Top
カテゴリ:Portugal( 26 )
アレンテジョAlentejoの食事と歴史

ポルトガル各地に好きな料理はたくさんありますが、使われている野菜やハーブ、フルーツの豊富さで最も私の好みに合うのはアレンテジョ地方かもしれません。食べる環境の光の様子なども気分に影響しますが、秋のハンティングシーズンから春まで、私にとっては欠かせない食のルートを形成しています。

c0213220_528679.jpg


今年は姪が大学卒業の記念にスペインに来ていたので、一緒にポルトガルを味わう旅をしました。

c0213220_5295512.jpg


姪は私と食べ物の好みが似ているので、どんな香りの強いものでも平気で食べます。古いチーズもへっちゃら。ヤギでも羊でもブルーチーズでも問題ありません。アレンテジョではアラビア料理の影響が強く残っているので、こういう風に小皿で色々登場します。ジャガイモのように見える一品は、栗とソーセージを炒めた料理。

c0213220_5324275.jpg


食べさせたかったのがこの羊料理。エンソパード・デ・ボレゴと言うアレンテジョの名物料理。ミントと一緒に食べるのですが、本当に羊にはミントがよく合います。固いパンをお皿にしいて、その上に肉とスープを掛けて食べます。

c0213220_5343933.jpg


大好物なので毎年食べたくなりますが、姪も案の定大喜びでした。

c0213220_5353856.jpg


お口直しにオレンジのサラダ。超美味。

c0213220_5361580.jpg


ポルトガルに来て鱈を食べないわけにはいかないので、一品鱈をオーダー。まぁ満足。

c0213220_5382197.jpg


姪は甘党なのでデザートもしっかりオーダー。メレンゲとカボチャのケーキにトライしてました。

c0213220_542743.jpg


食べるだけでなく地域の市場も見学。どんなものが栽培されているか知ってもらいました。日本とは全く違う世界ですが、素材のバリエーションが少なくても工夫して美味しいものが作られていることを、市場を見ながら感じました。食生活がやっぱり豊か。

c0213220_5444120.jpg


チーズも豊富。ポルトガルは何もかもがスペインと比べると小さいので有り難いです。チーズもしっかり1日で終わるサイズ。味は勿論小さい分だけ劣ってしまうのですが、それなりに美味しいチーズも確かにあり魅力的。

c0213220_547567.jpg


こちらの叔父さん時計の修理屋さんでバイクが屋根付きでお店になっています。ところが、裏を見ると...

c0213220_5482847.jpg


ハーブ=薬草のテーブルが設置してあり、地元の上質なハーブの販売をしていました。こういうお店を見ると感動するのですが、時計の装置がわかる人ですから優秀であること間違いなし。昔は典型的なユダヤ人の仕事。薬草も医者の多かったユダヤ人のスペシャリティーですから、もしかしたらこのおじさん、ユダヤの血を引く人かもしれませんね。スペイン国境にも近いこの地域、かなりスペインから15世紀、16世紀に逃げてきたユダヤ人が隠れ住んでいました。鶏肉のチョリソをはじめ、興味深い隠れユダヤ人の気配を感じるものがたくさん残っていますが、このおじさんもそんな一人でした。また行ってみよう!


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-05-06 05:55 | Portugal | Comments(0)
コルクの森

今年の誕生日はコルクの森で過ごしました。

c0213220_6294089.jpg


マドリードの中心部に住んでいるわけでもないのですが、時々本当に綺麗な空気のある場所に行きたくなります。リラックスできるし睡眠状態も全く違うように感じます。何よりエネルギーチャージのためですが、自分のパワースポットを持つことはとにかく重要だと思います。

c0213220_6331625.jpg

こんな日差しの中で森を散策することはエネルギーチャージになりますし癒しそのもの...普段見ることのないコルクの木も観察してきました。

c0213220_6352977.jpg

コルクの大木が倒れていましたが、コルクの構造を見るために観察させてもらいました。本当に軽くて木の皮を手にのせると、あまりの軽さに驚きます。

c0213220_6372945.jpg

はがした状態のコルクもこんなに大きいのに、軽く動かすことが出来ます。これでも7,8年は間違いなく経過しているコルクですから、年間の成長が微々たるものであることががよく分かります。この地域に来るとインテリアとしてコルクは役立っているので、私はこのコルクを持ち帰りたい気持ちでいっぱいですが我慢しました。

c0213220_6404830.jpg

ここの足元にあるのも全てコルクの破片。暖炉に入れて燃やしたらどんな風に焼けるのか想像中。

c0213220_6422126.jpg

コルクの森がこんなにインスピレーションを感じる場だとは思いませんでしたが、スペインポルトガルに住むようになってから、コルクは大好きなお気に入りツリーのひとつになっています。

c0213220_6442055.jpg

木に動きがあるのでおとぎの国に入った気分。

c0213220_6465358.jpg

ハンティングしながら歩く犬たちも大喜びで走り回り、お互い最高にリラックスできる時間を過ごしました。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-03-16 06:49 | Portugal | Comments(0)
陶芸の旅
料理に趣のある器は欠かせません。スペインやポルトガルの料理の良さを伝えるために、やはり陶器も伝統的なもの、スタイルのあるものが必要。久しぶりにアレンテジョ地方にある陶芸の里を訪れました。

c0213220_9413036.jpg


ポルトガルで伝統陶器はまだまだ生活と密着しているので、古くからの工房が嬉しいことに活動しています。幾つか好きな工房があるのですが、まずは工房の在処を見つけるのが大変です。あまり宣伝しょうとする民族ではないので、散策して見つけるしかありません。記憶に頼ってあちらこちらの道を歩いたのですが、結局全ての工房は発見できず。また次回の楽しみにすることにしました。

c0213220_9451633.jpg

こちらは何度も訪れている工房メルトラ。お年寄りのオーナーがナイーブな絵柄をずっと描き続けています。今回は馬をテーマにした器に一目惚れ。まだ荷物が整理できていないので、次回器は別の記事で紹介します。

c0213220_9502249.jpg

ここも何度も訪れていますが、あまり作業をしている様子がないので、きっと誰か別の人に作らせているのだろうと思わせられます。ここでは素焼きを数点しか買いませんが、建物が素敵なのでどうしても入ってしまいます。

c0213220_9525010.jpg

今回の旅で発見した素晴らしい工房。外観からは予想できないような世界が中に広がっています。元々はなんとオリーブオイルの圧搾工房だったそうで、中には太い圧搾器の柱が残っていました。窯もアラビア風のもので、今でもティナハなど大型の瓶も焼いているそうで、ワイン用の瓶が必要ならいつでも焼いてくれるそうです。感激!

c0213220_9571817.jpg

屋内では焚火があり火の周りに犬が座り、作業員の人達も休んだり昼ご飯を準備していたりと、まるで17世紀バロック期の絵画の世界に入った気分。暗いので上手く写真が撮れませんでしたが、ムードは伝わるのではないでしょうか...

c0213220_1024767.jpg


こちらは別の町にある工房ですが、若いオーナーがいつも一生懸命仕事をしています。土からの準備をとても重視していて、土をしっかり自分で作っていない陶芸家の工房で買っちゃダメだよと言います。大量生産された粘土で焼かれている陶器には味があまりありません。また窯も勿論重要。古い窯と新しい窯をミックスしているところが、今のところ一番頑丈な器を作ってくれるように思います。

c0213220_1044632.jpg


初めて10年以上前に訪れた時に、愛想の悪さが印象的だった工房。後継ぎのおじさんはとても感じが良く、前の人はなぜあんなに不愛想だったのか不思議。それぞれの工房が自分の絵付けスタイルを持っていて、それが何百年も続いていることが分かります。数年前はもう引き継ぐ人がいないのではないかと悲しくなりましたが、工房によっては生き延びられるような感じを今回は受けました。

c0213220_108994.jpg


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-03-10 10:13 | Portugal | Comments(0)
ダチュラーが咲く屋敷での朝

花が少ない季節には、暖かい時期の花の様子を思い出して過ごすと気分が晴れます。昨年友人が購入したポルトガルの別荘を訪問したのは9月末、ちょうどブドウの収穫シーズン。何もかもが豊かさを表す風景でした。

c0213220_7324232.jpg


ブドウ畑のある庭がやっぱり欲しいなぁ~と夢見るような景色。
オリーブ畑と葡萄、レモン、オレンジ、アーモンド、いちじくはやっぱり庭になくてはならない植物だと再認識。年齢と共に癒されるものは変化しますね。

c0213220_7471275.jpg


滞在先のこちらの家に美しいダチュラーがありました。ダチュラーはやはりある程度湿気のある地域の方が綺麗で、ここでは池の脇に植えられていました。

c0213220_755930.jpg


c0213220_7565696.jpg


ダチュラーのような派手なお花は自宅ではなく、外で見惚れるのがいいように思います。手元で育てたらきっと可愛くて仕方なくなるのでしょうが。

c0213220_759410.jpg


本当に見事なダチュラーと池でした。女性がまるで洗濯をしているようですが、実はくるみを洗っているのです。ポルトガルのクルミは美味しいことで有名です。私も訪問する度、山盛りのクルミを買うのですが、誰かがこういう作業をしてくれているのですよね。今はきっと機械が多いのでしょうが、ポルトガルは昔からの作業を人が喜んでしているように思います。めんどくさいという人があまりいません。

c0213220_824310.jpg


庭巡りをしてから朝食...オリーブオイルがなかったこと以外、申し分のない朝食でした。

c0213220_8111781.jpg


甘いモノのオンパレードですが、ポルトガル人は甘党。食事に呼ばれると大体デザートがダブルかトリプルになるので本当に大変ですが、甘いのですが味に奥深さがあるので、もっと知りたくなるクセモノです。

c0213220_893855.jpg


ホームメイドのいちじくのコンポートも上品に仕上がっていましたが、私はローストと食べる方が好み。
食事の後、ちょっとキッチンも覗かせていただきました。

c0213220_8145961.jpg


こういう陶器や磁器を見ると、持ち主と話が弾んで大変です。朝食が延々と続いてしまいます。それにしても素敵なカフェオーレボールや器が山盛り。欲しいモノばかりでした。

c0213220_818753.jpg


今年もまた同じシーズンに行きたいと思っています。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-02-12 08:20 | Portugal | Comments(0)
ポートワインのセラーへ
数年ぶりにポートワインのセラーに行ってきました。
昔はそれほどポートワインのファンではなかったのですが、ポルトガルと色々な活動で関係を深めれば深めるほど、この独特の甘さを持つワインの虜になってしまいます。

c0213220_9161853.jpg


ポートの町のドウロ川の岸辺には無数のセラーが混在しています。私はこの岸辺が大好きなので、訪問する度に違うセラーに行ってみるようにしています。今回はFerreiraフェレイラという大手のセラー。このセラーを大きくしたAntoniaという女性については、今度しっかり調べてみたいものです。ブドウが栽培されているドウロ上流にあるフェレイラのワイナリー訪問が次の目標なので、その前に調査するつもりです。

c0213220_9224827.jpg


セラーはドウロ上流で作られたポートワインを貯蔵しておくための建物。現在も勿論使われていますが、昔の活気はもうなく、今は観光の方が大切なような印象を受けますが、この港から今でも世界中にポートワインが出荷されているのかと思うと、素晴らしい伝統に感動です。おまけに19世紀に大活躍したビジネスウーマンが居るなんてより魅力的です。セラー内には博物館もあり、色々な道具が展示されています。ポスターも昔のものは素敵です。

c0213220_9294034.jpg


c0213220_9314682.jpg

ポートワインには幾つか種類がありますが、セラーに残る一番古いポートがこちら1815年のもの。トラファルガーの戦いがあった時のもので、ナポレオンの時代のものが楽しめるわけです。訪問すると古いポートがどのくらい貴重なもので、昔の人の知恵の賜物であり、まったく無駄のないワインだということも理解できます。捨てるところが全くないワインなのです。おまけにこんなに長寿であれば、大切に作れば必ず価値が上がるということも意味しています。頭の良さに脱帽です。

c0213220_9374130.jpg


ここからテイスティングルームへ移動。セラーでのテイスティングはやはり格別。

c0213220_9394918.jpg


2種類テイスティングしましたが、やはりヴィンテージものを買ってきました。上品なヘイゼルナッツの味やタバコのようなアロマに参りました。

c0213220_9431871.jpg

若いスタッフが自信満々で説明をしてくれました。伝統がある町に生まれるということは、守るべき誇りがあるというもの。伝統の重さと重要性を感じました。

c0213220_9473011.jpg

もっと飲みたいなぁ~と思いながら、奥深い香りを識別しょうと努力している私。香りはとにかく繊細なので感性と頭を使います。実はこの訪問ランチの前に実施したのです。この後ランチの約束があったので、これ以上のテイスティングは諦めました。

c0213220_9521399.jpg

見学終了後、セラーの倉庫にも入り込んでみました。昔からの洗い場などもしっかりと使われ続けていて素敵でした。益々、ポートワインが好きになり、朽ちる美しさを見せてくれるポートの町のファンになりました。

これは余談ですが、先日取引先でワインを山盛り入手。中にまだ発表されていない貴重なポートワインも入っています。これは取引先のオーナーが特別に下さった優れもの。こういうのが心地よい甘さだと言える素晴らしいポートなのです。大切に飲みたいと思います。ポートもピンからキリまであるので、上質なものに皆様が巡り合うチャンスを願って終わりにします。

c0213220_9575649.jpg




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg

スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-01-16 09:58 | Portugal | Comments(0)
久しぶりに庭巡り

海外に居ると突然特定のサイトにアクセスが出来なくなったり、不可解なハプニングがあるものです。今年の夏はなぜかエキサイトブログにアクセスできず、すっかりご無沙汰してしまいました。理由は分かりませんが、また正常に戻りましたので夏の体験を書かせていただきます。

c0213220_8232758.jpg


ここはCastelo Brancoカステロ・ブランコというポルトガルとスペインの国境にある町。前々からこの可愛いらしいガーデンを訪問したかったのですが、簡単に通り掛かるような場所ではなく訪問するのに10年くらい時間が経過してしまいました。

c0213220_8264180.jpg


資料によると16世紀に司教の宮殿が建設されたそうで、庭園の起源もその時なのだと思いますが、18世紀に大改築が施されており、現在の形はバロックスタイルの影響が強く残っています。スペインからポルトガルに行くと何もかもが小さいサイズになりますが、この庭園も同様全てがミニチュアのようで独特の魅力があります。現在も残るような庭園は大きなものが多いのですが、ここは誰もが微笑ましく思うようなミニサイズ。こんな庭が欲しいなぁ~と何度も感じました。

c0213220_8373785.jpg


中でも特に気に入ったのがこの池。狭い空間をギリギリまで活用して、ずらした長方形の池が波をうつような形の彫刻と共に作られています。実際のスペースよりもずっと広く感じる効果があり、これをデザインした庭師はすごい。やっぱり池は庭に欠かせない要素と確信しました。

c0213220_8422379.jpg


庭はあらゆるアングルから楽しめますが、高低差も計算されており、色々な段階で違う池に巡り合うようになっています。このクラウン付きの噴水デザインも可愛くてポルトガルらしさを感じます。

c0213220_855243.jpg


こちらは歴代のポルトガル王が並ぶ階段。この彫刻のサイズが本当に不思議なサイズ。ヨーロッパの他の国では見たことのないミニサイズなところが、本当に面白い庭を形成してくれています。

c0213220_902553.jpg


場所が場所なので滅多に訪問するチャンスはないと思いますが、もしもBeiraというこの地方を訪問することがあったら、訪問する価値のある綺麗でかわいいお庭でした。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-09-09 09:02 | Portugal | Comments(0)
ポートワインのワイナリーへ
しばらく前の話になりますが、今年の誕生日は好きなポートワインのワイナリーを訪問。9月10月のぶどう収穫の時期にまた行きたくなってしまいました。

c0213220_4333495.jpg

ポルトガルでは、煙突が豊かさの象徴のようなもので、立派なキッチンのある家が豊かなファミリーということを意味しています。この建物のガラス張りになっている部分は、以前は煙突だった部分。どのくらい大きなキッチンであったか想像ができますよね。

c0213220_4364884.jpg


ポートワインのメーカーとして有名なサンデマンの看板。このマントを羽織った姿は、ワイン好きには有名です。勿論、サンデマンのワイナリーも近くにあるのですが、私はもう少し小さめのワイナリーが好み。今回は
Quinta da Pachecaというところを訪問。

シーズンオフだったので、ほとんど私達で貸切状態。
オーナーともゆっくり話ができ、楽しい滞在ができました。

c0213220_4404173.jpg
c0213220_4411010.jpg



記念にゲストブックにもサイン。
アマリリスが綺麗でした。マグナムボトルも欲しくなりましたが、普通のもので我慢。

c0213220_444983.jpg

お部屋はこんな落ち着いた雰囲気。こういう部屋ならゆっくり眠れます。よくインテリアが悪くて最近眠れないホテルがよくあります。ビジネスホテルなども眠れない時があるのですが、皆さんそういうことありますか。私は年齢と共に敏感になったのか、眠りにくいところが結構あります。

お部屋に積まれているトランクは、なんとモノグラムが出る前のルイヴィトンのトランク。保存状態もよく、素晴らしいものでした。昔、馬車で旅行をしていた人々のことを思いながら過ごせました。

c0213220_447049.jpg


ポルトガルについての本が充実しており、結構長いこと本を見ることに時間を終やしてしまいました。美味しいポートとホームメイドのクッキーを食べながら、至福のひと時でした。
こういうトーンのインテリアは大好き。

c0213220_4502698.jpg


最低2泊して、ホテルのレストランと街のレストランを楽しみたいホテルでした。
ヴィンテージポートを楽しめるので、1泊では足りない感じです。残念ながらレグアの町は、間違っても美しいとは言えないのですが、世界遺産のワイナリー風景と、伝統的なキンタを訪問するだけでも、すごく満足できると思います。歴史的ある町が見たい場合は、近くのLamegoラメゴがおすすめです。

c0213220_4541341.jpg

部屋からの景色。かわいいかぼちゃが並んでいましたが、瓦の色にマッチして微笑ましいものでした。

c0213220_4561780.jpg



こちらがポートワインの蔵。
普通の赤ワインは別の蔵に貯蔵すると決められています。
オーナーが案内してくれましたが、面白い女性でした。ここでパーティーなどしたら楽しいでしょうね。
とっても素敵な空間でした。

c0213220_4583254.jpg



ポートワインは、今でも人間の足で潰されます。
その工程が実施されるのが、この御影石の池というかプールのようなもの。この中にたくさんの人が入って、歌いながら昔ながらの圧搾作業をします。これを一度やってみたいと思っているのですが、是非ここでトライしたいと思っています。

c0213220_512029.jpg


こちらがヴィンテージポート。
ポートワインと言うと、単にあま~い印象をお持ちの方も多いと思いますが、質のよいものは上品な甘さで、最高の香りを持っています。一度知ってしまうと止められない美味しさ。時々、どうしてもポートが飲みたくなってしまうのです。

c0213220_543448.jpg


レストランにあった興味深い家具。
こういう空間にあれば生えますよね。どこにでも置ける代物ではありませんが、ワイナリーのレストランなら素敵。焼き物はポルトガルで有名なボルダロ。私も大ファンなので、見とれながら朝食をしました。

c0213220_581249.jpg


美味しい大満足の朝食でした。
レストランのインテリアのグリーンがとてもオシャレで、食事をしていて癒されました。朝からポルトガルの定番エッグタルトも登場。私はとても食べられませんでしたが、ホテルの姿勢がわかります。スタッフもとても注意深くアテンドをしてくれたので、心地よい滞在ができました。

お誕生日の良い思い出ができました。

c0213220_5134886.jpg


最後に一番面白かったのがこちら。
ここはお酒好きの人が行く場所なので、もしワインを飲みすぎて這って部屋に戻るようなことになっても、部屋の番号がわかるようになっています。部屋番号さえ憶えていれば、床に部屋番号が示してあるので、お部屋に帰れるのです。私達はそこまで飲みませんでしたが...


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2013-05-27 05:18 | Portugal | Comments(0)
山奥に逃げたユダヤ人

ご無沙汰してます。
なんだかんだと忙しく、書きたいことがあってもなかなかブログ更新できずにおりました。前回の続きで、ポルトガルとスペインの国境の話になります。

実はこの辺り、15世紀の終わりから16世紀にスペインを追放されたユダヤ人が、かなり避難していた地域なのです。20世紀の始め頃の興味深い映像なども残っているのですが、風習から音楽までユダヤ人であることを表すモノがたくさん残っているのです。

c0213220_17392859.jpg


前々から私もじっくりこの地域を調査訪問してみたいのですが、いつも何処かへ行く途中に通りかかるような場所なので、なかなか深い訪問はできずにおります。今回は運良くイースターシーズンだったので、ある街を車で通りかかったら、なんとユダヤ式イースターの儀式に遭遇。ちらっと覗かせてもらいました。

c0213220_1743193.jpg


衣装も音楽もユダヤ教のシンボルがあちらこちらに見受けられ、現在では地元の人も意識して自分たちのユダヤという起源を大切にして、祭りなども開催されアピールされていました。

売店などで販売されているモノも、一瞬は普通のお祭り屋台という感じなのですが、ここではお菓子もユダヤのパイを思わせるものが多くあり、お菓子教室なども開催されていました。時間があれば見てみたかったです。

c0213220_17411834.jpg
特にこの地域に行く度に面白いなぁ~と思っているのが、一見普通のソーセージに見えるチョリソ。チョリソ好きの人なら、色が独特であることに気がつくと思います。ユダヤ民族が豚など一定のものを食べないことは有名ですが、スペインを追われたルネッサンス期に、地元の人と普通に混じり合って、疑惑を招かないために彼らはソーセージもどきを鶏肉を使って作っていたのです。こうすれば一応、キリスト教に改心したユダヤ人だとくらいにしか思われなかったのでしょう。

何度か私もこのソーセージを買って食べたことはあるのですが、あまり美味しいと思ったことはありません。ソーセージ系のものは、作り手で全く違う味になるので、きっと美味しいものがあるのだろうなぁと、予想はしているのですが、まだ巡り会えていません。

祭り舞踊も旧約聖書の一場面のようで、初めて見た私は感激!
また来年もイースターの季節に、この周辺を訪問したらきっと面白い発見が多々ありそうです。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2013-04-20 17:44 | Portugal | Comments(2)
聖なる山 Monsanto
今回のポルトガル訪問はとんぼ返りの訪問ではなかったので、高速道路をあまり使わず行って参りました。途中、予定外の道に出てしまい運良く有名なモンサントの町へ導かれたかのように到着。雨もちょうど止んでくれ、印象的なひと時が過ごせました。少し写真をシェアしますね。

c0213220_5565640.jpg

町全体が岩山の中にあります。岩山の上の見晴らしが良いロケーションに町や村があるのなら普通なのですが、ここは岩自体が住居にもなっているのです。石器時代に戻ったような町で、今でもそこに人が生活しているということが誠に奇跡的。信じられないとしか言いようがありません。

c0213220_612990.jpg




町のどの道を通っても岩、岩また岩。そして、それらの岩が上手く住居として使われているのです。

この写真のように、巨大な岩な上に石で円形の住居が作られています。窓もあり、ドアも勿論あります。階段が岩をカットしたものであったり。花崗岩がこんな風に使われるなんて、本当にすごいことです。花崗岩でないのは屋根瓦だけ。テラコッタ色のレンガは今でも修復の際に使われ、町は統一された外観で守られています。










c0213220_675035.jpg



教会も幾つか存在しましたが、ひとつは完全に岩をくり抜いたもの。すごいエネルギーがありそうです。

この地域はスペインとの国境に非常に近い山間部。500年ほど前にスペインを追われたユダヤ人が避難した地域としても有名なので、珍しい発見がたくさんあります。個人的にもっとしっかりと見学したい町や村がまだまだあるのですが、この教会を見ても、当時きっと避難した人々が使ったかもしれないことが想像でき、心に響くものがありました。

展望台的な場所は、全て朝日の登るスペインの方を見ているので余計感慨にふけてしまいます。







c0213220_6153186.jpg


巨大な岩からのエネルギーはすごいもので、触らずにはいられなくなります。
ちょうど雨が多く降った後だったので、どこもかしこも綺麗な苔で溢れていました。それがより幻想的なイメージを作り上げてくれていたのですが、この家に住んでいる人はどんな気分なのでしょうか。

いつか一泊この町にしてみたいと思います。きっと眠っている時や朝目覚めの時の感覚が違うと思います。




c0213220_6193879.jpg

いつ崩れて来てもおかしくないような岩ばかりですが、まだまだこの上に登って行きます。

何があるかというと、もっと高い所にこの町を守っていた城が残っているのです。

古代の街道跡のようなところをずっと登っていくのですが、両側には畑が岩と岩の狭いところを活用して作られており、オリーブの木もかなり育っていました。苔だらけのオリーブ畑も面白いものです。





c0213220_625174.jpg





こんな風に登って行きます。

石畳がかなり立派なことが写真からも伝わると思いますが、こんなしっかりとした石畳は本当に珍しいです。
きっと町の人も大切にしているのでしょう。きちんと管理されていました。素晴らしい。




c0213220_6292136.jpg


どのくらい登ったか想像できますか?相当登りましたよ。ここまで来ても城には到達していません。雨で他の部分が観られないと残念なので、城まで登ることは断念。ここからは下って町の中心部へ。

c0213220_6321714.jpg

住居に隣接して家畜用の家もありました。まるで小人の家のようですが、ロバや鶏が飼われていたのでしょうか。今でも十分に使える状態になっていましたし、鶏はあちらこちらで飼われていました。

この塀の美しさには感激。ポルトガルの人は石を大切にしますね。行くたびにそう思います。水飲み場まで岩をくり抜いたものです。住宅の前にもこんな穴が幾つも掘ってありました。



c0213220_6373142.jpg

民俗学的にもあまりに興味深い町なので、パートナーはあっけに取れたように立っています。彼にとっては古代イベリア人の生活空間にタイ未スリップしたような瞬間だったようです。

c0213220_6441861.jpg



こんな立派な建物もあるのです。
全然違う町に行ったようですが、一応このあたりがこの町の中心。これが有力者の家。
美しい噴水...






c0213220_6482322.jpg





下の方から町を眺めるとこんな感じで、巨大な岩の住宅がゴロゴロあるようには見えません。
高いところのある岩の大きさに圧倒されて町に入り込んで行く感じですが、歩けば歩くほど驚きのある不思議な町。







c0213220_6525085.jpg








最後の一枚はこちら。
町の下の方にも岩はゴロゴロしていて、ミニチャペルがあり、自然にできた岩の間のチャペルがあり。
まるで岩のテーマパーク。私にとってはどこも本物なのでテーマパークよりもずっと楽しいところですが、昔ここに住んでいた人々は、一体どんな人たちだったのか。まるでおとぎ話のような町でした。








クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2013-03-27 06:56 | Portugal | Comments(2)
コルクとオリーブが共存する空間

お正月休みを利用して少しリラックスできる空間へ行って参りました。
誰もが好みの環境を持っていると思いますが、私の場合、冬は南のオレンジやレモンが生息する地域へ行くのが好きで、しかも古く上品な修道院でもあれば完璧。そんなところへ今年は行っておりました。

c0213220_1545949.jpg

温暖だとは言っても真冬ですから日は短く寒かったのですが、日中は日光浴気分でカフェでくつろぐことができました。この建物はコルクとオリーブに囲まれた森に存在するのですが、ヨーロッパでも石器時代から非常に栄えていた地域。何度行っても飽きません。

c0213220_15102626.jpg

あまりに広大なので上手く写真は撮れないのですが、コルクがメインでオリーブが平地にある感じです。
それ以外にもオレンジやレモンの果樹園もあり、私にとっては地上の楽園。羊が羨ましくなるくらいです。








c0213220_15155421.jpg

建物の周りは素晴らしい庭園になっており、色々な方角に昔は屋外で食べたのだろうなぁ~と思わせるような空間がかなりあり、昔ここに隠居していた元イギリス王婦人などは、さぞ穏やかな暮らしが楽しめたことでしょう。イギリスのあの天候から比べたら冬が夏のように感じられたことでしょう。

それにしてもポルトガルはタイル好き。
スペインではもっとカラフルなものが多いのですが、ポルトガルは圧倒的に白と青のコンビネーション。
中国の唐時代の影響なのでしょうか。

私も古いタイルは集めて家の中で部分的にアクセントとして使いたいと思っています。部屋に温かみが増します。もうひとつここで重要な素材は大理石。やっぱり大理石は素敵ですね。昔の人は大理石とスレートを上手く組み合わせていて本当にお洒落...







c0213220_15403452.jpg

これだけ青い空には癒されます。
真冬にはやはり青い空と太陽からエネルギーをもらい、オレンジやレモンなどの強い色のフルーツを食べるのがベストですね。

今回食事も新しく好みの伝統的なレストランを発見したので、大満足の食事が出来ました。
最近モダンな料理ではなく、伝統的な名もないような料理が再認識されていますが、油というか脂質の使い方さえコントロールすれば、極上の料理が実に多いと思っています。
これについてもまた紹介しますね。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2013-01-14 15:53 | Portugal | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved