Top
カテゴリ:Olive オリーブについて( 75 )
世界一のオリーブの産地へ
世界一のオリーブの産地と言えばスペイン。その中でもアンダルシアのハエン県がそのトップにあります。一言でオリーブと言っても相当な種類があり、スペインだけでも300くらいの違い品種が栽培されていますが、それぞれの品種も細かく見ていくと、より深く分析され分割されていくので1種類から200以上のバリエーションが生まれます。植物の世界は本当に奥深い。

c0213220_1143542.jpg

ハエンは内陸で海がありませんが、オリーブが海が海のように広がるので『オリーブの海』とよく言われます。ローマ時代から優れたオリーブオイルの産地として有名だった地域が、2000年以上経過した今でも同じ特産物で成り立っているなんて、本当にすごい事だと思います。遺跡も多く、オイルにまつわる発掘品がたくさんあります。

c0213220_1212292.jpg

こちらが古い石臼。動物の力を利用して昔はこういう石臼の上でオリーブはペーストになり、それが搾られていたのです。古い道具を見るのも地域や時代で変化があり楽しいのです。モロッコを訪れた時は、この石臼がまだロバの動力で使われていました。古代から変わらぬ生活が営まれているのです。

c0213220_1271724.jpg

今回は野生のオリーブを知るために友人の農園を訪れました。私の知るオリーブ農園では70代、80代の人が現役で頑張っている場合が多いのですが、こちらもオーナーは82歳で現役の女性です。スペインではビジネスウーマンはこの年代では特に少ないと思うのですが、すごい記憶力で博学、そして何事にも興味津々の姿勢を持つ素晴らしい女性で、将来私の生き方も影響されるような体験でした。

c0213220_1361561.jpg

こちらが女性オーナーのアラセリ。50年来のオリーブについての体験談だけでなく、お父さんおじいさんの頃のオリーブ栽培の話までしてくれました。この写真を撮った時、屋外は間違いなく35度以上。超元気にオリーブについて話てくれました。こういうバイタリティのある年を積み重ねたいものです。

c0213220_139429.jpg

野生のオリ―ブ『アセブッチェAcebuche』についても色々教えてもらいました。やっぱりオリーブは奥深い!想像もつかなかったことをここ1か月くらいでたくさん発見しましたので、ちょっとオリーブの伝え方も変化を持たせることが出来ると思います。益々楽しみが増えました。写真の男性がアラセリの息子さん。私の長年のオリーブの先生のひとりでもあります。アンダルシアでのオイル研究の結果を、いつも根気よく教えてくれます。

c0213220_1492572.jpg

伝統料理の大ファンの私にピッタリな、オリーブ農園のヘルシーメニューランチもいただきました。ハエンのガスパチョ!地域によってガスパチョは変化するのですが、これは最高の美味しさ。早速マスターしたので、いつかレシピは紹介します。

c0213220_151324.jpg

パンとオリーブオイルを上手く活用したメルルーサ(白身魚)のグリーンソース。イタリアンパセリと農園で採れるハーブが使われています。これも美味。

c0213220_152533.jpg

デザートはフルーツの盛り合わせとこの地域名物のパイ。パイは写真を撮り忘れました(-_-;)

c0213220_212982.jpg

食後ゆっくりとコーヒーをいただいた後、テイスティングルームで超貴重なオイルをテイスティング。アラセリと息子さんの企画で完成したオイルです。

何事にも作り手や関わっている人の人柄が表れますが、このオイルもまさにそういう特別なものでした。私のオリーブライフもこれからが楽しくなりましたし、何よりこういう女性に会うことで人生が豊かなものになりました。

c0213220_203612.jpg


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2017-06-10 02:02 | Olive オリーブについて | Comments(0)
ポルトガルのolive農園へ

今年は今頃オリーブ農園を訪問して参りました。
日本への商品準備は大変で毎年改良改良!今年は最強のものが完成したと思います。栓ひとつを選んでも膨大な種類があることに驚きです。

c0213220_220864.jpg

農園近辺の風景は5月、スパニッシュブルームと呼ばれる大好きな花に囲まれていました。ワイルドラベンダーも満開で、さぞ今年のハチミツは美味しいだろうなぁと想像しながら農園に急いで向かいました。

c0213220_2222290.jpg

今週は雨が降りやすい天候でしたが、運よく雨には遭遇せずに農園到着。大好きな景色を楽しみながら商品チェック。なんだかんだと改善項目を確認して、あっという間にランチの時間。

c0213220_224992.jpg

今回はかわいい器にメイドさんが最新のオリーブオイルを入れてセッティングしてくれました。可愛いですよね。オリーブオイルの上質のものは、こんな風に特別なものとして器を準備して入れると、余計際立って喜ばれます。皆さんも是非、おうちでこんな風にテーブルセッティングに活用してください。

c0213220_2262490.jpg

前菜やスープの後に登場したメインディッシュがこちら。勿論、タラ料理!典型的な料理のひとつでシンプルにタラやジャガイモをひよこ豆と煮込んだもの。これにパセリとニンニクをたっぷりと入れてグリーンソースをかけて食べます。美味しいEVオリーブオイルとヴィネガーを使うことが美味しさのポイント。

c0213220_2303263.jpg


c0213220_2305961.jpg

ポルトガル北部では南部ほどコリアンダー(パクチー)は使いませんが、パセリの代わりにパクチーを入れても美味しいソースです。私個人的にはアレンテジョなどで作るパクチーのグリーンソースで、この料理を食べるのが好きです。

c0213220_2345789.jpg

こちらがアレンテジョスタイル。同じ料理でもこんな風に薬味を代えて楽しむことが可能です。パクチーと新玉ねぎ、にんにくのみじん切りがあり、オイルとヴィネガーはお好みで使えるようになっています。私のおすすめはCARMのように薬味はオイル漬けにしてしまうこと。この方がハーブの香りがオイルに出て料理が美味しくなると思います。

c0213220_238883.jpg


シンプルな料理ほど素材の質が大切。特に日本ではボウダラはあまり見かけませんが、もし美味しいものがあったら挑戦してほしい一品です。

c0213220_2404741.jpg

そうそう、是非こちらのEVオリーブオイルを使ってみてください。CARMのシングルエステートオイル、キンタ・ド・ビスパード。口当たりは柔らかく甘みを感じるオイルですが、今年はビターさも格別。かなりロングラスティングの苦味が印象的です。ボトルもリニューアルされて登場です。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2017-05-13 02:42 | Olive オリーブについて | Comments(0)
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都嵐山
10月16日に京都嵐山にある翠嵐ラグジュアリーコレクションホテルで、極上オリーブオイルと和食のマリアージュイベントを開催しました。

c0213220_22321017.jpg

趣のある個人の別荘をホテルにリフォームした贅沢な空間。落ち着いた日本庭園に囲まれ、嵐山の川の眺めを楽しみながら過ごせる美しいホテル。オリーブオイルと和食のマリアージュもこの空間に負けない上質なものでした。

c0213220_22361017.jpg

レストランのインテリアは大正ロマンを感じるようなモダンの和。着物と洋服がとても合う空間で、京都のオイルファンの皆様や文化人の方々が多く参加してくださいました。

c0213220_22392376.jpg

関西でオリーブオイルのことを広めてくださっている森澄子さんに、オイルの魅力を話ていただき、ポルトガルのオイルメーカーCARMのオーナーには、CARMのオイルのヒストリーと特徴について熱烈な説明をしていただきました。そして、日本で最も活躍している女性アーティストであり京都出身の堀木エリ子さんに、私たちのオイルへのパッションを語っていただき、この上ない応援のお言葉をいただきました。

c0213220_22443472.jpg

オイルはこんな風に3種類をグラスに入れ、それぞれのオイルの特徴を引き出したお料理を準備していただきました。お料理は素晴らしすぎるくらいのマリアージュで、ほぼ1か月経過した今でも余韻が残っているようなものでした。

c0213220_22452923.jpg


c0213220_22464886.jpg


c0213220_2247930.jpg

料理の説明も自らシェフの松勢良夫さんがしてくださいました。彼のオリ―ブオイルへの理解が、今回の会の成功につながりました。

c0213220_22482282.jpg

c0213220_22484696.jpg

c0213220_2249197.jpg

c0213220_22493789.jpg

c0213220_2250022.jpg

c0213220_22522147.jpg

そして、私のオリーブパートナーAn's TableさんとCARMのオーナーF.マデイラ氏との記念写真。
これ以上は望めない結果となりました。多くのサポートしてくださった皆様に心から感謝です。

c0213220_22551026.jpg

最後にもう一枚。大切なお客様であり友人でもある素食の専門家南恵子さん、みどりの雑貨屋さんオーナー山野井ご夫妻との記念写真。いつも背後でサポートしてくれているスタッフの茂木さんもやっと京都のイベントに参加してもらえることが実現しました。皆様からのご援助なしでは形に出来なかったこのイベント。本当に思い出に残る嬉しいイベントでした。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-11-12 22:57 | Olive オリーブについて | Comments(0)
群馬でオリーブオイルイベント
前回は京都でのイベントをご紹介しましたが、実は京都の前に群馬でもオリーブオイルファンの皆様とパーティーを催しました。

c0213220_237463.jpg

お陰様で素敵な会場でホールも予定よりも広いホールを使わせていただき、とても温かみのある会が開催できました。

c0213220_23101056.jpg

ホールは2つの空間を準備していただき、最初にオイルのテイスティングを実施しました。とても綺麗にディスプレイしてくださったので、高級感が出て私たちも大満足??

c0213220_2319652.jpg

各テーブルには新作のキンタ・ド・コア・プレミアムを配置し、じっくりと最新の最高級オイルを皆様に楽しんでいただきました。

c0213220_23171279.jpg

皆このような会が開催できることが嬉しくて、食事前から記念撮影。

c0213220_2335822.jpg

大切なオリーブオイルの理解者である(株)お煎餅やさん本舗の新井社長からも、温かい一言をいただき本当に嬉しい一夜となりました。

c0213220_2336152.jpg

オリーブオイルを誰よりも先に販売開始してくださった(株)アイドルの山下加代子さんからも一言。彼女のような方に私たちは支えられいるので、辛い事があっても乗り越えて行けます。

c0213220_23393668.jpg

皆様、キンタ・ド・コアのプレミアムをたっぷりお料理にプラス。

c0213220_23401053.jpg

こんな風にオイルが楽しんでいただけて何より嬉しいです。

c0213220_23203093.jpg

食事は群馬の食材をフル活用してオリーブオイルとアレンジ。シェフも腕を振るってくれました。

c0213220_23211991.jpg


c0213220_23213858.jpg


c0213220_23215469.jpg


c0213220_23221170.jpg

こちらは群馬が誇る鳥山畜産株式会社の赤城牛を使ったローストビーフ。私はこれが一番美味しいと思いました。特に一緒に準備していただいたオリーブオイルを大量に使ったマッシュポテトは最高でした。フロール・デ・サルもいい感じに使っていただきました??

c0213220_2337598.jpg

フィリペも赤城牛が気に入って、持ち帰りたいようでした。鳥山副社長に肉の値段まで質問していました。

c0213220_23235294.jpg

そして、13夜を記念するデザート。本当におめでたいムードがむんむんとしているパーティーでした。


気持ちが引き締まる皆さまが私たちの活動を心から応援してくださっていることを体感できる、何よりも有り難く嬉しい会でした。

まだまだ写真が整っていないのですが、感動の余韻が残る内にブログをまとめさせていただきました。

CARMのフィリペ・ロボレド氏のサポートも何より心強いものでした。また次回よりパワーアップした会を開催できるよう日々努力を続けて参りたいと思います。





クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-10-31 23:31 | Olive オリーブについて | Comments(0)
京都でオリーブオイルイベント
もう10月も終わりに向っておりますが、10月はずっと日本で過ごしておりました。春から計画していたオリーブオイルイベントを京都で実施するために、ここ数か月は大忙しでした。お陰様でこれ以上は望めないと思うような結果を出すことができ、大きな満足感を感じながらここしばらく過ごしていたところです。

c0213220_22502797.jpg


この度のテイスティング会は、京都のど真ん中四条烏丸にあるLAKUEというショッピングモール内で開催致しました。とてもお洒落なブティックが連なす素敵な空間。既に何度かイベントを実施させていただいておりますが、いつも温かく迎えていただいております。今春から3階にABCクッキングスタジオもオープンし、本当に食についてのイベントをするには絶好の空間なのです。

c0213220_225618100.jpg


テイスティング会に参加してくださった皆様にはビデオを見ていただきながら、オリーブオイルが出来るまでの工程を説明し、産地であるポルトガルの地形、風土、そしてカンパニーヒストリーもご紹介させていただきました。オイルメーカーのオーナー、フィリペ・ロボレド・マデイラ氏自らが説明してくれるので、それはそれは熱がこもっておりました。京都でオイルの販売をしてくださっているAn’s Tableの森さんも熱心に分かり易くオイルについて語ってくれました。

c0213220_22595628.jpg


c0213220_231289.jpg


主催した私たちが心から喜び楽しんでいることが伝わると思います。

c0213220_2331032.jpg


途中、オーナー自らオイルのテイスティングの仕方を指導。バキュームのように空気を吸い込んで、オイルを口全体に回すよう上手く教えてくれました。

c0213220_2311966.jpg


テイスティングをしながらお料理の提案もあり、今回は京都の薬膳料理を皆様に試食していただきました。薬膳にもオリーブオイルは大活躍なのです。もちろん、レシピも配布させていただいたので、多くの方がオリーブオイルと薬膳をご自宅で試してくださったと思います。

c0213220_2313881.jpg


最後の質問コーナーも盛り上がりました。こんなオーナーから直接オイルの話が聞けるチャンスはあまりないので、オリーブソムリエの方など知りたいことがたくさんあったようです。

参加者の皆様、そしてこのような会が出来るようにしてくださったLAKUEのG様。どうも有難うございました。
次回はまたパワーアップした会を開催したいと計画しております。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-10-28 23:14 | Olive オリーブについて | Comments(0)
レストラン『エピス』とコルニカブラ
しばらく大好きな京都でのオリーブの話を続けます。

まず最初に訪れた美味しいレストランは『エピス』さん。井尻シェフの板前さんのようなキレの良さが魅力のレストランですが、お料理はフレンチ。素晴らしい町屋の中にあり、もちろん坪庭付き。次回はお庭の向こうに見えた個室でお食事をしたいと思いながら、カウンターでスタッフの皆様の動きをみながらお料理を堪能しました。それにしても暖簾って素敵。。。

c0213220_22494154.jpg


京都ならではの風情のある建物...

c0213220_22512142.jpg


野菜のテリーヌ日本で人気ですね。みょうがもあり、日本らしさが出ています。

c0213220_2252274.jpg


お気に入りになったのが、このゴボウのポタージュ。最高にデリケートな香りで一口で虜になる味。
日本にいるのが嬉しくなるお料理です。

c0213220_22533781.jpg


そして赤ワインソースを添えた京都のポーク。美味!

c0213220_2332664.jpg


何より嬉しいのがこちらのレストランでは、カサスデウアルドのコルニカブラを好んで使ってくれていること。コルニカブラはほろ苦さが最初に強いので、日本では少し難しいオイルかなぁ~と感じていたのですが、流石京都、この大人の味の苦さをよ~く理解してくれるのです。後味の心地よさと独特のクリーミーさが不思議と京都の皆様の味覚に合うようです。

c0213220_236146.jpg


また一人素晴らしいシェフに巡り合えた思い出深い一日でした。

c0213220_2391144.jpg


私の京都の最強のパートナーAn's Table代表の森澄子さん。どうも有難うございました。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-10-22 23:10 | Olive オリーブについて | Comments(0)
An's Table主催のオリーブオイル&フレンチを愉しむ・極上ディナーの夕べ
10月17日京都、Restaurant『青いけ』にて、素晴らしい極上ディナーの夕べに行って参りました。企画はオリーブオイル販売しているAn's Tableさん。メニューには6種類のEVオリーブオイルを全て使用。それぞれのオイルの特徴を生かしたお料理を作っていただきました。

c0213220_22241753.jpg


実はこのオリーブオイルを使ったディナー会は数年前から計画しており、今回An's Tableさんの努力でこのように実現することが出来ました。ワインのようにオイルを味わうおしゃれな会。お料理の美味しさだけでなく、オイルの奥深さや可能性を発見する機会になります。

c0213220_2226363.jpg


ご覧のとおり参加者は、食や芸術・伝統という京都ならではの土地柄だからこそお会いできる魅力的な女性ばかり。女性だからこそ深められるオリーブワールドとなりました。

c0213220_22292795.jpg


乾杯の音頭は、伝統和紙の世界を変えた偉大な女性アーティスト堀木エリ子さん。いつものように楽しくて勇気が湧いてくるお話をしていただきました。

c0213220_22313659.jpg


最初に3種類の特徴の違うオイルを皆様に試していただき、特にそれぞれの味と香りを知っていただきました。器の始まりはシャガールから。芸術的なオイルには、同じように芸術が器にも必要です。

c0213220_22332873.jpg


c0213220_22352239.jpg


オイルのテイスティンググラスよりも、ワインのグラスの方がオイルの色が見えてこういうディナーの場には生えるので、ワイングラスをセットしていただきました。素晴らしく美しいと思いませんか。

c0213220_2236523.jpg


c0213220_22375758.jpg


お料理はチーズのムースから野菜のブレッセ...

c0213220_22384140.jpg


c0213220_22395716.jpg


ホタテ、バーニャカウダソースの野菜...

c0213220_2241398.jpg


c0213220_22412418.jpg


金目鯛のナージュから京もち豚のロティ

デザートはガトーショコラとシャーベット

そして、大好評だったのが最高級のカサスデウアルド『レセルバデファミリア』を使った塩クッキー。素晴らしい濃厚な上品な風味に誰もが感動。バターを使わなくても、こんな上品で薫り高いお菓子ができるのです。あまりの美味しさに写真は忘れてしまいました。

c0213220_22451421.jpg


大変時間をかけてこのメニューを考案してくれた青池シェフ。食事の前と後に説明に来てくれました。若手の有望シェフがこのような企画に挑戦してくれることは、本当に光栄ですし、今後の京都の食の歴史にも大きな好影響があるのではないかと思っています。お隣は企画をしてくれたAn's Table代表の森澄子さん。彼女の熱意が今回の成功を呼びました。そして、記念写真の左に写る女性(株)タピエ代表の玉井恵里子さん。彼女のサポートで四条烏丸LAKUEにあるタピエスタイルでのオリーブ祭りVol.2も実現させることが出来ました。お二人のお力がなかったら今回のイベントは実現できませんでした。

c0213220_2249817.jpg


最後に記念すべきこのディナー会の記念写真。
全ての方があらゆるジャンルで伝統文化を伝える方々ばかり。なによりも勇気づけられ前に進む力をいただきました。参加者の皆様、またここにはいらっしゃりませんがサポートをしてくださっている皆様、本当に有り難うございました。次回はもっと多くの方にオイルの魅力を知っていただけるよう、違うメニューでまた会を開催したいと思います。前橋地元でも同じような会が開催出来るよう計画中ですので、どうぞ皆様お楽しみに。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-10-21 23:00 | Olive オリーブについて | Comments(0)
またまたCarmの農園へ
c0213220_8453592.jpg

もっとブログを更新したいと思っているのですが、なんだかんだとハプニングがあり、なかなか書く体制になれません。もっと意識的に書くということを義務付ければいいのですが...

アーモンドの季節にポルトガル訪問するのは大好きなのですが、今回はオーダーがトラブっており目を光らせていないとトンデモナイ事になりそうなので、急遽行って参りました。もう数日後だったらアーモンドが満開だったと思います。

c0213220_8453592.jpg


今年の小春日和の快晴は少なかったのですが、この日道中は霧が出たりしたのですが、目的地は超快晴。日光浴日よりで、トラブルの処理でなかったらさぞいい写真が沢山撮れたと思います。

c0213220_849259.jpg


一瞬でもトラス・オス・モンテスの美しい景色を見るのはいいもので、あっという間に心が洗われた気分になりました。気が重い商談にも自信がつきます。

c0213220_8511924.jpg


真夏以外の色々な月にこの農園は訪問していますが、やっぱりアーモンドの季節が私にとってはお気に入りのシーズン。なんと今回は誕生日もここで迎えました。

c0213220_8541093.jpg

おかげ様でまだまだ心配事はありますが、商談は無事終了。自分でも昔と比べたら忍耐力というものが、かなり身についたのではないかと思うくらいです。どんな人間関係も育まなければ良い状態にはならないのでしょうね。人生学ぶことが多くて感心しますが、こういう体験をさせてもらい学ばせてもらえることに、感謝しなければいけないのだなぁとも思います。良いモノを作り完成させていくことには、本当に時間が掛かりますね。

ディナーは、いつものように典型的なポルトガル料理。タラがまた違うスタイルで登場。今回は衣がしっかりと付いたタラのフライ料理でしたが、やっぱりキーポイントはCARMの素晴らしいEVオリーブオイルでした。じゃがいもの下にたっぷりとオリーブオイルがあるのが見えると思いますが、このくらいタップリとオイルがないと、塩ダラはパサつく傾向があるので、これくらいがちょうどいいのです。

前菜には、今まで食べたエストレラ山脈で作られる羊のチーズで、一番美味しいと思ったチーズをいただきました。今でも思い出せる感動の風味。スペインの同じようなチーズはもう少し苦いように思います。






c0213220_925159.jpg

ケールを使った野菜のソテーは、いつも本当に美味しいと思うのですが、相当オイルを使っています。日本では考えられないくらい柔らかく野菜は調理しますが、オリーブオイルと混ぜるには、場合によっては野菜は柔らかめに調理すると美味しさが倍増する時があります。私も少しづつ、どんな野菜をどのくらい調理したらベストなのか分かってきた感じです。

c0213220_962172.jpg





デザートはこちらのアロス・コン・レチェ=ライスプディング。このデザートはレシピと、作り手の腕が良く分かるデザートで、美味しいものにはなかなか出会えません。じっくりとミルクでお米を煮るのですが、練乳のような甘さに仕上げるのがポイント。ただ甘さもコントロールする必要があるので、テクニックが必要なデザートです。誰でも出来ますが、美味しいものは難しい一品。この日は、オーナー曰くまぁまぁの出来でした。全く同感です。シナモンもこういう風にかけるのはお薦めできません。










c0213220_914162.jpg

この日は、食事よりもワインが最高でした。CARMはワインメーカーでもあるので、いつも素晴らしいワインをチョイスしてくれますが、この夜はまだ製品化されていない古いワインと、宝石のようなポートワインが登場。白ワインは蜂蜜のアロマを放つ上品な味、次のヴィンテージモノの赤ワインは、言葉にならない奥深いフルーツの香り。最後のポートワインは色から香り、後味まで全てパーフェクトでした。芸術的なモノを食べる大切さを改めて理解してきました。


c0213220_9223617.jpg

帰り道は、少し景色を楽しみながら戻りました。アーモンド以外にも春の訪れを告げる色々な植物がありますが、この日はサボテンがとてもキレイに見えました。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-03-26 09:26 | Olive オリーブについて | Comments(0)
今年もアーリーハーベスト

毎年、恒例になったアーリーハーベストの入荷、無事今年も入荷となりました。今年ははじめてトレドのモノをセレクトしてみました。

c0213220_22372475.jpg


10月に雨がかなり降り、収穫は大部遅れたのですが、なんとかあまり遅れず入荷することができ、まずはホッとしてます。これから皆さんの感想を聞いたりするのですが、不作だと言われているのですが、アルベキーナはいつものようにデリケートでマイルドな風味を出し、アーモンドの素晴らしいアロマを感じさせてくれます。

c0213220_22395111.jpg


250mlボトルだけを限定で入荷。賞味期限は2015年の7月まで。短期間であることは、これがオリーブジュースである証拠。ジュース同様なのでオイルのように、長期間香りを保つことができません。特に搾りたての新しいモノを楽しむためのモノですので、皆さま一日も早くお試しください。

c0213220_2242363.jpg


今年のモノは、何につけたら一番美味しいか色々試してみるつもりですが、まずは美味しいパンとヨーグルトからトライしてみます。パンの種類によっても、オリーブジュースの味はかなり変わりますので、ベストマッチのパンを探すのも楽しいものですよ。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2014-11-13 22:44 | Olive オリーブについて | Comments(0)
長友姫世さんのオリーブオイルガイドブック
世界のトップ5に、私が心から感動したEVオリーブオイルを選んでばかりというのに、今度は新潮社から出版となった長友姫世さんのオリーブオイルガイドブックにも、セレクトしていただきました。
マイセレクトオイルが7本、堂々と発表。こんな嬉しいことはなかなかありません。

c0213220_2158349.jpg


作者の長友さんとは、はじめてお会いした時から、同じような感性で通じ合えるものを不思議と感じ、彼女の質問やコメントには、本当のモノを探し尊重する真心を感じました。オイルについての感想も、100%共感できる香りや味のお話。この上なく光栄です。

日本でもっとEVオリーブオイルへの文化が深まる切っ掛けとなるガイドブックだと思います。
オリーブ好きの方見逃さないでくださいね。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2014-11-01 22:03 | Olive オリーブについて | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved