「ほっ」と。キャンペーン
Top
<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
カスティーリャ・ラ・マンチャの城壁の町パラスエロス
現在スペインでは昔のカスティーリャ王国の領土を色々な自治体に分けています。カスティーリャ地方はカスティーリャ・イ・レオンとカスティーリャ・ラ・マンチャに分かれており、ドン・キホーテでよく聞くラマンチャは、こちらのカスティーリャ・ラ・マンチャとなります。

30年近く前、この地域は宝の山のように感じられました。なぜかというととてもハイクオリティの文化財が多く、観光化されていないかったために、静かに昔の旅行記に出てくるようなスペインを楽しむことが出来たのです。
c0213220_684242.jpg

美しい風景を楽しみながら新緑と花やハーブが生い茂るラ・マンチャの平原を、昔のことを思い出しながら満喫...

Palazuelosパラスエロスという要塞のような小さい町へ向かいました。

c0213220_6132679.jpg

町の入口にタイルの地図があり、2キロ以上の城壁が町を囲んでいる様子がわかります。30年前に訪れた時は、寒い時期で誰も町に居なくてゴーストタウンに見えたことを思い出しました。

c0213220_6154775.jpg

実に立派な門。ここを潜ると町に入ることが出来ますが、昔は扉があり時間になると扉は閉められ誰も入ることは出来なくなったのです。

c0213220_6174687.jpg

城壁内の町はかなり修復されていますが、私は城壁の様子に興味があったので外側を一周することに。

c0213220_6191558.jpg

美しい畑も城壁の周辺には広がっていました。こんな素晴らしい景色の畑は、まるで庭のようです。

c0213220_6203299.jpg

別の門からまた町の内部へ。

c0213220_6212899.jpg

石造りの古い噴水がしっかり機能していました。今でも動物が水のみ場として使っているようですし、町の人もわざわざ水を汲みに来ていました。

c0213220_6244727.jpg

この町の教会について何の記憶もなかったのですが、ロマネスク様式のエントランスを残す素朴な教会。不思議と癒されるような空気が漂っていました。

c0213220_6261457.jpg

昔は神父さんの家だったような建物は、お洒落にリフォームされ見惚れてしまうような趣でした。

c0213220_628254.jpg

歩き続けるとまた美しい門があり、そこを出ると別の魅力的な景色が広がります。

c0213220_6291184.jpg

どこを切り抜いても絵になる美しさに圧倒されました。

c0213220_6301283.jpg

この旅は野原に咲くハーブや花を見るためのものだったのですが、特にこの城壁の周りに咲く花々は最高でした。初夏を感じさせるヨーロッパらしい風景ばかりで、お花のおかげで胸が一杯になりました。

c0213220_6324810.jpg

要塞は極めて男性的なものですが、こんな風にお花のシーズンに訪問すると、野性的なものと可憐なものが一緒になり奥深い美しさが溢れています。言葉にならない快感です。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-05-27 06:36 | Castilla カスティーリャ | Comments(2)
アストゥリアスの食材試食会

バスク地方は大変グルメな町なので、日本でもとても有名になりましたが、私が思うにスペイン北部の人は全体的にグルメな人が多いと思います。伝統的な食文化が豊かなことと、19世紀の産業革命的な動きや南米で財を成したブルジュア階級が存在したからこその結果だと思います。

4月に日本で開催したお料理教室で、そんなアストゥリアスのグルメフードの試食会も実施しましたので、その様子をお伝えします。特にシーフード、ロブスターやカニ、そしてウニのパテを紹介しました。

c0213220_5183569.jpg


アストゥリアスは義父の故郷なので、我が家では豆料理が非常に重要な料理のレパートリーに入っています。是非日本で紹介したいと思っている豆料理もあり、それは高齢の方を中心に味見をしていただきましたが大好評。予想どおりでした。

c0213220_5212682.jpg

お料理教室では、こんな風にクラッカーで食べていただきました。

c0213220_5381327.jpg


美味しいものだと皆様が笑顔になるのですぐに分かります。

c0213220_5392929.jpg


料理教室はこんな感じでいつも開催中。

c0213220_55703.jpg


アストゥリアスでチーズの専門家であり、私のチーズの先生でもあるマリーノ。数年前に大変な事故でチーズ工場の失ったりする悲劇があったのですが、その後もしっかりと地元のチーズや食材を守り続け、レストラン経営も輸出もしっかりと伸ばしています。

c0213220_551214.jpg


今後益々こういう尊敬するべき人達との交流を深めながら、仕事をしていくことが目標です。素晴らしい人達と巡り合うために仕事をしていると言っても過言でないと思います。

お料理教室や試食会に、参加してくださった皆様有難うございました。一日も早く美味しい新商品を入荷出来るよう頑張ります。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-05-10 05:58 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(0)
アレンテジョAlentejoの食事と歴史

ポルトガル各地に好きな料理はたくさんありますが、使われている野菜やハーブ、フルーツの豊富さで最も私の好みに合うのはアレンテジョ地方かもしれません。食べる環境の光の様子なども気分に影響しますが、秋のハンティングシーズンから春まで、私にとっては欠かせない食のルートを形成しています。

c0213220_528679.jpg


今年は姪が大学卒業の記念にスペインに来ていたので、一緒にポルトガルを味わう旅をしました。

c0213220_5295512.jpg


姪は私と食べ物の好みが似ているので、どんな香りの強いものでも平気で食べます。古いチーズもへっちゃら。ヤギでも羊でもブルーチーズでも問題ありません。アレンテジョではアラビア料理の影響が強く残っているので、こういう風に小皿で色々登場します。ジャガイモのように見える一品は、栗とソーセージを炒めた料理。

c0213220_5324275.jpg


食べさせたかったのがこの羊料理。エンソパード・デ・ボレゴと言うアレンテジョの名物料理。ミントと一緒に食べるのですが、本当に羊にはミントがよく合います。固いパンをお皿にしいて、その上に肉とスープを掛けて食べます。

c0213220_5343933.jpg


大好物なので毎年食べたくなりますが、姪も案の定大喜びでした。

c0213220_5353856.jpg


お口直しにオレンジのサラダ。超美味。

c0213220_5361580.jpg


ポルトガルに来て鱈を食べないわけにはいかないので、一品鱈をオーダー。まぁ満足。

c0213220_5382197.jpg


姪は甘党なのでデザートもしっかりオーダー。メレンゲとカボチャのケーキにトライしてました。

c0213220_542743.jpg


食べるだけでなく地域の市場も見学。どんなものが栽培されているか知ってもらいました。日本とは全く違う世界ですが、素材のバリエーションが少なくても工夫して美味しいものが作られていることを、市場を見ながら感じました。食生活がやっぱり豊か。

c0213220_5444120.jpg


チーズも豊富。ポルトガルは何もかもがスペインと比べると小さいので有り難いです。チーズもしっかり1日で終わるサイズ。味は勿論小さい分だけ劣ってしまうのですが、それなりに美味しいチーズも確かにあり魅力的。

c0213220_547567.jpg


こちらの叔父さん時計の修理屋さんでバイクが屋根付きでお店になっています。ところが、裏を見ると...

c0213220_5482847.jpg


ハーブ=薬草のテーブルが設置してあり、地元の上質なハーブの販売をしていました。こういうお店を見ると感動するのですが、時計の装置がわかる人ですから優秀であること間違いなし。昔は典型的なユダヤ人の仕事。薬草も医者の多かったユダヤ人のスペシャリティーですから、もしかしたらこのおじさん、ユダヤの血を引く人かもしれませんね。スペイン国境にも近いこの地域、かなりスペインから15世紀、16世紀に逃げてきたユダヤ人が隠れ住んでいました。鶏肉のチョリソをはじめ、興味深い隠れユダヤ人の気配を感じるものがたくさん残っていますが、このおじさんもそんな一人でした。また行ってみよう!


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2016-05-06 05:55 | Portugal | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved