「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
NOMA Cafe in Kyoto
京都でいつもスタイリッシュで都会的なムードを楽しませてくれる場所NOMA Cafe。オーナーが自らのセンスで選び抜いた品々が、いつもとても素敵です。

c0213220_0163766.jpg

ファッショナブルなオーナー。スタッフの皆さんも美味しいものを手作り。メニューを見ているだけで、楽しんでお料理を選んでいることが伝わってきます。何もかもが美味しい京都のカフェといえば、やっぱりここ!

c0213220_0192311.jpg

嬉しいことにパワジオ倶楽部のフロールデサルやヴィネガー、そして私の料理本も販売していただいています。感謝感謝です。こんな美味しくておしゃれなカフェでご紹介していただけるなんて、これ以上光栄なことはありません。皆様本当に有り難うございます。

c0213220_0215661.jpg

今回はアイルランド人の親友のことを思い出しながら、キャンベルズティーをいただきました。ご馳走さまでした。また行きま~す。

ギャラリーでもとても可愛い器を購入したのですが、それはスペインに戻ってからお伝えします。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-10-28 00:24 | 日本 | Comments(0)
レストラン『エピス』とコルニカブラ
しばらく大好きな京都でのオリーブの話を続けます。

まず最初に訪れた美味しいレストランは『エピス』さん。井尻シェフの板前さんのようなキレの良さが魅力のレストランですが、お料理はフレンチ。素晴らしい町屋の中にあり、もちろん坪庭付き。次回はお庭の向こうに見えた個室でお食事をしたいと思いながら、カウンターでスタッフの皆様の動きをみながらお料理を堪能しました。それにしても暖簾って素敵。。。

c0213220_22494154.jpg


京都ならではの風情のある建物...

c0213220_22512142.jpg


野菜のテリーヌ日本で人気ですね。みょうがもあり、日本らしさが出ています。

c0213220_2252274.jpg


お気に入りになったのが、このゴボウのポタージュ。最高にデリケートな香りで一口で虜になる味。
日本にいるのが嬉しくなるお料理です。

c0213220_22533781.jpg


そして赤ワインソースを添えた京都のポーク。美味!

c0213220_2332664.jpg


何より嬉しいのがこちらのレストランでは、カサスデウアルドのコルニカブラを好んで使ってくれていること。コルニカブラはほろ苦さが最初に強いので、日本では少し難しいオイルかなぁ~と感じていたのですが、流石京都、この大人の味の苦さをよ~く理解してくれるのです。後味の心地よさと独特のクリーミーさが不思議と京都の皆様の味覚に合うようです。

c0213220_236146.jpg


また一人素晴らしいシェフに巡り合えた思い出深い一日でした。

c0213220_2391144.jpg


私の京都の最強のパートナーAn's Table代表の森澄子さん。どうも有難うございました。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-10-22 23:10 | Olive オリーブについて | Comments(0)
An's Table主催のオリーブオイル&フレンチを愉しむ・極上ディナーの夕べ
10月17日京都、Restaurant『青いけ』にて、素晴らしい極上ディナーの夕べに行って参りました。企画はオリーブオイル販売しているAn's Tableさん。メニューには6種類のEVオリーブオイルを全て使用。それぞれのオイルの特徴を生かしたお料理を作っていただきました。

c0213220_22241753.jpg


実はこのオリーブオイルを使ったディナー会は数年前から計画しており、今回An's Tableさんの努力でこのように実現することが出来ました。ワインのようにオイルを味わうおしゃれな会。お料理の美味しさだけでなく、オイルの奥深さや可能性を発見する機会になります。

c0213220_2226363.jpg


ご覧のとおり参加者は、食や芸術・伝統という京都ならではの土地柄だからこそお会いできる魅力的な女性ばかり。女性だからこそ深められるオリーブワールドとなりました。

c0213220_22292795.jpg


乾杯の音頭は、伝統和紙の世界を変えた偉大な女性アーティスト堀木エリ子さん。いつものように楽しくて勇気が湧いてくるお話をしていただきました。

c0213220_22313659.jpg


最初に3種類の特徴の違うオイルを皆様に試していただき、特にそれぞれの味と香りを知っていただきました。器の始まりはシャガールから。芸術的なオイルには、同じように芸術が器にも必要です。

c0213220_22332873.jpg


c0213220_22352239.jpg


オイルのテイスティンググラスよりも、ワインのグラスの方がオイルの色が見えてこういうディナーの場には生えるので、ワイングラスをセットしていただきました。素晴らしく美しいと思いませんか。

c0213220_2236523.jpg


c0213220_22375758.jpg


お料理はチーズのムースから野菜のブレッセ...

c0213220_22384140.jpg


c0213220_22395716.jpg


ホタテ、バーニャカウダソースの野菜...

c0213220_2241398.jpg


c0213220_22412418.jpg


金目鯛のナージュから京もち豚のロティ

デザートはガトーショコラとシャーベット

そして、大好評だったのが最高級のカサスデウアルド『レセルバデファミリア』を使った塩クッキー。素晴らしい濃厚な上品な風味に誰もが感動。バターを使わなくても、こんな上品で薫り高いお菓子ができるのです。あまりの美味しさに写真は忘れてしまいました。

c0213220_22451421.jpg


大変時間をかけてこのメニューを考案してくれた青池シェフ。食事の前と後に説明に来てくれました。若手の有望シェフがこのような企画に挑戦してくれることは、本当に光栄ですし、今後の京都の食の歴史にも大きな好影響があるのではないかと思っています。お隣は企画をしてくれたAn's Table代表の森澄子さん。彼女の熱意が今回の成功を呼びました。そして、記念写真の左に写る女性(株)タピエ代表の玉井恵里子さん。彼女のサポートで四条烏丸LAKUEにあるタピエスタイルでのオリーブ祭りVol.2も実現させることが出来ました。お二人のお力がなかったら今回のイベントは実現できませんでした。

c0213220_2249817.jpg


最後に記念すべきこのディナー会の記念写真。
全ての方があらゆるジャンルで伝統文化を伝える方々ばかり。なによりも勇気づけられ前に進む力をいただきました。参加者の皆様、またここにはいらっしゃりませんがサポートをしてくださっている皆様、本当に有り難うございました。次回はもっと多くの方にオイルの魅力を知っていただけるよう、違うメニューでまた会を開催したいと思います。前橋地元でも同じような会が開催出来るよう計画中ですので、どうぞ皆様お楽しみに。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2015-10-21 23:00 | Olive オリーブについて | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved