Top
古いスペイン陶器

私と義母の共通の趣味はアンティーク。
彼女はいろいろなもののコレクションをしていて、昔はさぞ楽しんだのだろうなぁと想像できます。マドリードに家にはクオリティーの高いアンティークを選び、田舎の家にはカントリー調のものを綺麗に揃えていたようです。私の手元には古い家具や食器、リネンの他に、彼女が集めていた陶器も幾つかあるのですが、まだリフォームがきちんと完了しないので飾れないでおります。

c0213220_532676.jpg


これは特に気に入っているお皿。色合いといいデザインといい、その内行きつけの工房でコピーしてもらおうと思っています。生産地はよくわからないのですが、多分レバンテ、バレンシア近辺のマニセスあたりの工房のものだと思います。

義母のコレクションは、タラベラ焼きがメインだと思っていたのですが、このようにかなりマニセスのものがあり驚きました。彼女は幼年期を地中海沿岸で過ごしたことがあるので、きっとこういう色合いが好みだったのでしょう。リフォームが済んだら、一部屋は陶器で一杯にしたいと思っています。






c0213220_572975.jpg

ブルーアンドホワイトは、日本人なら誰でも好きな色合いだと思いますが、この昔の絵柄がとても新鮮に感じます。今でも伝統を守りながら絵付けのうまい職人さんはいるのですが、絵皿のデザインにはその人のセンスが重要なので、なかなか納得できる人に出会えません。

これもきっとマニセスのもの。ブルーアンドホワイトが義母のコレクションには本当に多かったので、彼女が我が家に滞在する時の部屋にも、2枚ほどこのタイプの陶器を飾りました。



c0213220_5111968.jpg
これはよくあるスペインの典型的な絵皿の模様。
18世紀から19世紀は、この農園のような建物入りの絵皿がたくさんあります。タラベラでもマニセスでもたくさん同じようなものがあったので、これも産地はどちらかよく分かりません。専門家に今度見てもらおうと思います。私が知るタラベラの感じとはちょっと違うので、多分マニセスなのではないかと思っています。

スペイン人はモダンなインテリアが好きなので、こういう伝統的なお皿をふんだんに使ったデコレーションはかなり減ってしまいました。私はできるかぎりスペイン式を守ってゆきたいと思っているので、キッチンにも華やかなタイルが張ってあります。本当は別のカラータイルに交換したいのですが、すでにあったタイルがやはりそれはそれでいい味を出しているので、そのままにすることを決心しました。他のスペースで色タイルは使えばいいので。パティオの水場にもタイルを使いたいと考えているのですが、この地域は寒いので特別なことをしないと割れてしまうでしょうね。







クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-09-28 05:17 | お気に入り | Comments(2)
Commented by ゆっこ at 2011-09-29 19:18 x
Chihoさんこんにちは!義理のお母様との共通のご趣味がアンティーク探しって素敵ですね。Antiquarioを一緒に周られたりするのですか?最後に掲げてあるお皿はスペインの典型的なお皿のような感じはするのですが、最初の2つのお皿もスペインで作られたものということで、違いに驚きました。
私もタイルはすごく素敵だと思います。キッチンやバスルームを将来タイルでデコレートできたら良いなあと思っています。Chihoさんのキッチン、きっと素敵なんでしょうね。
Commented by angel-chiho at 2011-09-30 04:26
義母のアンティーク仲間が、今では私たちの友達になっているので、アンティークだけでなく、友達まで引き継がせていただいています。義母はもう高齢すぎてショッピングには行けないのですが、彼女のアンティークは大分いただきました。スペイン製とは思えない絵柄が、古いものにはたくさんあり驚かされます。
キッチン田舎のものは古いので、まだまだリフォームが必要ですが、昔の暖炉キッチンがそのまま現代風のものにリフォームされています。それがかなり古いのですが...いつか紹介しますね。
<< サモラの友人のところへ 田舎のレタス >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved