Top
<   2010年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
大晦日
2010年も終わりですね。
おかげさまで無事迎えることが今年も出来ました。
最後の最後まで色々とありましたが、新しい流れが始まっていることを実感しています。2011年も実り多い年になるよう努力して行きたいと思います。

今日は、今年最後の赤坂にある日本料理亭『花楽』での食事のようすをアップします。
日本に来て集まりがあるとリクエストするのが和食!日本に来たらやっぱり和食です。東京には美味しいフレンチもイタリアンもありますが、どうしても食べたいし感動が大きいのは和食なのです。金沢風の和食料亭へ連れて行っていただきました。いつも極上の場所を選んでくださるMさん、本当に有難う。

c0213220_20583911.jpgc0213220_2114674.jpg
料亭内の内装がとにかく見事で美しく、それだけでも会食は思い出深いものになりました。前々から内装の素晴らしさは聞いていたのですが、重厚感たっぷりの木材、丁寧に彫られた器、上等の麻と、何かな何まで文句なしの品が揃っていました。家具のクッションが革張りというところも、カッコよく和の世界に合っていました。






c0213220_2153289.jpgc0213220_2163658.jpgc0213220_2171738.jpgc0213220_2181041.jpgc0213220_2185881.jpgc0213220_21104462.jpgc0213220_2111349.jpgc0213220_21123051.jpg
























お料理はこんな感じ。
どれも素晴らしい器で登場。和食では、洋食よりもずっと器が楽しめるのでワクワクします。
味付けも繊細で控え目の塩味。素材の味が非常にシンプルに引き出されていました。
金沢に是非行ってみたくなりました。







c0213220_21183190.jpgc0213220_21195974.jpg











あなごとふぐの魚料理。
どちらも抜群の味付け。どんな風にしたらあんなパリパリに魚が焼けるのでしょうか。
やっぱり日本の魚料理は絶品ですね。


c0213220_2122699.jpgc0213220_2123043.jpgc0213220_21234787.jpgc0213220_21243794.jpgc0213220_21253264.jpgc0213220_21262938.jpg
























肉はカモ。カモ鍋に最後はおそばを入れて食べたのですが、とてもいい組み合わせでした。そして、何より器が素敵。こんなセットの器にはなかなか巡り合えませんね。贅沢な体験でした。
おそばで終わりにしておけばよかったのですが、私達仲間は皆食べることが大好き。この途中に大根の綺麗なお漬物というか酢の物を、どんぶり一杯食べていたのですが、その上やはり鉄の窯で炊いたご飯を一口。あなごの美味しいお茶漬けをいただきました。

c0213220_21311233.jpg

これがその代物。
こんな綺麗な酢の物が登場したのです。
味付けも作り方も教わったのですが、すぐに作らなかったのですっかり忘れてしまいました。やっぱり優秀な料亭へは、メモ帳持参で行かないと勿体ないですね。



c0213220_21335023.jpg

こちらがデザート。
大満足の一夜でした。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-31 21:35 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
今年も最後の最後まで

もうすぐ2010年も終わり...
ですが、私は今年も人間関係に恵まれました☆
最後の最後まで素敵な方々に紹介されたり出会ったり、数年前からはネットでの知り合いも増えているので、益々恵まれていると感じます。
そんな訳で、今年も穏やかに、そして健やかに大晦日を迎えることが出来そうです。

ところで、新年皆さままず何をしますか。私は初詣よりもお墓参りを考えていますが、その後は初売りへ行こうと計画しています。なぜかというと、私は素晴らしいファッション界の友人に恵まれており、彼女のところへ行けば10年着ても古さを感じさせない洋服があるのです。すごい勉強家の彼女、いつも私が必要としている情報をなぜかどこかでキャッチしていてくれて、グッドタイミングで教えてくれるのです。不思議で仕方ないのですが...

皆さんはどちらのファッションがお好きですか。
私はブリティッシュスタイルが大好きですが、アメリカンカジュアルも捨てがたいところがあります。なぜかイタリアンはあまり感じるところがないのですが、友人のブティックAvantiにあるトラサルディには好みのものを発見します。フレンチファッションも勿論好きですが、こちらは私に合うものを探し出すのが大変。シャネルなど憧れですが、イギリスリントン社のツイード生地が使ってあるので、とても魅力を感じます。

Avantiのブログを紹介します。

こちらからどうぞ。Grazie mille

c0213220_0141258.jpg
アップするのが遅くなりましたが、今年のパワジオ倶楽部のリース。
毎年本当に素敵なものをMさんが作ってくれます。
一年中かざっておいても全くヘンな感じがしないリースです。

大晦日は大荒れのようですが、皆さま素敵な夜をお過ごしください。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-30 00:22 | 日本 | Comments(4)
Ruzafa Collection

皆さん、クリスマスはいかがでしたか。
私はおかげさまで姪達と一緒に楽しい一夜を過ごすことが出来ました。料理は、このところ私が料理漬けだったので、パートナーがローストビーフを準備してくれました。

c0213220_2395277.jpgc0213220_2313910.jpg

















これは今年最後のパワジオ倶楽部のフラワーアレンジメント。素敵な色合いですよね。

そして、ここ数日はしばらく手を付ける余裕がなかったルサファコレクションを、整理しています。ルサファコレクションとは、パートナーのスペインのアンティーク瓦を利用した花器やオブジェのコレクション。

今日はお願いして料理の器ともなり、壁掛けとしてインテリアにもなるものを作ってもらいました。これから完成させて行くのですが、まぁまぁいい感じになっています。

c0213220_23244986.jpg

このアンティーク瓦を使ったルサファコレクションは、もう13年以上アンヘルの手で作られていますが、ひとつひとつの瓦が語りかけてくるような表情を持っています。和の生け花を生けても美しいですし、洋風のフラワーアレンジメントをしても勿論素敵。和洋折衷の興味深い世界を持っています。

時には瓦に桜の花びらをちりばめたような苔があり、それを上手くアレンジした花器は何年も前に販売されてしまいましたが、今でも脳裏に残っています。まさかスペイン瓦にこんなパワーがあるとは思ってもいなかったのですが、江戸時代の職人さんがひとつひとつ手作りで作り、大変な思いをして焼いた焼き物同様ですから、深みがあって当然なのです。近いうちに料理でどんな表情を見せてくれるか紹介しますね。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-25 23:33 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(0)
お料理教室 IN TOKYO
今日は初めて東京でお料理教室をして来ました!
もちろん、料理は『スペインの家庭料理』に掲載されているものがメイン。とても有意義な一日を過ごすことが出来ました。

c0213220_23135659.jpgc0213220_23155821.jpgc0213220_23164914.jpgc0213220_23172632.jpg



































前菜はこんな感じ。ミカンはすごい高級なものを友人のOさんが差し入れしてくれました。ふんだんにオリーブオイルを使って感動的な前菜に変身させてくれました。
食器も今回は素敵なものが山のようにあったので、お料理がとても生えました。

c0213220_23203721.jpg

もうひとつ差し入れてもらったものがこれ!ロマネスコです。
朝わざわざ畑で収穫してきてくれました。皆さん感動していましたし、何より部屋がどんなお花よりも生き生きとして良かったです。








c0213220_23253785.jpg

そして、このロマネスコはこんな風にダイナミックに変身。
バーニャカウダを山盛り掛けて食べていただきました。
もちろん、オイルはパワジオ倶楽部のプレミアム・シングルエステート・オイルだったので、こんなすごい量を掛けても大丈夫。まったく油っぽさがないので、パンに綺麗につけて皆さん食べてくれました。

食事はランチだったのですが、皆さん昼からワイン!
やっぱりワインがあると食事がはずみますし、初めて会った人たちとも楽しい会食ができますね。







c0213220_23315023.jpgc0213220_23334177.jpg



















料理本の中からは、スペインのクリスマスシーズンには欠かせないアーモンドソースを使ったミートボールと、トマトの絶品サルモレホを準備しました。どちらも喜んでいただけたようです。

c0213220_2338984.jpg

最後にダイニングの様子を一枚。
こんな素敵な空間で綺麗な女性がたくさん集まって下さいました。企画をしてくださったKさん、本当に有難うございました。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-22 23:42 | Olive オリーブについて | Comments(0)
エル・ベレン
もうすぐクリスマスですね。
日本のクリスマスはサンタクロースですが、スペインのクリスマスはEl Belenと呼ばれるキリスト生誕の場面を復元した景色が、各家庭で復元されます。エル・ベレンの人形は古いものは18世紀ナポリのものが有名で、私はマドリードに居ればサン・ニコラス教会、ヴァイヤドリッドに居る時は、彫刻博物館内の見事なエル・ベレンを観に行くのが好きです。

c0213220_21183670.jpg


この美しいマリア像はナポリのもの。膨大な数の人形がどれも人間のミニチュアのように作られ、ローマ時代の街並みまでが復元されている素晴らしいものです。1年中博物館では見られますが、やはりクリスマスに見るのが最高です。

そして、パートナーのファミリーはいつもエル・ベレンを家に設置する際に聴いた曲があり、今年はそれをみなさまへのクリスマスカードとしてここで載せさせていただきます。どうぞお聴きください。パートナーはドイツ系のもっと男性的な歌声がこの曲には合っているようだといいますが、私はヘンデルの曲はイギリス系が好きなので、こちらを選ばせていただきました。


こちらのサイトから聴けます。


皆さま、素晴らしいクリスマスをお迎えください。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-21 21:24 | Art 美術 | Comments(0)
パワジオ倶楽部での料理教室


ここしばらくの間、パワジオ倶楽部で開催させていただいた幾つかの料理教室についてのリポートは、パワジオ倶楽部スタッフがとてもよくブログに書いてくれているので、どうぞこちらをよろしかったらご覧になってください。

教室の様子が伝わるかと思います。

http://www.powerdio.com/
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-21 20:35 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
いろいろ

ここ数日パソコン回線に不自由をしていたので、ブログアップが遅くなりましたが、いろいろと楽しい事がありました。

先週は前々から訪問してみたかった渋川の美術館巡りを実施。とくに群馬ガラス工芸美術館は、ガレやドームの作品を観ながらガラスの魅力を満喫しました。

c0213220_15223657.jpg
個人的にアールヌボークリスタルには目がないのですが、近くにこんな落ち着いて楽しめる空間があることを知らなかったので、これはいい発見でした。フランス人アーティストの他に、ティファニーの小物も美しいものがあり、デザインや色は一緒に行った友人の画家も参考になったようです。

ラリックの作品は少なかったのですが、数か月のうちにリスボンへ行くので、その時久しぶりにラリックの宝石コレクションは観に行く予定です。ラリックやガレのような存在は、人生をあらゆる側面から愉しませてくれるので、定期的に見学したくなります。

c0213220_152711.jpgc0213220_15285813.jpg




















その後、東京で友人たちとの忘年会にも参加して参りました。
11時半のオープンと共に昔ながらの喫茶店のような洋食屋さんへ。これぞ日本の洋食メニューを堪能してきました。日本に来るとやはり食べたいのは優れた和食。美食家の友人がいつも素晴らしいところを紹介してくれるのですが、彼女はとにかく美味しいものに詳しいので、こんな和の世界も薦めてくれました。大満足の一日でした。
ひさしぶりに昼間からワインを飲んで楽しみました。(^~^)

c0213220_15342086.jpgc0213220_15364740.jpgc0213220_15373117.jpgc0213220_15381493.jpg



































c0213220_15451096.jpg
食事の後は、東京ミッドタウンへ向かいショッピング。
素敵なお店を視察してきました。日本のフードショップは本当に素敵。見るだけで楽しくなりますが、買い物が進むと大変です。あまり買わないようにしたつもりでも、夕方には肩こりになるくらいバッグが重くなりました。

そして、虎屋の美味しい抹茶をいただきながら夕食をする予定の料亭が開く時間を待ち赤坂へ。ずっと食べ続けた私達...すごいですよね。あまり皆さんに大食いなところを知られたくないので、夜食については次回。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-21 15:46 | 日本 | Comments(0)
姪のお誕生日

今日は姪のお誕生日!
何か特別なものを作ろうかなぁ~と思っていたのですが、姪が一言『焼き肉が食べた~い』と発言。
これで夕食は決定。焼き肉へ行って参りました。
先日病院で働いている叔母に、牛肉を食べることの重要性を教えていただいたので、早速しっかり牛肉を食べて来ました。時々、最高に美味しい牛肉は食べたくなるのですが、みなさんもそんなことありますか?10代20代のころは肉がなかったら生きていられなかった私ですが、30代になった頃から肉は膨大な量が食べられなくなりました。

c0213220_2351934.jpg

前橋に滞在中ケーキが必要な時に行くのは、ふらんす市場。

www.franceichiba.com

今日は木イチゴとチョコレートのケーキを選びました。エクレアも美味しそうなものがあったので、次回はエクレアを買いに行こうと思っています。ここには面白い味のチョコレートが揃っているので、プレゼントによく使っています。味噌やバルサミコ、沖縄の塩入り、ウィスキーなど、コンビネーションを工夫したチョコが絶品なのです。

姪も大喜びでした。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-14 23:57 | 日本 | Comments(0)
オリーブのクリスマスツリー
ここ数年パワジオ倶楽部のクリスマスツリーは、オリーブの木を使っています。剪定を綺麗にしたオリーブの木は枝ぶりがとても良くなるので、毎年クリスマス飾りをするのもとっても楽しくなります。パワジオの定番オーナメントは、シャンデリアパーツのクリスタル。1年中つかえる優れもの。いろいろなシーンで使えます。

c0213220_1945536.jpg

今日は本屋さんで立ち読みをする時間があったので、いろいろな本を見ていたのですが、やはり健康とか美容のコーナーに目が行ってしまい『オリーブオイル』の記述があったりすると、なおさらそちらに目が行ってしまいます。

おもしろかったコメントは、『錆びないためにオリーブオイルを』というコメント!
みなさん、本当に錆びないようにするには、フレッシュで高品質のEXヴァージンオリーブオイルが必需なんですよ!嘘のような話ですが、確実にフレッシュオリーブを消費している人の健康状態は違うようです。なぜかこのコメントのある雑誌を買わずに書店を出てしまったのですが、明日もう一度行ってこの雑誌は買うつもりです。しっかり紹介してあげないと...





c0213220_1951229.jpg
パワジオで使っているシャンデリアパーツは、イタリア製とチェコ製です。
一度大昔にチェコにクリスタルはある人のご招待で買いに行ったことがあるのですが、真冬のチェコの田舎の風景には驚いたことを憶えています。霧が深く、ジャガイモだかビーツのような真っ茶の土の畑が広がり、緑はほとんど見られませんでした。

ボヘミアのすごい田舎工房へ連れていかれたのですが、素晴らしいクリスタルパーツがたくさんあり、サンプルをたくさんいただいたのですが、それが全くどこへ消えてしまったのかわかりません。あれがあればオーダーできるのにと思いながら、いろいろな場所を探しているのですが、一向に出てくる気配がありません。

やっとマドリードのシャンデリアパーツの店やアンティークショップで、ボヘミアンガラスのパーツをいくつか見つけたのですが、種類はあまりありません。スタンダードのもの以外は揃わないのですが、昔からのものはあきが来ないので使い続けています。


c0213220_19565261.jpg
そして、もうひとつのクリスマス飾りはこちら。
これはコットンをワイルドな状態で使っているスペイン製のかざり。パワジオ倶楽部の定番です。アンダルシアの非常に優秀なインテリア工房が制作しているもの。何年使っていても新鮮です。この工房の羊やヤギのオブジェも大人気だったのですが、ここしばらく入荷していません。復活させたいなぁ~と感じています。

オリーブ畑にヤギや羊はやっぱり合いますから...

来年のクリスマスには、オリーブの木陰にヤギや羊がいる風景を復活させよ~う!
聖書の風景になりますね。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-13 20:01 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(4)
オーストリアのお菓子

従妹はなぜ私がオーストリア菓子に目がないのか偶然感知してくれたようで、絶品のオーストリアクッキーを届けてくれました。赤坂にある『ツッカベッカライ カヤヌマ』のシナモンとラズベリージャムの入ったアーモンドたっぷりのお菓子は芸術的な味でした。

c0213220_21463978.jpgc0213220_21494666.jpg

オーストリアとスペインは歴史的に密接な関係があるので、私は料理もファッションもオーストリアのものは大好きです。特にお菓子は感動的なうまさのケーキなど、ウィーンで非常に感動したことを憶えています。そんなウィーンの香りがするお菓子が昨日は届いたので、ふたたびウィーンへ行ったような気分になれました。

スペインで生活を始めた時も、ルームメイトはオーストリア人。その頃たくさんのオーストリア人との交流をしたので、チョコレートなどもいただいたことを思い出したのですが、その味を今でも憶えているから不思議です。あるウィーンのミニチュアチョコはあまりにも美しかったので、食べずに何年も残しておいたくらいです。

スペインでもそうなのですが、アラビア文化の影響のある地域は、アーモンドパウダーがお菓子にふんだんに使われるので、最高の風味のお菓子がたくさんあります。私は甘党ではないので、あまりお菓子作りに凝るタイプではないのですが、シンプルな生のアーモンドを使ったお菓子や料理にはとても惹かれます。これからもマスターしたいレシピがたくさんあるのです。



c0213220_21585913.jpg

そして、こちらのクッキーは料理教室を開催しているまみさんからのプレゼント。今回スペインからお菓子の型を持ってきたのですが、それをプレゼントしたら型を使って、こんなにかわいいクッキーを作ってくださいました。クッキーの生地もバターのよい香りがしっかりとあり、食べていて嬉しくなるクッキーでした。可愛いし美味しいし言うことなしのお菓子でした。

それにしても日本には食べたいお菓子やスイーツがいっぱい。
全部食べていたらどうしょうもないデブになりますね。
あまりデパチカなどには行かないようにしています。
[PR]
by angel-chiho | 2010-12-12 22:03 | Food Culture 食文化 | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved