味はまろやかで上品。やっぱりアンダルシアの香りでした。アルベキーナが流行っているので、そこら中でアルベキーナが栽培されるようになっていますが、やっぱり土壌に合っているのでしょうか、ピクアルの味の方がずっとマイルドで奥深いものでした。味についてはルイスと私の意見は全く同じ。ブレンドするにはアルベキーナもいいかもしれませんが、ピクアルの風味は絶妙なもので、どのくらいアンダルシアの土壌に合っているのかよく理解できました。他にもいくつかオイル製造工程で重要なことを学びました。

彼とは来年にかけて計画している企画があるのですが、オーガニックなオイルを選ぶ予定です。やっぱり安全なものを紹介したいですよね。下の写真がルイスのオリーブ農園。ほとんどがピクアル種です。

c0213220_3571345.jpg


彼は歴史が大好きなので、私たちが訪問する前日はネットの歴史サイトを2時間くらい見て事前勉強をしているそうです。パートナーは大喜びで歴史の話に花が咲いていましたが、次回は農園を訪問して色々な場所を散策するようです。アンダルシアはどこを掘っても歴史が出てくるような場所なので、オリーブにプラスアルファの愉しみが山盛り。止められません。

c0213220_3584680.jpg


写真は春訪問した時のもの。ルイスとパートナーはある石について想像をめぐらせています。
[PR]
by angel-chiho | 2009-11-16 04:00 | Olive オリーブについて | Comments(2)
Commented by nonnakaori at 2009-11-16 08:18 x
美味しそう!飲んでみたいです。
イタリアとご縁ができて、15年前初めてオリーブオイルにめざめました。収穫の後のオリーブオイルに初めて出会った時、フルーツなんだと、さわやかなフルーツの香りに感動しました。
日本でスペインのこんな美味しいオリーブオイルを手に入れる方法を教えて下さい。フィレンチェ近郊の町の肉やに地元のオリーブオイルのヌーボーがおいてあったので買おうとしたら、肉やに来ていたおじいさんが「昔は2週間しか経ってないオイルなんて、使わなかったぜ」と、話してました。この近郊のオイルは少しピリッとした辛味のオイルです。
Commented by angel-chiho at 2009-11-16 19:51
オリーブオイルがないと生きていけない人間になってしまったので、nonnakaoriさんの気持ちよくわかります。私の父も25年ほど前初めてスペインに来た時、オリーブオイルが最も気に入り10リットル缶のオイルを背負って帰りました。
搾りたてのオイルはまさにジュースですが、草の香りフルーツのほのかな甘さなど複雑なアロマが漂っていますね。毎年味が変わるのも不思議ですし...地元の人はまったくと言っていいほど使いません。私が扱っているオイルも前部シエーナ(トスカーナ)へ輸出され、グルメ商品に変身します。かなり辛味や苦味が残っているので1年くらいデカンテーションさせた方が美味しいという人もいるくらい。オイルの使い方もここ何年かで相当変化がありましたので、こういう一番搾りはグルメ食品扱いです。興味がありましたら、powerdio.comの方をご覧ください。いろいろ説明しております。一番搾りについては12月6日から発売。250mlが1500円です。現在予約受付中です。
<< マドリードの天使 トレド >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved