Top
オリーブオイルは赤ちゃんにも理想的


秋らしくなりましたねぇ~
朝晩はすごく冷え込み、スペインでは早速零下を記録した地域があるくらいです。
日中はまだまだ20度以上になるのですが、そろそろ暖かいものやモコモコした毛布が欲しくなって来ました。今週は昨年同様毛布工房へ行くつもりです。

ところで、計画していた赤ちゃんからの上質オーガニックオリーブオイルやっと販売開始となりました。

c0213220_186799.jpg


スペインでは極当たり前に離乳食から子供はオリーブオイルを摂取しています。めったにアトピーなどの症状が出ている子供を見ないので、きっと環境汚染があまり酷くなく、オリーブオイルを使っているからだろうなぁと思っています。

あまり難しい話をここでしたくないのですが、なんと母乳に含まれている脂肪とオリーブオイルの脂肪は非常に類似しているのだそうです。詳細を書くと長くなるので止めますが、簡単に言うと、脂肪は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわけることができるのですが、飽和脂肪酸は太りやすく摂取量を出来るだけ控えるべきな脂肪。摂り過ぎは害になる脂肪です。一方不飽和脂肪酸は、健康のために摂取した方がよい脂肪酸で、オメガ3,6,9と区分できます。オリーブオイルはオメガ9.他にイワシの脂質も不飽和脂肪酸になります。オイルの中でもオリーブオイルやアボガドオイル、ごま油が薦められる理由はここにあります。

赤ちゃんが成長するためは、成人よりも脂肪の摂取量を多くする必要がありますが、量ではなく脂質のバランスが重要となります。飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の比率が、4対3対1であることが理想的だそうですが、それは母乳の脂質構成比率に似ているのだそうです。

そして、なんとそんなバランスを自然のまま形成しているのがオリーブオイルなのです!!!
これは本当に驚きの事実。古代から万能薬と言われた理由のひとつです。

これは意外と専門家の間では知られている事実なのですが、実際日本でどこでも簡単に手に入るオイルのクオリティーは非常にグレードが低いとかいいようがありません。生産地のスペインでもよくこんなオイルを使えるなぁと思うケースが多いのですが、こちらではオイル=オリーブオイルですからあまり美味しくなくても普通に使われており、生活がオリーブオイルで統一されているので、他の食事のバランスが悪くてもオリーブが補ってくれています。

日本の場合、通常の生活の中で繊細な日本料理がメインになりますから、質の低いオリーブオイルでは臭くて話になりません。まして赤ちゃんの離乳食に入れたら、酸化した匂いと苦さしか強調されません。だから日本で離乳食の中にオリーブオイルを取り込むことがなかなか出来ないのだと思います。

そんな問題を解決するために選ばれたのが、このベビーオイル。計画しはじめてから1年半くらい時間がかかりましたが、当初計画していなかったオーガニックなオイルで企画が実現しました。写真にのせているものは、ポンプ式で1度プッシュすると2mlのオイルが出るようになっています。赤ちゃんがその成長とともに必要とする量を、お母さんが簡単にコントロールできるようデザインされています。

250ml 定価 2,000円
輸入販売元 パワジオ倶楽部 前橋 ℡:027-254-3388

また、このオイル赤ちゃんから使えるもので、身体がデリケートな老人にもお薦めです。

それから誰よりも上質のオイルを摂取する必要があるのが、母乳を与えているお母さんです!質のよいオリーブオイルを使ってください。日本にある加熱して精製されたサラダオイルなどは、健康を考えると実は問題外のオイルです。どんどんできればオリーブオイルや上記のアボガドオイル、ごま油にオイルは切り替えることをお薦めします。

そんな訳で、今日はやっと販売開始となったオーガニックベビーオイル『オリヴィア』OLIVIAについての報告となりました。
[PR]
by angel-chiho | 2010-09-28 18:33 | Olive オリーブについて | Comments(0)
<< カントリーライフ クリーニング >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved