Top
パートフィロ (フィロ生地)
5年くらい前から、我が家でパイというとパートフィロを使ったものばかり。
日本ではまだまだ上質のものが、簡単に入手できないのですが、スペインでは日に日に広がっており、最近では普通のスーパーでも手に入ります。

c0213220_727583.jpg



これはキッシュの具をちょっと工夫して作った、パートフィロを使ったパイ。フィロのたたみ方は、餃子同様たくさんあるので、これからもっと色々な折り方をマスターする必要があるのですが、フィロは紙のように薄い生地なので、何枚も重ねて使ったり、一枚だけで薄く使ったりと、料理のレパートリーが本当に増えます。


塩味のものだけでなく、甘いものもとっても上品に仕上がります。アップルパイなど最高です。


c0213220_73219.jpg


こちらの写真は、クレタ島で教わったフィロ生地。ギリシャ式のレシピには、ラキというリキュールが入りますが、それが美味しさを増しているようです。もちろん、EVオリーブオイルもたっぷり入ります。バターとは全くち合う軽さのこの生地、日常家庭でどんどん使いたい生地です。

c0213220_736835.jpg



先生は簡単にフィロを作ってくれました。ほとんど発酵させる必要もないので、とにかく便利。スペインでは、スーパーで美味しいのが手に入るので、わざわざ自宅では作らないのですが、やっぱり努力して、もっと家庭で作るようにしたい一品。

当分パートフィロ作りに励んでみます。


c0213220_7432577.jpg


こちらはパートフィロを重ねて重ねて作るお菓子の至宝(バクラバ』を、作っているプロ中のプロ。クレタ島の職人さんの工房を訪れた時の様子。夕方訪ねたので、誰もいなかったのですが、丁寧にフィロ作りを見せてくれました。感動を言葉で伝えるのは難しいのですが、空気を入れて膨らましたり、色々見せ場を作りながら、生地を大きく大きく広げてゆき、最終的にはお菓子にしてくれました。日本でパイというと、どうしてもバターベースのペイストリーという感じですが、私はこのフィロのバクラバをはじめとする中近東のペイストリーが、最も好きです。いつかしっかりマスターしたいなぁ~と本気で思います。

c0213220_7483367.jpg


こちらがクレタ島で見つけたバクラバ。上の写真のおじいさん職人が作ったものです。旅の間、ずっとこのお菓子を持ち運び、毎日1個感激しながら食べたことを憶えています。今でも甘いシロップの香りと、パリパリの素晴らしいフィロの食感が忘れられず、自宅でもフィロ生地を使っていますが、あの味には永遠になりそうもありません。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2014-01-15 07:52 | Comments(0)
<< マッシュルーム 蚤の市のガラスとクリスタル >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved