Top
カテゴリ:Olive オリーブについて( 75 )
貫禄抜群のオリーブ

つい最近出かけたタラベラの町中で、すごく貫禄のあるいいオリーブを発見しました。

c0213220_8323997.jpg

街の広場の中央に設置してあり、すごいエネルギーを放っている感じを受けました。この地域には多くの古いオリーブが残っていますが、このオリーブ樹齢はどのくらいなのでしょうか?オリーブは種類によって成長の仕方が違い簡単に判断することはできません。500年から800年くらいの樹齢に見えますが...

このオリーブのすごいところは、通常オリーブというと硬く亀裂が入りやすい性質なので、木の幹の部分がどうしても分裂してしまいます。農園にあるオリーブなどは、かなりのところでその特徴を活用して、3本足くらいの幹に分けて成長するようになっています。ところが、このオリーブは立派に一本立ちをしているのです。
すごい貫禄です。

写真からもオリーブからエネルギーが放たれている事がわかると思うのですが...




c0213220_839047.jpgc0213220_8395014.jpg













アングルを変えて撮ってみましたが、どのくらい角度によって表情が変わるか理解していただけたと思います。ずっしりとした安定感があり、見る人を安心させてくれるようなムード。このオリーブは本当にこの場が気に入っているようで、楽しいエネルギーさえ感じました。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-01-26 08:42 | Olive オリーブについて | Comments(2)
オリーブの形

オリーブの剪定シーズンに入りました。
スペインで旅をしていると色々な場所でオリーブの剪定が始まっている事がわかります。今日もトレドの近くのオリーブは大分カットされてキレイになっていました。これで今年も豊作になるといいのですが、雨が全く降らないので心配です。

c0213220_693313.jpg

これは先日ある街道沿いにあったオリーブの姿です。これはかなり和風な剪定の仕方をしたつもりなのだと思いますが、オリーブにはやっぱり伝統的な形が合うように思います。まぁ、これでも悪くはないのですが、植える場所をすごく選ぶように思います。皆さんはどう思いますか?





c0213220_6123523.jpg




こんな風にアングルを変えて見ると素敵なものもあります。
オリーブの剪定の仕方は地方によってかなり違いがあるので、オリーブ農園を見学すると興味深いのですが、カディスにはカディスの切り方があり、セビリャにはセビリャの方法があります。昔からの専門職人さんは減っているようですが、腕のいい人はスペイン中から仕事を頼まれ移動しています。

オリーブはやっぱりかっこいいのがいいですから、日本で選ぶ時も形を十分選んで購入してください。
長い間育てないと良さがわからないかもしれませんが、良い樹形のオリーブを選ぶことは、盆栽を育てる気分ですると間違いないような気がします。








c0213220_618595.jpg

今日あるレストランでこんなのも見かけました。
同じように剪定したオリーブが、ここではしっかり設置されており、そのほかの写真のものよりは伸びていました。いかがでしょうか?やっぱり独特な樹形なので、場所を選びます。スペイン風の建物には合いませんね。かなりモダンな建造物でないと、このスタイルは合いそうもありません。日本には合いそうな建物がたくさんありそうです。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-01-25 06:22 | Olive オリーブについて | Comments(2)
New Olive Oil
今日はメディアにもまだ発表されていない最新のオリーブオイルをテイスティングさせていただきました。

c0213220_9412795.jpg
一般的にヌーボーオイルとかアーリーハーベストと呼ばれているオリーブオイルで、2011年の10月中旬くらいまでに収穫されたオリーブから絞られるものです。オリーブオイルは絞り立て独特の美味しさもいいのですが、私はある程度デカンテーションしたオリーブオイルが一番美味しいと思いますが、好みの問題なのでヌーボーオイルファンの人は、このオイル驚きの一品になると思います。

なぜこのオイルのテイスティングを楽しみにしていたかというと、アーリーハーベストであるにも関わらずフィルタリングをしているのです。フィルタリングとは濾過をしている意味ですが、通常オリーブジュースとしてアーリーハーベストは販売しているメーカーが多いのです。フィルタリングと聞いた時に、私は美味しい予感がしてしまい一日も早く試して見たかったのです。予感は当たりでした。

案の定、オイルの味は極上品。香りだけで大好きになりました。味もデリケートでマイルド。アンダルシアのピクアルには思えない味。ピクアルの新しい側面を発見した気分です。



c0213220_9472060.jpg
色はこんな感じ。美しいとしか言いようのないカラー。
これからこの味と色がどのくらい時間の経過で変化していくか見る必要があるのですが、いい変化をしそうな感じです。青りんごとペパーミントの間のような色で、ゴールドのオリーブオイルの魅力とは違いますが、この緑色には引き込まれます。味は、なんとも言えないグリーンのレタスやクレソンに花の香りがかすかにするような感じ。明日再度テイスティングをしてみますが、辛さはロングラスティングですが、ミディアムの辛さ。バランスが本当によく感じました。明日から毎日テイスティングをして香りを発見してゆきます。

プロのテイスティング評価も非常に高く8ポイント以上。これからが有望なオイルです。ボトルデザインも気に入りました。

オリーブオイルは品質だけでは判断できないので、これからその他諸々の要素を評価します。日本で紹介できるようになるといいのですが...





クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-01-18 10:00 | Olive オリーブについて | Comments(0)
オリーブのメープルシロップ漬け
今日は日本にしかないオリジナル漬物、オリーブのメープルシロップ漬けを準備しました。これは岡井路子さん考案の食べ方で、最初はあまり馴染みないものだったのですが、1年間寝かされるとすごく美味しいものになるのです。誰もが感激する美味しいシロップとなり、ヨーグルトやアイスクリームに抜群のソースとなる優れモノ。是非皆さんもお試しください。

c0213220_2123533.jpg

今年はオリーブの品種別に作っています。
こちらはカヨンヌというタイプのオリーブ。美味しい漬物になる品種で、毎年豊かな実りを楽しませてくれています。私が収穫している木も大きさも良く、とにかくすごい量の実をつけてくれるので、大変重宝している1本。綺麗に今色づいています。

漬物は大変美味しく漬かったので、今度はシロップ漬け。
さぁ~どんな感じに仕上がるでしょうか。
今年は種入りと種なしに挑戦です。
1年後に完成予定。ちょっと時間が掛かりますが、やる価値ありなのです。



c0213220_2127311.jpg












今回選んだもう一種類のオリーブの品種は、マンサニロ。非常に一般的なスペイン産の品種です。漬物などにベストな品種ですが、今ちょうど熟し加減がピッタリだったので使ってみました。キラキラに輝いているマンサニロは、眺めているだけで食べたくなりますが、そのまま食べたらすごい苦さ。オリーブは本当に不思議な生き物です。


同時にスタッフの一人が、ブラックオリーブの漬物に挑戦したいということだったので、今日は漬物も準備。また指が黒く染まりました。毎年漬物を作っていると、不思議なものでシーズンになると漬けたくなってしまうのです。ブラックオリーブの漬物は、今年2度目。3日後に完成予定です。







c0213220_21323045.jpg

左側がマンサニロ、右がカヨンヌ。どちらも美しい色...それだけでも嬉しくなるオリーブの収穫です。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-11-09 21:37 | Olive オリーブについて | Comments(0)
オリーブ漬物メーカー訪問

今日はスペインにある優れたオリーブの漬物メーカーの様子を少しお伝えします。とにかく、膨大な量のオリーブを付けています。写真を見るだけで圧倒されると思いますが、ここからスペイン全国、世界へとオリーブは輸出されて行くのです。

c0213220_2038813.jpg
この大きなタンクに全てオリーブの実が入っています。苛性ソーダを使った処理が施されています。それにしてもすごい量。私が訪問中にも、どんどん新しく収穫されたオリーブの実が工場に届き、処理されて行きました。あまりの量に圧倒されてしまいます。

すべてグリーンの硬い実が使われます。
皆さん多分ブラックオリーブは、黒くなったら収穫されると思うでしょうが、通常缶詰になっているブラックオリーブはグリーンの状態で収穫され、その後工場で黒く酸化するように処理されます。


c0213220_2042226.jpg

これは冷蔵庫へ保管されるのを待つタンク。
よくきれいに仕上がっています。もちろん、試食もさせてもらいましたが、非常に薄味です。それぞれの会社の味があるので、下準備だけ施され、あとはそれぞれのレストランや会社で味付けをします。

虫食いなどもないように、細かいチェックが行われているのです。
素晴らしい工場でした。こんな色々なオリーブ工場を見学しながら、私の漬物もかなり味がよくなって参りました。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-11-04 20:45 | Olive オリーブについて | Comments(0)
ブラックオリーブの漬物完成

2度目の挑戦だったブラックオリーブの漬物、美味しいのが出来上がりました。大満足!

c0213220_2003022.jpg

オリーブは大きさや種類によって違うので、単なる渋抜きも苛性ソーダを使わない場合、どんな具合で実施したらいいのか...やってみないとわかりません。昨年も挑戦したのですが、昨年のものは渋の感じが満足できるものではありませんでした。オリーブはフルーツ=果実なので、オリーブなりの甘さが重要だと私は思っているのですが、その甘さも今回はうまく引き出せたように思います。

塩はポルトガル、アルガルベの海塩を使いました。
フロールデサルは何度も紹介していますが、粗塩も輸入しています。これを使った漬物は、オリーブだけでなく梅干などでも大評判。マイルドな美味しいものが完成します。








c0213220_2053097.jpg

まだこんなにパワジオ倶楽部にはオリーブが実っているので、もう一回今年は漬物をする予定。出来るだけ多くの人にオリーブの美味さを知ってもらいたいですから...

それにしても可愛いと思いませんか。オリーブの実り。
すっごく楽しませてもらっています。






c0213220_207524.jpg

オリーブは黒くなってくると渋がかなり和らいでまろやかになって来ます。
ほとんどの方はご存知だと思うのですが、まだまだお店の方にはオリーブの実の色は品種の違いで発生するものと思っている方たちが来店します。
オリーブの実の色の移り変わりは、オリーブ全てに共通する特徴。グリーンからブラックになって行くのです。

ブラックオリーブの漬物に使う実はこんな感じです。
これは確かマンサニロ。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-11-03 20:11 | Olive オリーブについて | Comments(0)
ブラックオリーブの経過


昨日開始したブラックオリーブの漬物。こんな感じになりました。
この調子で丸3日間は、渋抜きを実施してゆきます。さぁ、どんな感じに仕上がるでしょうか。

c0213220_21173635.jpg

これは苛性ソーダを全く使わず渋抜きをしています。
ラ・マンチャスタイルです。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-10-29 21:19 | Olive オリーブについて | Comments(0)
ブラックオリーブの塩漬けにチャレンジ

昨年もチャレンジしたのですが、今年はもう少し詳しく作り方を尋ねてきたので、今日本でブラックオリーブの塩漬け作りに挑戦中。

c0213220_14524510.jpg

パワジオ倶楽部のブラックオリーブ。管理がいいので、こんなに大きくて綺麗。すべて萩原さんの手入れのおかげです。近所のガーデンセンターなどにもかなりオリーブは販売されているのですが、藪から出てきたようなひどいものが多く、見ていて可哀相なくらい。

収穫は姪がちょうど今日は休日で家にいたので、彼女に頼んでみました。
オリーブの収穫は、できるだけ子供に体験してオリーブパワーをキャッチしてもらいたいと、いつも思っているので、今日はすごいタイミングでした。特に小さい方の姪は、オリーブの新漬けが好きなので、今年も漬物を楽しみにしていたようです。









c0213220_1459967.jpg

これは友人の義母が教えてくれた方法で、熱湯を使って処理します。
渋抜きかげんなど、昨年はよくわからなかったので、今年はもう一度別のレシピなども参考にして挑戦。
どんなものが完成するか、今から楽しみです。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-10-28 15:02 | Olive オリーブについて | Comments(2)
Moli dels Torms農園でのオリーブ収穫

レリダのオリーブ農園へ今年の収穫の様子を見学しに行ってきました。

c0213220_1918235.jpg
こんな昔ながらの作業小屋も残っていて、伝統建築好きな私には大好きな風景がたくさんありました。毎年、色々な地域のオリーブの収穫の様子を見学に行っているのですが、ここは特にファミリーだけで収穫をしてしまうということで、とても興味があった農園です。詳しい様子は、パワジオ倶楽部のブログに書いているので、どうぞそちらをご覧ください。

http://www.powerdio.com/archives/olive/


c0213220_19224349.jpg


素晴らしかったのはこれ!
一体なんだと思いますか?ため池なのです。1枚目の写真からも、この地域がどのくらいドライでほぼ砂漠のようなところであることは想像できると思うのですが、今年は特にひどい雨不足。80日も☂が降っていません。昔の人は本当に偉大だったということを認識できる建造物が、こういうものなのですが、現在もしっかり使われています。

c0213220_19253345.jpg

どんな風に雨水が流れ込むようになっているのか、説明していただいているところ。地下に水が溜まっているなんて想像できませんよね。

周囲にある植物は、オリーブとアーモンドがメイン。アーモンドは少し減らしたそうです。野うさぎのような動物も多そうですが、特に猪に悩まされているそうです。水不足だと余計、こういうところへ降りてきて、オリーブの特別水やり装置をかじって水を飲むそうです。いい迷惑の動物だそうです。






c0213220_19294025.jpg








石の建造物を覗くと、こんな感じ。しっかり下の方に水があります。
すごいですよね。感動しました。

これさえあれば、ある程度の水不足はまかなえたということです。
よくこういう地域を旅すると、どんな生活をしていたのか不思議になりますが、こんな風にあらゆるところで無駄がなく知恵が使われているので、人間の凄さにいつもいつも驚かされています。
特に砂漠のようなドライな地域の人の生活には、感動することばかりです。

オリーブ農園については、パワジオ倶楽部のブログを見て下さいね。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-10-21 19:34 | Olive オリーブについて | Comments(0)
最優秀オーガニックオリーブオイルに選ばれました。

夏からパワジオ倶楽部のオリーブオイルコレクションに加わったOLICATESSENオリカテセンというブランドオイルが、スペインの農林水産省が毎年選出する最優秀オーガニックオリーブオイルのカテゴリーで受賞。春、このオイルを入荷すると決定したと同時に受賞したので、本当にラッキー気分でワクワクしたことを覚えています。

c0213220_6472646.jpg
リラックスしたい時、よくパラドールへ行くのですが、先日ちょうど秋号の定期雑誌がロビーに並べられたばかりのところに通りかかり、早速1冊雑誌をいただいてきました。滅多にわざわざ持ち帰らないのですが、今回はなぜか持ち帰って来たのです。そしたら、なんとオリカテセンが出ていたのです!私はこういう事を嗅ぎ付ける事がうまいのですが、内心驚きました。

今年中、スペイン全国100箇所近くあるパラドールチェーンのホテルで、農林水産省が選んだオイル4種は試すことが出来るそうです。パラドールを訪問する方、スペイン産の美味しいオイルを知るチャンスです。








c0213220_654916.jpg

スペイン中に膨大にあるオーガニックオリーブオイルの中から選ばれるというのは、すごく難しい偉業なのです。日本ではオリーブオイルと言えばイタリア産と思っている方がまだまだ沢山おりますが、スペインが圧倒的な数字で生産は世界一の量を誇っているのです。

昔は品質的にはイタリアよりも劣っていたのですが、最近は非常に進化し、世界でもトップレベルのオリーブオイルがたくさん作られるようになっています。

我が家では、最低シングルエステートであることが条件になりますが、プラス、マイルド、フルーティー、スパイシー、そして揚げ物用と、少なくとも4種類のオリーブオイルを常備しています。いつも新しいものを試しているので、その数は増える一方ですが、消費する量も普通ではないので、どんどん減ってゆきます。


c0213220_71799.jpgここでオリーブオイルは、PURE GOLDという言葉で表現されていますが、そのとおりだと思います。大地が生み出す液体のゴールドだと思うと、より美味しく感じますし、オリーブオイルを楽しむことを知った人は、2度と止められなくなる快感を感じると思います。

こちらの3本は、オーガニック部門ではなく、マイルド、フルーティ、スパイシー部門でそれぞれ選ばれたオイルです。私は右のイエローラベルのものをオススメしますが、トップのオイルもなかなかです。パラドールでのオリーブオイルプロモーションには、いつも楽しませてもらっています。日曜日に再度パラドールでどんな人々の反応があるのかチェックしてきますね。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.
人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2011-10-15 07:06 | Olive オリーブについて | Comments(6)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved