Top
<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
この夏欲しいモノ

忙しくてなかなかブログがアップ出来ませんが、8月に入ったらもう少し時間ができるのではないかと思っています。そんな8月のことを思いながら、今欲しいモノがこれ。

c0213220_20282621.jpg
卓上BBQにもなりそうな可愛いバーベキュー。アメリカ製のようですが、この形と色が気に入りました。どの色がいいか迷ってしまいますが、ブルーが第一希望です。田舎の色は結構ブルーで揃えてあるので、オリーブグリーンやベージュも可愛いとは思うのですが、やはりブリーを選ぶ予定。

これからのシーズン、やはりBBQなどをして友人と楽しみたいですね。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-31 20:31 | お気に入り | Comments(2)
ウエディングドレス

友人のウエディングドレスのフィッティングへ行って来ました。自分の時のドレスのことはあまり憶えていないのですが、私の周囲の人はオーダードレスの人が多く、最近有名なPronoviasのようなブランドドレスを着る人は、ひと昔前はあまりいませんでした。

c0213220_539723.jpg友人は準備時間のあまりないウエディングなのでドレスもギリギリまで決めず。お店の人は来年の話をしていると思ったようです。スペインの女性はウエディングドレスにすごく情熱を注ぐので驚きますが、私も友人もかなりいい加減。変人に思われたようです。

友人は175cmくらい身長があるので、ドレスの裾を修正する必要もなし。モデルさんのような花嫁が出来上がりました。私は式にはあいにく参列できないのですが、携帯電話でその都度リポートが送られて来る予定。
今からワクワクです。

自分の結婚式は忙しくて忙しくて楽しむというような感じではなかったのですが、友人の式の準備で結婚式の楽しさを今再度味わっています。また誰か結婚しないかなぁ~


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-27 05:46 | Madrid マドリード | Comments(0)
アンダルシアの白い町 Aracena
真夏のアンダルシアは暑くて大変ですが、白い町は見ているだけで涼しい感じがするので不思議です。今回の旅ではアラセナという美しい町に滞在しました。

c0213220_7304866.jpg

この地域はセビリャからウエルバへ向かう地域で、かなり山間部となります。最初は信じられなかったのですが、コルクや樫の森林だけでなく栗の森林地帯もあるのです。アンダルシアで栗とは想像もつかなかったのですが、栗の木は材木としての価値もあるので、ある時から栗の植林も始まったそうです。素晴らしい大木が見られます。

c0213220_7354082.jpg


街にはご覧のとおりモニュメントがたくさんあります。いつもこの街に滞在する時は何か用事があるので、教会もお城も見学するチャンスがないのですが、一度だけ鍾乳洞は見学したことがあります。スペインで見た鍾乳洞の中でも特別美しいものだったので、もしチャンスがあったら是非訪問してみてください。町中にインフォメーションがあります。

こんな眺めのよいホテルに滞在して楽しい夜を過ごしました。
偶然行ったBARでも素敵な友人ができました。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-21 07:41 | Trip 旅 | Comments(0)
真夏のSevilla
前回真夏にセビーリャに行ったのは、両親が夏休みにスペインに遊びに来た時でした。母はあまりの暑さで訪問したところを全く記憶していないようです。今回もかなり暑かったのですがピークの暑さではなかったと思います。

c0213220_5394513.jpg

カテドラルのシルエットと闘牛場のシルエットが重なった美しい風景。何度見てもあきません。

c0213220_5413949.jpg

グアダルキビル川。普通もう少し涼しく見えるのですが、暑いと水量もすくないのかどんよりしている感じでした。

c0213220_5442043.jpg


古い都セビーリャには伝統的な味のあるBARがたくさんあります。入ってみたいところが4,5軒あったのですが、今回はすごく眺めのいいBARへ行く予定だったので、ひとつだけ古いところへ入りました。

それがこの写真。Tinajaティナハと呼ばれるテラコッタの瓶を残す古いバル。雰囲気もメニューもとても良かったです。セビーリャにはセビーリャでないとないメニューが色々あるので、こういうところには本当に魅力を感じます。残念ながらお腹は満腹状態だったのでオリーブとミニサンド以外は、メンバー全員何も口に入りませんでした。水分の補給がメインとなりました。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-20 05:50 | Trip 旅 | Comments(1)
どんぐり豚の生ハム Jamon de Bellota

日本はかなり暑そうですね。スペインも今週は中旬から気温が上がるそうです。熱中症に皆さん注意してくださいね。私も気をつけます。
今日は先週の生ハムづくしの模様をお伝えします。

c0213220_533397.jpg
まずはマドリードの由緒あるレストランで。ハンドスライスの美味しそうな生ハム。肉そのものにコクがあるのが写真からもわかると思います。3人で綺麗に完食。これ以外にもタコやムール貝、メルルーサと食べたので、デザートは食べられませんでした。



c0213220_5432394.jpg
こちらはポルトガルのエボラにあるお気に入りのレストラン。今回エボラまで行く予定はなかったので、ルンルン気分でランチ。勿論生ハムも食べたのですが、他の料理に私の興味は向いてしまったので、生ハムの記録はありません。あっという間に食べてしまったのです。この日は6人で量を減らしてランチを作ってもらいました。真夏にポルトガル人の普通の量を食べたら仕事にならないので。生ハムはスペイン産のものでした。スライスの仕方は下手なのですが...

ポルトガルでも優れたレストランではしっかりとスペイン産の生ハムを最近は使っています。一番有名なリスボンの生ハム専門店もポルトガル産のハムではなく、実はスペイン産の生ハムを出しているくらいなのです。



c0213220_5575836.jpg

こちらはマシーンスライスの生ハム。生ハム自体は最高級のものですが、機械を使ってスライスするとこんな感じになります。食感がかなり変わりますが、これはこれで美味しい!









c0213220_655921.jpg
こちらが最高のコンディションで登場した生ハム。日本では脂身が嫌われますが、どんぐり豚の脂質はオレイン酸タップリ。こんな美味しい脂身は他にないと思います。霜降り状態もベストでしたし、温度もスライスの暑さも理想的。おかげで5人でこの生ハムを3皿たいらげました。それなのに全く胃ももたれないのです。本当に素晴らしい生ハムとしか言いようがありません。





クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-17 06:10 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
どんぐり豚

どんぐり豚一色の一週間を過ごしておりました。これは新しいプロジェクトのためなのですが、視察は超スムーズに進み一安心です。

c0213220_2291347.jpg

最高のどんぐり豚はこんな天国のような環境で育ちます。本格的などんぐり豚は、どんぐりを食べて大きくなりますから非常に限りのある動物なのです。単なるイベリコ豚というのは、スペイン産の黒豚品種だと思ってもらうのがいいでしょう。

c0213220_2375799.jpg

高品質の土地は昔から王侯貴族のものか教会の所有地だったところがほとんどですが、ここも最高の場所なので名門貴族所有の荘園のようなもの。18世紀のチャペル付きの建物が残っており、カントリーハウスとなっています。運良く私達はここに滞在。 夕方の一番綺麗な時刻に到着しました。

c0213220_2495851.jpg

今年のどんぐりの状態をチェックしている様子です。とても豊作のように見えますが、これからまだまだ色々な天候に左右されるので、どんな出来になるかはわかりません。

c0213220_2594311.jpg

豚は頭がいいので面倒を見てくれている人の姿や車を見ると、皆一斉にそちらに向かって行きます。とても穏やかな豚なので驚きました。撫でても大丈夫なくらい。スペインに存在する古代からのこの豚の飼育法は、感動的としか言いようがありません。地中海のエコシステムと豚の特徴を理想的な形で共存させているのです。世界一美味しい生ハムが生まれるはずです。

次回は食べ方リポート。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-16 03:05 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
週末のセビリャ

週末セビリャへ行くことがあったらオススメしたいところがあります。
プラド美術館に次ぐ高品質の絵画美術館として知られるMuseo de Bellas Artes de Sevilla。この美術館の前には美しい広場があるのですが、週末そこに画家が集まって直接作品の販売をしています。ギャラリーなどを通さずに、直接自分でお客さまとの交流を持てる場所として評価されています。マドリードのマヨール広場もそうなりますが、セビリャの方が質がいいように思います。

c0213220_1135695.jpg


c0213220_1163297.jpg
今回はシンプルなどこにでも飾れそうな絵があったので、久々に私も絵を買ってみました。もうかなり家に置いてありますが、いい感じです。ものによっては自宅に持ち帰ってから気に入らなかったりするので。
ある程度の金額のものから数千円のものまで、結構あらゆる価格のものがあるので家のインテリアなどを選んでいる方には特にオススメです。

セビリャのような町を散策した後は、こういう思い出の品があると余計セビリャの空気を満喫し続けることができるような感じです。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-10 01:25 | Art 美術 | Comments(2)
プラド美術館 ラファエルとムリーリョ

この間プラド美術館で開催されているラファエルとムリーリョの展覧会へ行ってきました。一言で”El Ultimo Rafael"というタイトルのラファエルの展示にはガッカリ。工房の作品が多く、ほとんどが弟子ジュリオ・ロマーノの作品。もう少し期待していたのですが...

c0213220_20295659.jpg

感動した作品はこちらだけでした。
これはルーブル美術館所蔵の作品ですが、いつ観ても感動します。天才の色遣いは違いますね。見れば見るほど関心します。これはまるでレオナルドの作品のようにエスフマートの空気が漂っていて、ラファエルの繊細さが100%感じられる作品でした。

展覧会全体はいつもプラドにあるラファエルの作品が、ジュリオ・ロマーノをメインとする弟子のデッサンで囲まれ、数点他の美術館所蔵の作品も来ていましたが、主役はやはり写真の作品。他は作品のセレクションも疑問に思うようなものばかり。個人的には趣味も悪く感じられました。

気を取り直して2階のムリーリョの展示会へ移動。






c0213220_20355166.jpg

Photo from Museo de Prado

こちらはEl triunfo de la eucalistia. この作品の素晴らしさは実物でないと伝わりません。大きな教会の祭壇画ですが、他の作品と共に今回の展覧会の傑作のひとつ。ラファエルの展示でラファエル本人の素晴らしさが伝わってくるような作品は1点しかなかったので、ムリーリョの会場に入るなり感動的でした。会場がムリーリョの空気に包まれていました。

それにしても最近に美術館コンセプトは?マークのことばかり。有名な画家の展示は物凄い混雑しているので駅や空港で絵を見ている気分になります。美術大好き人間でもこのような環境では絵は見たくなくなる一方だと思うのですが...そうとう意識を変えて改革しないと、益々美術館には行く人が少なくなるようになるなぁ~と思う一日でした。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-07 20:44 | Art 美術 | Comments(0)
Madridのオリーブ

ちょっと散歩コースを変えてオリーブの様子を見に行ってきました。
c0213220_4554159.jpg

マドリードは夏に入りすっかりすべての植物はドライフラワーになっています。ライ麦や麦がちょうど収穫のシーズンで、黄金の海が広がっています。このあたりのオリーブはまだあまり成長が進んでいませんが、元気に木は伸びているのでパワーを感じます。オリーブ栽培の楽しさは実の成長を見ることと、シーズンシーズンで変わる葉の様子。しっかりと剪定を施している場合、余計木の成長が楽しめます。

c0213220_512567.jpg

この形に剪定されたオリーブの木は素敵です。収穫もしやすいですし、風通しもとても良くなっています。

c0213220_5240100.jpg

日本でもこんなオリーブが増えるといいですね。通常見かけるオリーブは、上に高く伸ばし過ぎの傾向があります。こんな風に横に広がるように剪定を心がけてみてください。

ところでこの季節、私が散歩に出かける時刻は大体夜の9時過ぎ。このくらいの時間にならないと日差しは強いし暑くてでられません。

c0213220_56371.jpg

散歩コースにこんな十字架もあるので、こういうところで休憩したりしながら歩きます。

c0213220_573267.jpg

久しぶりにマドリードの夕焼けをアップしますね。毎日本当に綺麗...こういう自然の美を観る時間は何より大切だとつくづく思います。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-06 05:09 | Olive オリーブについて | Comments(5)
クレタのハーブ

c0213220_6201823.jpg

ショッピング好きの私が今回の旅ではあまり買う物がなくハーブ屋さんばかりをウロウロ。ハーブも大好きなのですが、2,3店見れば普通は十分ですよね。クレタではどこへ行ってもオリーブをテーマにした店かハーブ、その他はどこへ行ってもあるようなお土産屋さんが多かったので、どこへ行ってもハーブ、オリーブ、ハーブ、オリーブでした。

有名なスポンジも山盛りありましたが、全く見る気にもなりませんでした。ハーブは初日に行った市場のハーブ屋さんでかなり購入。香りの良さに驚きました。






c0213220_626431.jpg








中心にあるハーブがクレタのオリジナルブレンドハーブティー。独特のブレンドですが、現地で飲んだ時はあまり印象に残るようなものではありませんでした。これは是非買いたかったので大袋で購入。まだ飲んでいないのですが、クレタの長寿には間違いなくハーブの効果もありますね。お料理教室で色々説明を受けたのですが、クレタ人はハーブティーが主流で、昔はあまりコーヒーを飲む人は居なかったそうです。どうりでコーヒーはトルコ風なのですね。











c0213220_6321954.jpg


オリーブはこんな感じであらゆる場所で売られていましたが、残念ながら味はまぁまぁ。コロネイキの独特の香りは料理を選びますね。我が家で今いろいろコロネイキ製のオイルを使って料理をしていますが、全く合わないものがあるので不思議です。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

人気ブログランキングへ
[PR]
by angel-chiho | 2012-07-05 06:36 | Food Culture 食文化 | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved