Top
ベシャメルソースについて
今日はラジオで聞いたベシャメルソースについての興味深いコメントをお伝えします。スペインにはオリーブオイルに詳しいジャーナリストが何人もおりますが、その中でもグルメで料理もするCarlos Herreraカルロス・エレーラという方の番組は、パートナーがよく聞いていて面白い話は教えてくれるのです。

コロッケで有名なバルからの中継があり、勿論コロッケについての色々な話題があったようです。まず大切なのは揚げる時に使うオイルの質と種類だと思っていたのですが、それだけではないようです。よくバルでコロッケを食べるのですが、油が古かったり質が悪いとお腹がもたれますよね。適当なところではだからコロッケは食べないのですが...

c0213220_9312427.jpg


スペインのコロッケは日本のジャガイモのマッシュを使うタイプのものではなく、メジャーなものは圧倒的にベシャメルベースで作られます。人によってはコンスターチを入れるのですが、このコンスターチ入りも美味しいとは思えず、これが胃がもたれる原因のひとつかとも思っていました。

ところが、軽くて美味しいコロッケ作りに大切なのは、ベシャメルソースでありバターでなく上質なEVオリーブオイルで作るべきだと言うのです。なるほど私は大きく納得してしまったのですが、上質でデリケートなEVオリーブオイルは、品種によってはまるで溶かしバター同様なのです。

私が日本で紹介しているオリーブオイルの中でも幾つかおすすめのものがあります。ベシャメルを作る時、100%EVオリーブオイルではなく半分はバターにして濃厚で独特なアロマを楽しめるようにしていたのですが、今日の専門家の話ではEVオリーブオイルの上質なもので作るのが、食感もアロマも仕上がり状態もベストだというのです。しっかりとした品質のオリーブオイルだけが出来るマジックだそうです。こういうデリケートなソースほど、材料の質の違いが表れるのでしょう。

c0213220_9394430.jpg

こちらが私がおすすめするベシャメルやマヨネーズに最高にマッチするEVオリーブオイル。早摘みオリーブではなく熟成したオリーブが使われていますので、苦みや辛味がなくとてもマイルド。まるで溶かしバターなのです。使われている品種はアルベキーナとピクアル。

お問い合わせは:パワジオ倶楽部・前橋
☎027-254-3388


まだ100%EVオリーブオイルでのベシャメル作りは実施していませんが、これはたくさんの健康を重視している方々にお伝えしたいと思い、早速ブログにまとめました。

c0213220_9443279.jpg


こちらはベシャメルたっぷりの料理。ポルトガルのオリーブ農園CARMで食べたカリフラワーとブロッコリー、ポテトをふんだんに使ったタラ料理。これこそ”コンフォートフード”と呼ぶのに相応しいポルトガルの家庭料理です。

皆様も是非ベシャメルソース、上質なEVオリーブオイルで作ってみてください。ポイントは上質でマイルドであること。アルベキーナ種などがおすすめです。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-01-14 09:50 | Food 食 | Comments(0)
<< ポートワインのセラーへ サルチーチャ作り >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved