Top
Guest House Wakiya
日本に帰国した時、ここ数年必ずグルメなお友達とランチをするようにしています。友人はいつも美味しいところに行く機会が多いので、私が好きそうなところを探しておいてくれ、今回のランチはここと連絡が入ります。年最低2回くらいは、こういう機会があるので日本に帰った時の楽しみのひとつとなっています。

c0213220_18113816.jpg


今回は白金台にあるゲストハウスWakiya.少人数制の隠れ家的な中華レストラン。普通は私が一番和食を喜ぶことを知っている友人が和食のセッティングをしてくれるのですが、ランチで美味しい和食はかなり困難みたいです。でも、やっぱり海外での生活が長くなると、繊細な和の世界が一番感動するので、和食ばっかりリクエストして困らせてしまいます。

c0213220_18184212.jpgc0213220_182114100.jpgc0213220_18223567.jpgc0213220_1823163.jpgc0213220_18234284.jpgc0213220_182499.jpgc0213220_18243634.jpgc0213220_1825316.jpg


















































お食事はお洒落で美味しい前菜から始まり、本格的な中華料理へ。北京ダックもフカヒレも満足◎一番美味しかったのは、信じられないような食感の豚の角煮。他にも坦々麺、チャーハンなどが出たのですが、その頃には、会話の方が弾んでしまいすっかり料理の写真については忘れてしまいました。デザートも忘れました。食後にマイセンのような器で登場したプーアルティは最高でした。今すぐにもまた飲みたいです。


c0213220_1832191.jpg

そして、このレストランで何枚も飾られているアーティストの絵で、特にみんなで気に入ったのがこれ。豚ちゃんの器。何とも言えない豚の表情に惹きつけられてしまい困りました。ちょうど私の右の方に飾られていたのですが、この眼差しを感じてしまい、どうしても右の方へ眼が行ってしまい、食事よりも豚に気がとられてしまうくらいでした。

このレストランの料理、こうして写真を見ていると、食べた瞬間よりも後になって思い出した時によりその美味しさを感じさせてくれるような料理でした。今見ていると北京ダックの味噌の味が思い浮かびます。





人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-06-12 18:37 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
<< マドリードのマルシェ 私のサンクチュアリ I >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved