「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
婦人画報3月号『最高のギフトと最新の手土産』特集

みなさん、どんな雑誌をライフスタイルの参考にしていますか?
私は日本でならば『婦人画報』や『和楽』などを好んで拝読しております。

c0213220_845311.jpg


今年は光栄にもQuinta do Bispadoキンタ・ド・ビスパードとQuinta do Coaキンタ・ド・コアを、このギフト特集号で紹介していただきました。この上なく嬉しく光栄なことです。日々ポルトガルや日本で多くの人が良いものを広められるよう努力しています。そんな事実を少しづつ正確に多くの人に伝えられるよう、これからも努力を欠かさず実施できるよう、このような掲載は大きなモチベーションを高めてくれるきっかけになります。本当に嬉しいニュースです。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-01-31 08:45 | Project プロジェクト歴 | Comments(0)
フェルナンド王ゆかりの地
今年から歴史ヒストリーのセクションを設けました。
ブログを読んで下さっている皆さんは、想像がついていると思うのですが、私は歴史大好き人間。歴史から様々なインスピレーションを得ていると言っても過言でありません。心を惹かれる人物のことを知るためには、何千キロも走りますし、大体どこまでも出向いてしまいます。パートナーも同じ傾向があり、この部分は夫婦の共通点でもあります。

先日、スペイン史の中では非常にインパクトのある国王、カトリック王フェルナンド・デ・アラゴンが亡くなった建物を訪問してきました。

c0213220_5171139.jpg
優れた政治家として評価せずにはいられない王で、有名な『マキャベロ』のモデルになった人物だとも言われています。スペインを旅していると、いろいろな場で歴史上の人物ゆかりのモノやスポットを発見しますが、フェルナンド王については、生まれた町から聖霊を受けた杯、亡くなった家まで、とにかく良く記録され残されています。それほど長い間人々が憶えているような人物だったのでしょう。

小学校の歴史の授業で、歴史好きだった先生が、グラナダに残るカトリック両王の墓について熱烈に語ってくれたことを、不思議と憶えているのですが、皆さんもグラナダを訪れたら見てください。彼らの墓地は、理想化された二人の実物大の彫刻なのですが、クッションにのっている頭の重さが違うのです。イサベル女王の頭の方がずっと重くクッションが深く沈んでいるのです。意図的にされたのかどうか分かりませんが、興味深いところです。

c0213220_5365018.jpg

ここがMadrigalejoマドリガレホ。フェルナンド王には優れた占星術師がいたようで、Madrigalマドリガルと言われる場所で亡くなると予言されていたので、マドリガルという町や村には入らなかったと言われています。暖かい地域へ移動している時に、食べ過ぎで病になったようですが、この時期後継ぎ息子を授かるために、あらゆるモノを食べすぎていたのが原因と伝わっています。

写真の中心から左側の建物ではなく、右端にある納屋のような建物が彼が亡くなった建物。勇敢な軍人で華やかなイメージが強いフェルナンド王の死んだ場所としては、貧しいとしか言いようがありません。生地であるSos del Rey Catolicoソス・デル・レイ・カトリコという町は、中世の美しい町で、生まれた宮殿も残っているのですが、そことのコントラストもあり、私にはかなりインパクトがありました。

c0213220_5531422.jpg

建物の外壁に、このように石碑もあり、昔からここを通った人たちは、フェルナンド王の最後の場所を眺めて物思いに耽ったこと間違いありません。そのくらい多くのエピソードを残している魅力ある人物です。好きか嫌いかは別として...

c0213220_611180.jpg

扉にグラナダの彫刻が飾られているところが印象に残りました。
こんな貧しいところで他界した人物が、グラナダを落城させた人物だなんて思えませんよね。ここは鶴が訪れる地域で、訪問した時は鶴が何千羽と空を舞っていました。フェルナンド王もこんな景色を何度となくこの地を訪れた時に見たのだろうなと、しみじみと感じました。

c0213220_6164989.jpg


今年最初の読書には、彼の後継ぎフワナの自伝を選びました。狂女王として人生の大半の隔離・幽閉され過ごした悲劇の女性です。父親、夫、息子と3人の男性に人生を狂わされてしまった強い女性だったことが、この本で良く分かりました。スペインの歴史もこの女性が母親イサベルのような立場に居られたら、全く違うものになっていたはず。そして、狂女王として全く評価されていないことを残念に思います。フェルナンド王の娘たちへの仕打ちは酷いの一言ですが、歴史の歯車に巻き込まれた人々のよくある不運劇なのでしょう。

c0213220_629488.png

フアナの性格が伝わってくるような美しい肖像画。











c0213220_6301117.jpg

歴史好きの方には、訪れる価値のある歴史スポットのひとつです。

スペイン語の本になりますが、フアナについて知りたい方にはお勧めします。
史実が分かりやすく書かれており、この時代の複雑な人間関係を知るためにとても役立ちます。









クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-01-18 06:18 | History 歴史 | Comments(2)
2015年のマイプラン
新年を迎えたと思ったら、もう中旬ですね。またあっという間に一年が過ぎてしまうので、今のうちにマイプランを書き出し、年末振り返った時にどこまで実現できたか確認できるようにしたいと思います。

2015年もマイプラン10
1 今まで撮り続けてきた写真を分類分けして整理。パートナーとの旅行記をまとめられるよう準備を始める。
c0213220_6344589.jpg


2 特に城についてまとめる。(まずはブログで)
c0213220_6533369.jpg


3 不動産の整理。

4 フードビジネスに新しい展開を持たせる。

5 独自フードイベント(品評会)のようなものを実現する。

6 今年は南フランス、シシリー島、バレアーレス諸島が個人的なターゲット。

7 田舎の家の屋根を修理。

8 生もののインポートに挑戦。

9 美術品の整理。

10 関係先のオフィシャルサイトを完成させる。

11 ハーブコースに参加する。

c0213220_713674.jpg


こんな事を考えながら1月を迎えております。
昨年は義母が亡くなり、色々な事に変化があったのですが、きちっと物事を整理し無駄のない生活を心がけたいと思っています。これら10の項目は、ここで書いてしっかりと実施できるよう自分に義務付けました。







クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-01-12 07:02 | Madrid マドリード | Comments(0)
MAQUIAに掲載
有難いことに、またまた雑誌掲載です。
こちらは集英社から発行されている人気美容雑誌『MAQUIA』。2月号に紹介していただきました。

c0213220_22561638.jpg


紹介いただいたのは、ポルトガル産CARMのQuinta do Coaキンタ・ド・コア。素晴らしいスパイシーなオーガニックEVオリーブオイルです。エイジングケアにオリーブオイルは不可欠なものになりました。

c0213220_22583760.jpg


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-01-10 22:58 | Project プロジェクト歴 | Comments(0)
2014年年越しディナー
2014年も無事大晦日を平和に迎える事が出来ました。
2年連続でスペインで年越しとなりましたが、Art of Livingを実践している素晴らしいファミリーとともに過ごし、心地よい上質な雰囲気の中で2015年を迎えました。
丁寧に芸術品に囲まれて生活している人たちは、どこかが違います。こういう空気の中に自分を置けることが、一番の贅沢だと思うのですが、本当に無意識のうちに沢山の大切なモノを吸収できるように思います。

c0213220_7252240.jpg

この日のディナーのテーブルセッティングはこんな感じ。一目で気持ちがワクワクになります。義母のテーブルセッティングは、いつも素晴らしい刺繍やレースのテーブルクロスがつきものでしたが、このファミリーはオランダ系でアジアとのつながりが深いので、中国磁器がいつも登場します。

c0213220_7281663.jpg

ドラゴンのグリーンの磁器。私はドラゴンのファンではないのですが、グリーンがあまりに素敵なので、このドラゴン磁器は一目ぼれでした。貝を使った贅沢なマットも、現在では貝が保護されているので入手が困難だそうです。

c0213220_7505170.jpg

飲み物はリベラ・デル・ドゥエロのAtautaとシャンパン。

c0213220_7322457.jpg

クリスマスイブのディナーは、ターキーだったので、大晦日はシーフード。マヨネーズはシェリーヴィネガーの古いものを使って作りました。マヨネーズ作りは私がさせてもらいました。実は、餃子も作って持参しました。焼き方が失敗ですが、とても喜んでいただけました。チリにツナを詰めた珍味は、2015年に輸入をしたいイタリアのグルメ品。超好評でした。

c0213220_736023.jpg

ピンボケ写真ですが、メインはローストビーフ。こんな上手い焼き加減にするのは困難。グレイビーソースも最高の味でした。日本の肉とは違う味のガリシア地方の牛肉でした。フランス料理のポテトグラタンもシナモンが効いていて美味。

c0213220_7382430.jpg

ディナーの様子を一枚。実はカメラのバッテリーが切れてしまい、仕方なく携帯のカメラで撮影をしました。もっと沢山写真を撮りたかったのですが...
右の女性が、私がスペインで最も尊敬する女性で、現在88歳。とにかくすごい美貌と頭脳を持った女性で、肖像画家として一世を風靡した人物です。昔の著名人の話もしてくれますし、現在開催されている展示会などの話も熱心にしてくれます。パソコンもいつも持ち歩いており、面白いゴシップも写真つきで聞かせてくれました。私もこういう風にしっかりと年を重ねたいと、つくづく思います。

皆さまの夢が叶う年になりますように。

c0213220_7533224.jpg




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-01-03 07:55 | Madrid マドリード | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved