Top
<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
オリーブオイルはマッサージオイル!

New Oilがどんどん完成して手元に届く季節になりました。
先日参加したポルトガルでのオイルコースでもニューオイルを楽しんだのですが、今週はアンダルシアのハエンのオイルをテイスティングです。ハエンは世界一の生産量を誇る地域ですが、こうなったのは20世紀になってから。そんな古い話ではないのです。ローマ人が好んでこの地域ではオリーブ栽培をしていましたが、昔は今のような状態ではなく、グアダルキビル川が比較的近く山に近いところが好まれていました。ローマ人は美味しいオイルのことをよく理解していたのですね。今でも最高のものはやはり山の近くで作られます。ある程度の気温の低下が美味しいオリーブには必要条件なのです。

c0213220_21472393.jpgハエンの品種と言えば『PICUAL ピクアル』。
オレイン酸の含有量が最も多い品種です。高級品種のアルベキーナなどはやっと60%くらいですが、ピクアルは70~80%。質のよいものは80%を超えます。数年前までは、ピクアルと言うと大量生産品種としての評価ばかりで、高品質のオイル品種とは考えられていませんでしたが、近年素晴らしいオイルが生まれています。

私が紹介している『オリヴィア』の評価も順調に上昇中。今年のALCUSAという賞では、オリビアに含まれているピクアル種は2位だったそうです。日本向けにピクアルだけの『オリヴィア』があってもいいかなと考えているのですが、早速メーカーがリクエストにこたえてくれました。それがこの写真のオイル。とにかく色が、染めているのではと思うほど、美しいグリーンで感動しました。


メーカーとの打ち合わせではいつも興味深い情報交換をすることができるのですが、今回もグッドニュースがありました。

c0213220_2323963.jpg
この赤ちゃんから使える『オリヴィア』は、もちろんオーガニックオリーブオイル。エクストラヴァージンであることは言うまでもありません。昨年日本で真っ先に販売を開始したのですが、実はインド、そしてスペインでの販売も決定しました。インド???最近インドでのオリーブオイルが人気であるというニュースは知っていたのですが、『オリヴィア』はどこへいくのでしょうか。

インドはアユールヴェーダの国。『オリヴィア』はベビーマッサージオイルとして評価され、今大人気だそうです。もちろんアユールヴェーダの大人のマッサージでも使用されています。スペインでは、初心者のママが簡単にオイルの計量を出来るようにと、このプッシュタイプは開発されたのですが、インドではこの使いやすさがマッサージで受けたのです。

写真は私のバスルームでの使い方。メイク落としも保湿剤としても、私はもう3年ほどオリーブオイルを使っています。最新の『オリヴィア』も早速並べました。私の場合、10代から母の販売している化粧品がスクワランオイルだったので、ずっとオイル化粧品を使っているのですが、メイク落としもモイスチャーも今では全て自分で販売を進めているオイルです。



c0213220_233141100.jpg
オリーブオイルでメイクを落とした後に、これもこだわりのオリーブオイル石鹸で洗顔し、タオルなどで水分をぬぐわずすぐにスクワランオイルを塗ります。このスクワランオイルは深海サメの肝臓から採れる動物性のスクワランオイルで、高級化粧品などには欠かせないオイルです。仕上げに『オリヴィア』または小さい詰め替え用容器に入っているポルトガル産のオーガニックオイルで保湿をします。私の場合、オリーブオイルだけだとちょっとドライなので、こんな風にダブルでスクワラン成分を取り込んでいます。

敏感肌でどんな化粧品をつかってもトラブルがあるという人、是非試してみてください。ただし、まずは手の甲などの支障のないところでお試しを。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-31 23:39 | Olive オリーブについて | Comments(2)
サマータイムになりました。

週末時間変更がありサマータイムとなりました。益々夕暮れが遅くなり、さくらんぼの花が今満開だそうです。時間があればお花見に行きたいのですが、日本のことが気になり過ぎて、最近はレジャーの気分になかなかなれません。

でも...美しいものは人にエネルギーを与えてくれるので、今日は先日カスティーリャ地方にいった際、まだまだ綺麗に咲いていたアーモンドの花をアップします。

c0213220_755158.jpg


1カ月ほど前から各地でアーモンドは楽しんでいるのですが、カスティーリャでは開花がさすがに晩く3月中旬に満開でした。

c0213220_835570.jpg

甥がしばらくスペインに滞在していたのですが、大人になったもので写真も上手く撮れるようになってきました。本人も自分の撮った写真の出来を見るのが楽しみなようで、相当の数の写真を持ち帰りました。整理するのかどうかわかりませんが、写真は一生楽しめる良い趣味なので、このまま続けて撮り続けるよう励ましておきました。


カスティーリャ地方は、これからが一年で一番美しい時期になります。
今は辺り一面がグリーンに覆われていますが、4月末くらいになると自然のお花畑となります。夢のような世界で周囲が覆われますが、毎年咲く花は違うので、今年はどんな花が咲くのか。私はブルー系の花が好きなので、ブルーを期待しています。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-30 08:07 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)
オリーブオイルの寄付

日本からのニュースは相変わらず心配を募らせるものばかりですが、たくさんの感動のストーリーもありますね。甥がまだマドリードに滞在しているので、若者が見るネットサイトから面白いニュースをたくさん聞いております。やっぱり笑顔になれるニュースが、今のような時は一番必要なのではないでしょうか。笑いは本当にエネルギーをくれると思います。

スペインでも日本のことは非常に心配されています。
友人たちはまだ電話をくれますし、毎日普通に買い物に行く果物屋さん、お肉屋さんでも経過をとっても気にしてくれています。外国で生活している私も、こんな周囲の人々が日本のことを気にかけてくれていることは心強い体験で、今回の大震災には色々なことを学ばせていただいております。

オイルの取引があるメーカーからは、どうしても日本にオイルを寄付したいという話もありました。早速、関係機関に問い合わせしてもらったのですが、なんと言ってもオリーブオイルは日本ではぜいたく品のようなもの。必需品リストには含まれていないのです。残念で仕方ないのですが、そんな訳で公式機関からは、必需品としての扱いが受けられないので、簡単に被災者の方々にオイルを届けることは困難なのです。

先日もご紹介したのですが、今放射能のことが非常に問題になっている中、自分で自宅で出来る放射能対策として、オリーブオイルほど簡単なものはありません。なんとかこの情報をより多くの人に伝えたいと思っていますので、何かいいアイデアのある方は是非ご連絡ください。参考にさせていただきます。なんとか寄付してもらえるオリーブオイルは、被災者の方々に使ってもらえるよう、今色々動きまわっております。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-27 08:13 | 日本 | Comments(0)
放射能汚染と野菜について

相変わらず悩み多き日々が日本では続いていますが、着実に全てのことが解決に向かっていると確信して、スペインから応援しております。ここ数日、友人の原子力工学を学んだ実業家からリポートが届いております。私は大変信頼している方なので、この方のお言葉を信頼して行動しております。みなさんも参考になると思いますので、コピーをここに載せさせていただきます。ただし、物事を決定する力は、それぞれの人に掛っています。このような時は、自分の責任ですべてをしなくてはいけないと思います。この記事についても、あくまでも自己責任でご判断ください。


おはようございます。
今日は現在福島原子炉で多くの方々が奮闘しておられる仕事の内容について
ご説明いたします。

なお、私含め現在大学や多くの研究所で科学的な考察を加えたレポ-トを多数ネットで公開していますが、
他のレポ-トと同様、風評の根拠を「論破」するためにやや難解な専門用語を使わなくてなりません。
今後はこの報告も専門用語を少し入れて行きますので、ご了承下さい。

現在福島原子力発電所の炉心温度は2600度~2800度で推移している
ものと思われます。原子炉を覆う構造物はコンクリ-トで作られていますが
コンクリ-トを突き破る炉心溶融(メルトダウン)を防ぐにはコンクリ-トの
融解温度2300度以下に炉心を冷却しなくてなりません。
この2300度まで取りあえず炉心を冷却しているのが、現在の動きです。
2300度まで冷却出来れば、「一次試験合格」となり最悪の事態を避ける
事が出来ます。ただこれでは水蒸気爆発など万が一の時、放射能が外に飛散しますので、次はステンレス
で出来ている原子炉格納容器の融解温度1500度まで炉心を冷却しなくてなりません。
それまで炉心を冷やす事が出来れば燃料棒を確実に封じ込める事が出来ますので「二次試験合格」
となり、今回の危機は完全に去る事になります。

「一次試験合格」である2300度まで冷却するには、電源が復旧し、循環水が炉内を
まわり始め、突発的な事が起きなければ3月下旬~4月上旬にこの温度まで下がる事が
出来るように思われます。ここである程度の安全宣言が発せられるのでは?と思います。
そして次は1500度ですが、この温度までは冷却するには水量によって異なりますが
2~3ヶ月を要します。慎重を期して「安全宣言」を行うのは1800度ほどが良いので
はないかと思いますが私が決める案件ではありません。

なお使い済み燃料棒の冷却はこの問題と別です。すでにこちらの方は温度が下がっていますが
(正確な温度はわかりません)貯水槽は外に出ていますので、常に水面下に燃料棒を入れておけば
当面問題はありません。

現在野菜の汚染が広がっています。
お暇な方は算数の問題にお付き合い下さい。

1キロあたり10,000ベクレルに汚染されたほうれん草(福島県産)を「洗わないで」一年間食べ続けた場合

    ・換算率
    10,000ベクレル=0.219mSv(ミリシ-ベルト)
    ・ほうれん草1キロの数値ですから、だいたい15グラムを食べた場合
    0.219mSv×15/1000=0.0033mSv
    ・このほうれん草一年間食べ続けた場合
    0.0033mSv×365=1.2045mSv

    参考:  人間が一年間に自然環境から受ける放射線量2.0mSv
         胃のX線検査1回で受ける放射線量2.0mSv~4.0mSv

なお放射性ヨウ素の半減期(数値が半分になる期間)は8日、セシウム137の半減期は30年ですがセシウムは排泄されますので
100日で半減します。汚染された野菜がお手許にありましたら当方で食べますのでお送り下さい。

以上です。
これからもがんばりましょう!がんばれ日本!
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-23 18:54 | 日本 | Comments(0)
放射能へのオリーブオイルの有効性

先週はポルトガルでオリーブオイルの勉強会に参加しておりました。
日本での状況が気になる中、オリーブオイルの様々な有効性を知るためにがんばって参りました。

まずは現在20~30kmの非難地域以外での健康面での放射能被害は心配ないということですが、やはり誰にとっても放射能は恐ろしい響きのあるものです。少しでも自分で普通に身体を守ることができたなら、誰もがそれを実施するのではないでしょうか。

アメリカのメリーランド大学などでは、化学物質の汚染や放射能の汚染から、どのように健康を守るかという研究調査が実施されています。今日はまずその中から一つ研究結果を載せさせていただきます。

http://www.livewellnaturally.com/Health-and-Nutrition-Articles/Nutrition-Articles-2010/Protect-Yourself-from--Radiation-2-22-10-.html

上記のサイトに詳しいことが書いてあります。
英語で申し訳ありませんが、箇条書きに有効な食品が書いてありますので、これは皆さん英語が分からなくても十分理解できると思います。このような食品をできるだけ、今後の食生活に取り入れる努力が必要なのではないでしょうか。

オリーブオイルについては、思ったとおり!
オリーブオイルが食のトータルカロリーの15%を占めることが理想的なようですが、こうすることで身体の内部、特に内臓などが非常に保護され、ねずみテストではとても良い結果が出ています。
オリーブオイルのグリーンは、クロロフィルで形成されていますが、これが大変放射能にもすごく効果があるそうです。このクロロフィルで形成されているために、オリーブは光に弱いのです。ピュアオリーブと言われるものは精製されており、このような成分は全く消えてしまっているので、光は関係ありません。

健康のためにオリーブオイルを消費する場合は、このクロロフィルの破壊されていないエクストラ・ヴァージンオリーブオイルを選んでください。

塩についても先日少しコメントしたのですが、とにかく天然の海塩が身体に必要な塩です。
海塩は浄化作用のあるものですから、これも化学調味料である食塩ではなく、海塩を選んでください。
簡単に自分で出来る健康管理です。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-21 19:18 | Olive オリーブについて | Comments(4)
東北関東大震災への募金は
色々な義援金が募集されていると思いますが、私はこのページをリンクしているRIKAさんがブログでも勧めているグル―ポンというのを利用させていただきました。(詳しくはRIKAのスキップ気分にリンクしてみてください)

これはクーポンを使ったシステムで、あなたの募金が2倍の価値になってくれるようです。宜しかったら皆さんもどうぞ。

あるブログに書いてあったのですが、この大惨事を復建していくには非常に大変な時間が掛ると思います。義
援金も一度すればいいわけではなく、継続して少しでも援助ができることに意味があると思います。グル―ポンはなんと200円から可能ですから、できるだけ参加して復興に役立ててもらえたらと思います。

http://www.groupon.jp
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-16 04:26 | 日本 | Comments(4)
自宅で出来る放射能対策

海外の報道の方がずっと深刻な報道のされ方をしているので、海外に住んでいる人はかなり心配をしていると思います。私もその一人で毎晩深夜頃にニュースをチェックすると、原発の新たな爆発の話があるので眠れない夜を過ごしています。

放射能については良いニュースがなく、悪いニュースばかりですが、政府が国民に必要以上の危機感を与えることは出来ないことは確かです。どうぞ皆様自分でしっかりとした情報入手に励んでください。家から出られない時も多いと思いますので。

すぐに出来る対策はこんなものがありました。

雨には当たらないよう気をつけてください。16日は雨と言われていますので、決して雨に当たらないように。

帽子を被り、顔はマスク、濡れタオルで覆い、皮膚を出さないように。子供さんたちに必ず実施してあげてください。

外出用の洋服と家の中の洋服を区別する。
洗濯物も放射能が付着するので、屋内に干すことをお薦めします。

今のうちにきれいな水道水をたくさん貯める。
お風呂の中にきれいな水道水をためておくといいようです。

乾燥昆布等の海草類を食べるといいようです。
これはまさしくヨードですね。ヨードの摂取量をお増やしください。

添加物の入った食物は控えて、発酵食品を取るといいようです。
にがりの入った粗塩は浄化作用があるそうです。私の知り合いに食塩を摂っている人はいないと思いますが、塩の浄化パワーを極力活用してください。

そして、これは個人的に思っているだけでなく、本日オリーブの専門家の方からも聞いた話なのですが、オリーブオイルの摂取もきっと役に立ってくれると思います。朝晩飲んでいるだけで、栄養補給もかなりできますし、とにかく内臓器官を守ってくれます。

どうぞ皆さん自分で出来る対処を怠りなく。

原発がこれ以上酷い状況に見舞われないことを祈るばかりです。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-16 01:11 | 日本 | Comments(0)
レアル・マドリードからの応援

日本から続々と届く信じられない映像に、全くどう反応したらいいのか分からずにここ数日過ごしておりました。
多くの尊敬する方々から、祈りはつうじると何度も言われているので、まずは毎日一日も早く被災者の方々が安らげる場を回復できることを祈り続けたいと思います。

今、日本から甥が友人が遊びに来ているのですが、彼らもスペインに来て心配事がなかったのは3日程度。その後は地震の話でスペインのニュースや新聞もすごいことになっているので、『スペインに来ても日本の話ばかりだぁ~』と悲鳴をあげておりました。

昨日家でずっとニュースを見ている訳にもいかないので、目的のレアルマドリードのサッカー試合に。甥はあまりサッカーに興味はないのですが、お友達がサッカーファンなので人生初めてのサッカー観戦に出かけました。
レアルマドリードは予想どおり勝利。

下の写真のメッセージは、特に嬉しかったようです。

c0213220_744835.jpg


こんな試合の日に彼はサッカー観戦をすることが出来て、本当によかったと思っています。
人生悲しいことはたくさんありますが、このように周囲の人々が思ってくれていることを確信するほど、サポートになることはありません。

少しでも多くの人がこのメッセージを読んでくれますように!

力が出るような励ましのメッセージをこれからも載せたと思っています。
スペインからも出来ることが見つかりました。(^O^)
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-14 07:12 | Madrid マドリード | Comments(2)
東北地震

日本からの悲しいニュースにスペインでも多くの人が動揺しております。
ここ2日間他のことが出来なくなるくらい、どこへ行っても日本の地震の話で持ち切りですが、被害に合われた皆さまが、一日も早く回復できることを心からお祈り申し上げます。

私のところには昨日の朝から電話が止まりません。
家族から親戚、友人の他に、今回は多くの取引先のスタッフまでが電話やメッセージを送って、日本の様子を尋ねて来ています。誰かが思ってくれているということは、ただそれだけで心強くなるものです。人間関係の大切さを改めて思う一方、東北の人々の心労を思うと本当に心が痛いです。

多くの人の祈りがエネルギーとなり、一日も早く平常に戻ることができるよう、念力を信じて過ごすております。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-13 04:39 | 日本 | Comments(2)
ロカ岬の証明書
先日ロカ岬のことは書いたのですが、昨日パートナーの実家でアルバムを見ていて面白いものを発見したので、再びロカ岬についてです。

c0213220_8185730.jpg

ロカ岬ではユーラシア大陸の最西端に到達したという証明書が発行してもらえるのですが、私は何度発行してもらってもきちんとしまい過ぎのようで、3回くらい発行してもらっていますが、一体どこにあるのやら。今回は甥や姪に見せてあげようと思い発行してもらいました。












c0213220_8224484.jpg

これが昨日発見した義父のロカ岬到達証明書。
かなりムードが違いますよね。これは1967年のもの。相当違うと思いませんか。
義父のことだから、きっと一番豪華な証明書を発行してもらったのでしょうが、それにしても有難実が違うような立派な証書。
私が今回発行してもらったのは安い証明書なのですが、高い方はもっとモダンな感じでカラー写真が入っていて、私の好みではありませんでした。

義父の証明書を見てから、今度こそしっかりと証明書を保管しょうという気持ちになりました。
時間が経過するとデザインも書体もかなり変化しますし、やっぱりこういうものはあると記念になるのですね。サンティアゴの巡礼スタンプなど、今まで興味がなかったのですが、これを見て、こういうことも面白いのだなぁ~と理解しました。
[PR]
by angel-chiho | 2011-03-09 08:32 | Portugal | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved