Top
ダ・ヴィンチのペーパーオルガン Organo de papel de Leonardo da Vinci
今日は、音楽家レオナルド・ダ・ヴィンチのお話です。
このプロジェクトは7年も前に完了したものなのですが、現在実施しても全く変わらず興味深いものなのでお話します。

Codice Madrid Biblioteca Nacional de Madrid
c0213220_6592337.jpg


ダ・ヴィンチは生前、画家として有名になる以前に優れた音楽家として評価されていました。ミラノのスフォルツァ家の宮廷に入るためのレターにも、自らのことを優れたミュージシャンとしてアピールしているくらいです。そんなダ・ヴィンチの実像は歴史の闇に消えてしまうわけですが、彼は膨大な量の手稿を残したことでも有名な天才。世界各地に分散した手稿がありますが、ダ・ヴィンチの死後、皇帝カルロス5世やフェリペ2世の専属彫刻家であったポンペオ・レオーニPompeo Leoniが、ダ・ヴィンチの弟子から大部分の手稿を買い取り、スペインに持ち込んでいます。手稿は分割され結局あるセビリャのある宗教家に買い取られ、最終的にはフェリペ4世に寄贈されます。その後、この手稿は有名な”Codex Madrid”になるのですが、エル・エスコリアル修道院のロイヤルコレクションである図書館の中で単なる本として埋もれ、20世紀も1960年代になるまで、全くその存在さえも忘れられていたのです。

話が長くなってしまうので短縮しますが、エル・エスコリアルの図書館から国立図書館内へ写った手稿は、当時の無能な学芸員に、中世の楽譜として分類され、カリフォルニアから中世音楽の研究に来た研究者が発見するまで、誰もダ・ヴィンチの手稿がマドリードにあるなんて想像もしていなかったのです。(この発見エピソードも面白いのですが、長くなるのでまたいつか)

1枚目の写真が、そのコーデックスマドリードの中の1ページで、ダ・ヴィンチ考案のペーパーオルガンが描かれているページです。ダ・ヴィンチが考案した楽器は他にも沢山あるのですが、私たちのプロジェクトの主人公は、このペーパーオルガンなので、この楽器にフォーカスを当てます。

c0213220_7165515.jpg


2枚目の写真が、ペーパーオルガンの姿と、その復元者Joaquin Sauraホワキン・サウラ氏の様子です。サウラ氏は、非常に優れた歴史あるパイプオルガンの修復家。聖女テレサのRealejoレアレホというポータブルタイプのオルガンの修復もしているくらいの腕の持ち主。スペイン中の優れたパイプオルガンは、有名なピアニストAntonio Bacieroアントニオ・バシエロ氏と見学したそうです。あまり知られていませんが、スペインは世界一のパイプオルガン保有国でもあり、それがほとんどすべて歴史あるものなのです。

そんなサウラ氏、友人宅で偶然この手稿のページを見せられたそうですが、見てすぐにこれはポータブルオルガンであることに気がついたそうです。ロマネスクの教会彫刻を見て、中世の楽器の復元までしてしまう人なので、彼にとっては一目瞭然のことだったのでしょう。写真からも想像してもらえると思いますが、彼はとても静かな物腰の聡明なすごい集中力のある男性なので、あっという間に楽器を復元したようです。

写真は2004年に計画した日本でのコンサートツアーのもの。大阪のコンサートホールで私が撮影したのですが、ダ・ヴィンチのエスフマートEsfumato煙のかかったような世界が、なんとなく出ていると思います。

c0213220_7294210.jpg
日本での演奏会場も素晴らしく、大塚製薬にスポンサーになっていただき徳島国際博物館のシスティーナチャペルでは、一生忘れられないコンサートを開催することが出来ました。記者会見も復元してあったダ・ヴィンチの実物大の『最後の晩餐』の前で行ったのですが、その時のサウラ氏の感動ようは今でもよく憶えています。

写真はリハーサルの一場面。日本では雅楽の東儀秀樹さんに一緒にコンサートツアーに参加していただきました。本当に無理なことばかりをお願いし続けてしまいました。



c0213220_7372654.jpg

楽器の移動も大変なものでした。中世の楽器がどんどん姿を消してしまった理由のひとつは、その移動の不便さもあると思うのですが、とにかく大きいものがあり、新幹線の駅などでは大騒ぎでした。一番手前の楽器は、古い修道院などに残っている楽器。演奏しているのは、中世音楽で有名なLuis Delgadoルイス・デルガード。彼には録音から何から何までとてもお世話になりました。





なぜ今日こんな昔の話になったかというと、新しくダ・ヴィンチについての展覧会が催されるらしく、そこでの会場音楽として、私たちが制作した『天上の音色』Los sonidos de Leonardo da Vinciを使いたいとの連絡があったのです。そんな訳でこんな思いで話となりましたが、確かにダ・ヴィンチについては、いつ語っても興味深いテーマとなるので、書かせていただきました。CDについて、もっと知りたい方はメッセージをください。

c0213220_7465076.gif


人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-06-17 07:05 | Art 美術 | Comments(6)
Commented by ゆっこ at 2011-06-20 19:19 x
とても興味深いお話ありがとうございます。まずレオナルド.ダ.ビンチが音楽家でもあった事実から私は何にも知りませんでした。更にスペイン皇帝がダビンチ死後に弟子から手稿を買い取ってスペインとダ.ビンチが深くつながっている事にとても感動しました。そしてエル.エスコリアル図書館の館員によってただの中世の手稿として分別されるなんて!!!本当にこの価値が分かる人に発見してもらって良かったです。またペーパーオルガンの存在も知りませんでした。中世の楽器が様々な理由から姿を消していく事実はとても悲しいです。サウラ氏によるパイプオルガンの修復活動も知りませんでした。またスペインのパイプオルガン世界一保有国についても。。。日本で行われた素晴らしいコンサート、なんとダビンチの最後の晩餐の実物大で前での演奏、サウラ氏がダビンチと一体になり演奏されたコンサートは素晴らしかったに間違いありません。こんな素晴らしいプロジェクトを思いついたChihoさん、本当に素晴らしいです。私自身、知らない事だらけなのですが、Chihoさんにより色々と教えてもらって本当に勉強になります。素晴らしいブログをありがとうございます!
Commented by angel-chiho at 2011-06-21 06:49
ゆっこさん

ダヴィンチのこのプロジェクトは、本当にやりがいのあるものでした。色々大変なことも山のようにあったのですが、たくさんの人のご協力で無事終了することが出来たうえ、今でも今回のような問い合わせが来るので、価値のある仕事をしておいてよかったと思っています。
こういうプロジェクトと関わると、自分の信念にそぐわない仕事だとか、意味を見つけられない仕事ができなくなるということがあり、仕事をすごく選ぶようになりました。年齢も影響していると思いますが、結局どうしょうもないような企画も、意味のある企画も同じくらい時間がかかるのです。
嬉しいコメント、どうもありがとうございました。(^ ^)
Commented by dj020 at 2011-06-21 12:09
ルネサンス期の古楽には、
一時期かなり凝りまして、いろいろ聴いていたので、
こちらのCD、たいへん興味深く、ぜひ聴いてみたいです ^^
パワジオさんでも購入可能でしょうか?

7年も前にこのような価値ある企画をプロデュースされていたとは!
Chihoさんの多彩なご活躍ぶり、ホントに感服です ^^
Commented by angel-chiho at 2011-06-21 17:57
dj020さん

やっぱりそうですか。古楽器にはまると大変ですよね ^^  私も4,5年どっぷりと浸かりましたが、快感でした。もう少し早く巡り合っていればよかったですね、きっと話が弾んだと思いますし、コンサートも楽しんでいただけたと思います。NHKのクラッシック倶楽部で、素晴らしいスペインの教会でコンサートの模様を特別収録してもらったので、今度そのDVDをプレゼントしますね。色々仕事をしましたが、これまで実施した仕事の中でこれがベストだっと思う番組です。今度帰国した時にお渡しできるようにしますね。
CDはパワジオにありますので、是非お聴きくださいませ。
Commented at 2012-11-02 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by angel-chiho at 2012-11-03 03:48
大澤 修さま

お問い合わせどうもありがとうございます。
お手数ですが☎027-253-5803の方に連絡をしていただけますか。CDをお届けできるよう詳細をお話できると思います。
宜しくお願い致します。 担当者 小野塚 登志子
<< ヒナゲシ Amapolas タラベラ焼き >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved