Top
カプリ風のチョコレートケーキ

昨日は甥の誕生日でした。カプリ風のチョコレートケーキと塩窯のポークロースを焼いてお祝いへ。

c0213220_114683.jpg

カプレーゼというと別の料理を思うと思いますが、カプレーゼはカプリ風という意味ですから色々なバリエーションがあります。このチョコレートケーキはアーモンドをふんだんに使うタイプのもので、スペインの上質アーモンドをしっかりローストして、フードプロセッサーで自宅でパウダーにしたので、とてもいい香りに仕上がりました。

ところが、使ったモールドが不適切だったので生地が張り付いてしまい完成品は思ったとおりのものではありませんでした。そんな訳で写真はなし。

ドイツに留学している甥もパーティにくることが出来て、久しぶりに楽しいホームパーティとなりました。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.


[PR]
by angel-chiho | 2012-02-11 01:19 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
<< オリーブの漬物オンパレード スープが美味しい季節ですね。 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved