Top
サルチーチャ作り

スペインは『東方の三賢人』のパレードも終わりクリスマスと新年行事が一段落。7日からは普通の生活に戻ります。年末から年始日常生活が夜更かしなどで狂うので、なんだかクタクタです。

今年早速オーダーしたキッチン用品、それはソーセージ作りの道具!まだ届いていないのですが、冬スペインはサルチーチャやチョリソを作るシーズン。今年はホームメイドサルチーチャに挑戦です。写真は先日田舎で見かけた可愛いショーウインドーの様子。

c0213220_10303459.jpg


このお人形さんたちソーセージ作りをしているのです。昔のソーセージ作りは豚を一頭を使い一年分の肉の加工品を作ったので、一家の一大行事だったのです。今でも田舎の農家などでは親戚まで集めてこのマタンサという行事を大々的に行う家も多くあります。

c0213220_1033957.jpg


このオブラートのようなものに肉のミンチを詰めてソーセージにします。紐は典型的なソーセージ用の紐。色によってソーセージの種類の違うものを見比べられるようにします。まずはフレッシュなサルチーチャをマスターし、少しづつ色々な種類を作れるようになろうと思います。マスターしたら日本でお料理教室でも紹介できるようにします(^▽^)/

c0213220_1039683.jpg


新年早々新商品の販売も開始しました。ピメントンというスペイン独自の唐辛子のスモークパウダーですが、これが多種多様な料理に大活躍するのです。もちろん、ソーセージ作りにも欠かせません。日本でよく見かけるチョリソやアヒージョ料理に絶対必要な調味料です。最高の品質のピメントンをやっとパワジオ倶楽部で紹介開始したので、是非お試しくださいね。

c0213220_1036308.jpg


新年に入ってからスペインはやっと冬になり、よく霧に覆われています。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-01-06 10:44 | Food 食 | Comments(0)
<< ベシャメルソースについて 2016年マドリードでの新年 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved