Top
日本へ紹介したいオリーブオイルを選ぶ時

過去10年間くらい真剣にオリーブオイルのクオリティーにこだわって、色々オリーブオイルについて勉強調査し、オイルの試飲も数多く出来るように努力していますが、何を基準にオイルを選ぶかというと、やはりそれはオイルのクオリティー、特に味や香りの奥深さ、そして何より感動させる力があるかないかだと思っています。

c0213220_0461289.jpg

過去2年間、オリーブは特にスペイン、ポルトガルでは不作の年だったので、感動するほどの旨さのオイルがなかなかありませんでした。今年はようやく2年ぶりに天候に恵まれ、ハイクオリティーの素晴らしいアロマのオイルが完成。日本で紹介していても何より嬉しい、お客様の満足した表情を何度も見ることが出来ました。


優れたオイルの背後には、やはり優れた人材、献身的な仕事ぶり、諦めない精神などが見受けられます。色々な農園を訪問し、多くの作り手の方々と話をしていますが、違いを感じる人からは、揺るぎのない精神を感じますし、オイルと同じような奥深い人間性と真面目さを感じます。こういう人間性が必ずオイルにも反映されていると思うのです。個人的には、作り手のセンスにも私は注目しています。味覚はやはり感覚です。感性の良さも必ずオイルに表現されます。




オリーブは厳しい環境で栽培されているものが多く、膨大な栽培数が必要な自然だよりの超肉体労働が必要なもの。農家の人ならば誰もが知っている苦労だと思いますが、機械化されていない伝統栽培の世界は、本当に強い精神を持った人たちでないと守れないものだと感じます。

おまけに何百年もの間、守られてきたオリーブたちには、計り知れないパワーが備わっているはず。オリーブオイルの中のそんなポテンシャルを見ながら、いつも日本向けのオイルのセレクションをしています。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2014-04-27 01:10 | Olive オリーブについて | Comments(0)
<< 雑誌RAYレイでのご紹介 さくらんぼ園訪問 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved