Top
ベシャメルソースについて
今日はラジオで聞いたベシャメルソースについての興味深いコメントをお伝えします。スペインにはオリーブオイルに詳しいジャーナリストが何人もおりますが、その中でもグルメで料理もするCarlos Herreraカルロス・エレーラという方の番組は、パートナーがよく聞いていて面白い話は教えてくれるのです。

コロッケで有名なバルからの中継があり、勿論コロッケについての色々な話題があったようです。まず大切なのは揚げる時に使うオイルの質と種類だと思っていたのですが、それだけではないようです。よくバルでコロッケを食べるのですが、油が古かったり質が悪いとお腹がもたれますよね。適当なところではだからコロッケは食べないのですが...

c0213220_9312427.jpg


スペインのコロッケは日本のジャガイモのマッシュを使うタイプのものではなく、メジャーなものは圧倒的にベシャメルベースで作られます。人によってはコンスターチを入れるのですが、このコンスターチ入りも美味しいとは思えず、これが胃がもたれる原因のひとつかとも思っていました。

ところが、軽くて美味しいコロッケ作りに大切なのは、ベシャメルソースでありバターでなく上質なEVオリーブオイルで作るべきだと言うのです。なるほど私は大きく納得してしまったのですが、上質でデリケートなEVオリーブオイルは、品種によってはまるで溶かしバター同様なのです。

私が日本で紹介しているオリーブオイルの中でも幾つかおすすめのものがあります。ベシャメルを作る時、100%EVオリーブオイルではなく半分はバターにして濃厚で独特なアロマを楽しめるようにしていたのですが、今日の専門家の話ではEVオリーブオイルの上質なもので作るのが、食感もアロマも仕上がり状態もベストだというのです。しっかりとした品質のオリーブオイルだけが出来るマジックだそうです。こういうデリケートなソースほど、材料の質の違いが表れるのでしょう。

c0213220_9394430.jpg

こちらが私がおすすめするベシャメルやマヨネーズに最高にマッチするEVオリーブオイル。早摘みオリーブではなく熟成したオリーブが使われていますので、苦みや辛味がなくとてもマイルド。まるで溶かしバターなのです。使われている品種はアルベキーナとピクアル。

お問い合わせは:パワジオ倶楽部・前橋
☎027-254-3388


まだ100%EVオリーブオイルでのベシャメル作りは実施していませんが、これはたくさんの健康を重視している方々にお伝えしたいと思い、早速ブログにまとめました。

c0213220_9443279.jpg


こちらはベシャメルたっぷりの料理。ポルトガルのオリーブ農園CARMで食べたカリフラワーとブロッコリー、ポテトをふんだんに使ったタラ料理。これこそ”コンフォートフード”と呼ぶのに相応しいポルトガルの家庭料理です。

皆様も是非ベシャメルソース、上質なEVオリーブオイルで作ってみてください。ポイントは上質でマイルドであること。アルベキーナ種などがおすすめです。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2016-01-14 09:50 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
サルチーチャ作り

スペインは『東方の三賢人』のパレードも終わりクリスマスと新年行事が一段落。7日からは普通の生活に戻ります。年末から年始日常生活が夜更かしなどで狂うので、なんだかクタクタです。

今年早速オーダーしたキッチン用品、それはソーセージ作りの道具!まだ届いていないのですが、冬スペインはサルチーチャやチョリソを作るシーズン。今年はホームメイドサルチーチャに挑戦です。写真は先日田舎で見かけた可愛いショーウインドーの様子。

c0213220_10303459.jpg


このお人形さんたちソーセージ作りをしているのです。昔のソーセージ作りは豚を一頭を使い一年分の肉の加工品を作ったので、一家の一大行事だったのです。今でも田舎の農家などでは親戚まで集めてこのマタンサという行事を大々的に行う家も多くあります。

c0213220_1033957.jpg


このオブラートのようなものに肉のミンチを詰めてソーセージにします。紐は典型的なソーセージ用の紐。色によってソーセージの種類の違うものを見比べられるようにします。まずはフレッシュなサルチーチャをマスターし、少しづつ色々な種類を作れるようになろうと思います。マスターしたら日本でお料理教室でも紹介できるようにします(^▽^)/

c0213220_1039683.jpg


新年早々新商品の販売も開始しました。ピメントンというスペイン独自の唐辛子のスモークパウダーですが、これが多種多様な料理に大活躍するのです。もちろん、ソーセージ作りにも欠かせません。日本でよく見かけるチョリソやアヒージョ料理に絶対必要な調味料です。最高の品質のピメントンをやっとパワジオ倶楽部で紹介開始したので、是非お試しくださいね。

c0213220_1036308.jpg


新年に入ってからスペインはやっと冬になり、よく霧に覆われています。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2016-01-06 10:44 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
2016年マドリードでの新年
皆様、明けましておめでとうございます。
お陰様でマドリードで無事2016年を迎えることが出来ました。大晦日から元旦に掛けては友人宅でお誕生会をしながら楽しいディナーをいただきながら過ごしました。

c0213220_9572663.jpg


c0213220_9581693.jpg


c0213220_95925.jpg


私がオールドファッションの料理が好きなことは皆様ご存じだと思いますが、こういう料理が一番好きです。ローストビーフはクラッシックな料理ですが、上質なビーフとグレイビーソースやマッシュポテトがあると至福のご馳走です。この日もジャガイモは特別なものを使っているので、本当に夢のように美味しいマッシュポテトでした。フェンネルやザクロもバッチリマッチ。ラズベリーゼリーもやっぱり欠かせません。

c0213220_1091685.jpg


私は我が家の定番洋梨のケーキを持参しました。ここは食通ばかりの家なので、ちょっと心配だったのですが大喜びしてもらえました。(;'∀')

c0213220_1025321.jpg


c0213220_1044382.jpg


クリスマスもこの友人の家で過ごしたのですが、ここは美女ファミリーで88歳のお母さまの美しさは伝説になると思います。現在でも現役の画家として活躍しており、テーブルに座っている男性は40代前半の画家で彼女の友人。私もこんな風に年を重ねたいと思い、彼女に会えるチャンスがあれば出向いて話を聞いております。スペインで最も尊敬する女性です。

c0213220_1012054.jpg


ディナーは翌朝まで続き、美術や歴史についての会話は尽きず、またまた家に戻ったのは朝の5時。興味のある偉大な画家について聞くのは、やはり優れた画家が一番。画家がどんな風に苦労して色々なテクニックをあみ出し、それを絵に反映させているか、やはり同じ苦労をしている画家が一番うまく説明してくれます。フェルメールなどが使っていたレンズのことなど、とても勉強になりました。

写真はご覧のとおり、この男性画家DAOが描いたBetsy Westendropの肖像画です。超写実的な作品はスペインが世界的にもトップレベルにありますが、スペインが誇る絵画の歴史に支えられています。Daoはチリ人、外国人の視点からスペイン絵画の素晴らしさを語ってくれました。スペイン絵画は奥深くより飾り立てずに真実を描くので、非常に理解することが困難であることなど、私も思っていたことを上手く説明してくれました。それにしてもこの写真の絵、すごい作品だと思いませんか。絵と同じ服装で写真撮りをしました。

c0213220_10245016.jpg


そして、本日新年最初のお出かけはプラド美術館へ。どうしてももう一度Moralesモラレスの展覧会を観たくて行って参りました。もう一回訪問して正解でした。17世紀スペイン絵画、まだまだ知らないことばかり。今年も楽しくなりそうです。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2016-01-03 10:32 | Madrid マドリード | Comments(2)
友人ファミリーとの週末
今年はとても嬉しいニュースがありました。30年来のフランス人の友人がポルトガルに家を買い、なんと年間の半分近くをノルマンディを離れてポルトガルに住むことにしたのです。私たち夫婦が最も尊敬する中世の建造物の修復専門の建築家で、石と会話が出来る数少ないスペシャリストなのです。夏の終わりに彼の家を訪問したのですが、その時のことはまたまとめるとし、今日は彼らと過ごした旅についてリポートします。

c0213220_7175046.jpg


Plasenciaプラセンシアという美しい町にあるパラドールで待ち合わせ。私は前日疲れが貯まっておりワインを2杯飲んだだけで寝てしまったので、朝食で友人ファミリーと合流。朝から話題が止みません。

c0213220_7213043.jpg


食事の後は早速カテドラル訪問。修復専門家を私たちが案内。私たちと好みが合うといいのですが...少々懸念してましたが、やっぱり好みは同じでした。逆にいつも目の行かないところへ目を向けるチャンスをいただき大満足。写真はカテドラルの噴水の蛇口についてレクチャーを受けている様子。


c0213220_7295373.jpg


c0213220_7325493.jpg


グレゴリオ・フェルナンデスによる荘厳で豪華絢爛な17世紀スペインの祭壇彫刻をじっくりと観た後は急いで移動。見せたいものがありすぎて、実は大急ぎの旅でした。

c0213220_7354775.jpg


途中、Monfragueという自然公園でハゲワシを鑑賞。イベリア半島で最も大きい野鳥ですが、それが何百とここでは飛んでいるのです。いつみても見惚れてしまいます。

c0213220_7401513.jpg


昼はパートナーの故郷同様の町Trujilloトゥルヒーリョで。友人ファミリーにとってもお気に入りの町になりました。

c0213220_742562.jpg


c0213220_7452476.jpg


食事はあまりに楽しかったので料理の写真はすっかり忘れ、ハッと気づいたらこんな感じでお皿は見な食べた後。でも美味しさと楽しさが伝わりますよね。そして、またまた急いで移動。この町の教会にあるフェルナンド・ガイエゴズの祭壇画を観に。

c0213220_7494791.jpg


素晴らしいコンディションで残る15世紀の祭壇画。何度も何度もコインを入れて照明を灯してみんなで鑑賞。流石、子供たちも美術品鑑賞が大好きで、キリスト教徒でない私にシンボルの話などもしてくれました。最近、こういう伝統に興味を持つ若者が少ないので、彼らの存在は心強いものとなりました。

c0213220_756105.jpg

微笑ましい親子の姿。理想的な関係です。

c0213220_7584217.jpg

奥様との関係の方が私たちは短いのですが、とっても優しい女性で私たちは20年近く仲良し。こういう交流関係が持てることを本当にラッキーだと思います。

c0213220_822364.jpg

本当はこの町で泊まりたかったのですが、私たちが次の日マドリードで用事があったので、また移動。どうしても見せたかったGuadalupeグアダルーペの修道院へ。

c0213220_875833.jpg

ほぼ貸し切り状態で修道院内に滞在。スペインで最も美しい修道院のひとつにこんな風に滞在できることは友人にとっても夢のようなことだったそうです。確かに初めてここに泊まった時のことは、私も忘れられませんが、そのくらいインパクトのある感動がある場所なのです。

c0213220_8141372.jpg

朝から散策。ほぼ貸し切りだったので、そこら中を覗いてきました。

c0213220_8164859.jpg


朝食後は中庭を通って修道院見学の開始。数時間使っても足りないくらい、ここの美には惹きつけられてしまいます。友人は夕暮れまでここで写真を撮って過ごしたそうです。

c0213220_8215663.jpg


言葉にならない美しさ。

c0213220_8265779.jpg


友人ファミリーとの旅はここで終了。新しいプロジェクトの話も生まれ、次の旅の計画もはじめ、改めて友人と過ごす時間の大切さを学んだ週末でした。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-12-29 08:30 | Trip 旅 | Comments(0)
クリスマス料理
クリスマスとかお正月の事を考えると、とにかく美味しいものが頭に浮かび、どうしても食材を買い込んでしまいますが、皆様そんなことはありませんか。クリスマスイブの前から、友人とミニ旅行をし、その後はポルトガルの取引先を訪問。どこへ行ってもクリスマス料理です。そろそろ食べることを止めたいのですが、このシーズン質素な食卓では気が滅入るので当分食べるしかないようです。

c0213220_771250.jpg


これは我が家の定番のオーガニックチキンロースト。骨をお肉屋さんで全て抜いてもらい中に詰め物をします。これはクリスマスだけ食べるわけではないのですが、栗やトリュフを入れドライフルーツのソースで食べるのが私たちが好きなスタイルです。

c0213220_7104234.jpg


チキンやターキーはどうしてもパサつくので、こんな風に中に色々詰めるようにすると美味しく数日食べられます。黄色く見えるのはドライの杏。

c0213220_7123275.jpg


栗やトリュフ、ドライフルーツ、リキュールを入れて一晩詰め物は寝かせます。これで味が深まります。今年は美味しいパンがあったので、それをオリーブオイルで揚げクルトンにして詰めました。よりふわふわ感が出て美味しく仕上がります。

c0213220_7153499.jpg


ソースは野菜ベースですが、チキンストックと赤ワインを使い、プルーンをたくさん入れます。

c0213220_7212471.jpg


仕上がりはこんな感じです。オーガニックや放し飼いのチキンは奥深い味があって、本当にお肉が楽しめます。鶏のためにもどんどんこういう放し飼いチキンが増えるといいなぁと願っています。確かに値段は違いますが、栄養面でも鶏のことを考えても大きなメリットがあると思います。肉は毎日食べる必要ありませんし、少しでも質の良いものにこだわりたいと日々思います。

最後にデザートはこちら。ポルトガルへ行ったので、田舎のお菓子屋さんでロスコン・デ・レイエスやその他のお菓子を買い込んできました。ドライフルーツの使い方がスペインよりも豪華で、私はロスコンはポルトガルのものの方がずっと美味しいと思います。

c0213220_7255846.jpg


益々食べ続ける日が続きますが、皆様クリスマスを満喫しましょうね。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-12-27 07:27 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
クリスマスディナー2015

今年も残りわずか、クリスマスイブは尊敬する友人宅で恒例のディナーを楽しんで参りました。

c0213220_4104660.jpg


生活に文化と伝統がしっかりと染み込んでいるこのファミリーとの関係は、スペインでずっと生活している私の中で最も強く影響していると思います。女性画家として有名な80歳を超えても現役の画家を中心に、私たちの価値観とセンシビリティはいつも刺激を受けています。

c0213220_4153543.jpg


食事の内容も食器やカトラリーどれを見ても、長く培われたセンスを感じます。

c0213220_4172467.jpg


今年のメニューは少しアメリカンなメニューでターキー。グレイビーソースの他に栗のクリームやビーツのゼリー、コーンなどが付け合わせ。前菜はサラダとシーフード。

c0213220_421198.jpg


デザートはホームメイドアップルパイ。アップルパイにも色々ありますが、こちらのパイはいつも素晴らしい出来のパイで感激します。アイスクリームと共にいただきました。数日前に私がポルトガルから戻ったばかりなので、ポルトガルのクリスマス菓子も登場。ロスコンのような菓子パンの中にカボチャが入っている美味しいお菓子でした。

c0213220_4235244.jpg


このファミリー、実はマドリードでも有名な数代続く美女のファミリー。パートナーも毎年美しくなる姪のように可愛がっている娘さんたちに囲まれ楽しそうでした。年齢と共に子供だと思っていた少女たちと色々な会話が出来るようになるって、本当に嬉しいことですね。

食後は美術や歴史の話で盛り上がり、家に戻ったのは朝の5時半でした。
またひとつ良いクリスマスを過ごすことが出来ました。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-12-26 04:27 | Madrid マドリード | Comments(0)
ヴォロヴァン
すっかりクリスマスムードですね。ただ今年は暖かすぎて地球の異常気象がやはり心配になります。
この季節になると美味しいものが食べたくなり、料理もあれこれ作りたくなりますが、皆様そんなことありませんか。昨日、久しぶりにお気に入りのパティシエのところに行ったので、ヴォロヴァンを買ってきました。ヴォロヴァンはやはり腕のいい職人パティシエのところのものでないと満足できません。

c0213220_246864.jpg


ヴォロヴァン典型的なパイ生地にソースを絡めた具を詰めるフランス料理ですが、私はオールドファッションな料理に目がないので大好きで、上質なヴォロヴァンさえあればシーズンの食材を使って詰め物を変えて作ります。

c0213220_2493286.jpg


これは手長エビとマッシュルーム入り。チェダーチーズ入りベシャメルソースを絡めてあります。
デザートでワクワクする人が女性の場合多いと思うのですが、私はこういうパイ料理とかに特にウキウキする方で、美味しいヴォロヴァンがあるお菓子屋さんはなくてはない存在です。ケーキを買うよりパイ生地を買いに通っているくらいです。

因みに、マドリードでベストのヴォロヴァンのひとつは、La Roijanaという王室御用達のショップ。何をいただいても美味しい素晴らしいクラッシクなお店です。いつかもっとお菓子を紹介しますね。

c0213220_2545830.jpg




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-12-16 02:56 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
サラマンカの応援したいレストラン En la Parra
先日、サラマンカのオープンしたばかりのレストラン”En la Parra”へ行ってきました。若いご夫婦が二人で運営しているとても良いレストランで、一気に応援したくなりました。サラマンカというと大学の町なので、どうしても学生向きの店舗が多く、私は好んで食べに行く町ではなかったのです。今回もどうしても旅の途中、サラマンカで食事をせねばならず焦って探したところ、運よくこのレストランの情報を入手。ちょっと不安だったのですが行ってみて本当に満足です。

c0213220_9142619.jpg

サラマンカは最高級の生ハムの産地。まずは生ハムのスティックから始まりましたが、どんぐり豚のとても上質な生ハムが登場。いい感じで始まりました。

c0213220_9164819.jpg


これは子羊ののど部分をソテーした料理。とても柔らかく美味しい部位なのですが、伝統的なスタイルとは違い軽くて量もぴったりでした。

c0213220_9185215.jpg


今回のメニューはキノコを重視したメニュー。特にポルチーニなどはどんな風に登場するのか楽しみだったのですが、こんなカルパッチョでアジア風の麺と食べる料理でした。パスタというよりも麺という表現があう仕上がりで、ソースにはヘイゼルナッツが使われていて最高に美味。これだけまた食べに行きたいくらい。

c0213220_9243593.jpg

ここまで飲んだワインは、お気に入りのBierzoのオーガニックワイン。

c0213220_9264571.jpg

ここからはやはり大好きな赤ワイン、エクストレマドゥーラのオーガニック Habla del silencio.

c0213220_9285726.jpg

名前は忘れてしまいましたが、キノコのリゾット。日本からの友人は大満足してました。

c0213220_9302077.jpg

魚はスズキ。とても良い焼き上がりで皮までしっかり食べられました。フロールデサルもちょうど適量。

c0213220_9313982.jpg

プルマという部位のどんぐり豚。ミディアムくらいの焼き具合にしていただきましたが、主人は勿論レア。ほとんどのスペイン人がレアで食べると思います。柔らかくて脂ののりも適度な最高な部位です。皆様、大感激。美味しいどんぐり豚を食べていただき、私も大満足。

c0213220_9342256.jpg

モヒート味のデザート。

c0213220_9352790.jpg

チョコレートケーキも食感が独特で甘さも控えめ、好みの味。益々、このレストランが気に入ってしまいました。

c0213220_938253.jpg

最後のお茶菓子も遊び心が感じられ美味。

女性の料理だなぁ~とつくづく思いました。全体にやさしい柔らかさがあり、また食べたいなぁ~と感じさせてくれるとても楽しい食事でした。これでサラマンカに食事に行く理由が出来て、仕事でポルトガルへ行く途中に立ち寄るところが増えました。

ロケーションも素晴らしいルネッサンスのサン・エステバン教会の前。窓から見える風景も心を満足させてくれます。

c0213220_9444890.jpg

また近々行って新しいメニューを楽しんできます。今月は子羊料理になっているようです。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-12-03 09:47 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)
バルセロナで農園料理
しばらく日本の事ばかり書いていたのでスペインに飛びます。
数年に一度一緒に旅をする友人たちと、バルセロナ郊外にあるお気に入りの農園レストランでカタルニアの伝統料理を楽しんで来ました。

c0213220_7273737.jpg


こういう昔のままの空間が大好きなのですが、料理も古き良き時代を思わせる味付け。本当にこういう空間に身を置くと豊かな気持になります。

c0213220_7293316.jpg


カタルニアに来たら外せないのが、このトマトを塗ったパン。もちろん、アルベキーナのようなマイルドなEVオリーブオイルも掛かっています。これが美味しいのですぐに食べ過ぎてしまうのですが、しっかり料理を食べるためにはパンを控えることが重要です。

c0213220_7311923.jpg


パプリカとナスのオーブン焼きのサラダ『エスペンカット』も大好物なので必ず食べます。ここのエスペンカットは仕上がりが綺麗で驚きました。流石。

c0213220_733770.jpg


そして、みんなが楽しみにしていたのがフィデグア。パエリャのパスタヴァージョンになります。シーフードの出汁がしっかりと効いた最高に美味しいフィデグアでした。友人たちも大喜び。何度もおかわりしてました。

c0213220_7345117.jpg


c0213220_7354240.jpg


フィデグアだけなら食べられると思うでしょうが、実は私たちフィデグアを食べる前にコロッケからしし唐のフライ、トルティーリャ、カタルニア風のソーセージ入り豆料理など一連のものをたっぷり食べていたのです。その後にフィデグアなので、皆さんの食欲に私も驚きました。

c0213220_738929.jpg


これがカタルニアのブティファラというソーセージ入りの豆料理。実は私はこれを一番楽しみました。カタルニアのソーセージは大好きなのですが、プラスこの小粒のインゲン豆が最高に美味しいのです。カスティーリャ地方ではおなじような豆はずっと大きく、皮も厚いのですぐにお腹が満腹になってしまうのですが、これはデリケートで、すっかりファンになってしまいました。

c0213220_7405681.jpg


食事はまだまだ続きます。こちらは軽めのベシャメルソースをかけたサーモン。とても高品質な良いサーモンで美味しかったのですが、大きすぎていくらなんでも半分でギブアップでした。

c0213220_7422437.jpg


デザートは、チョコレートケーキ。これも軽かったので完食した友人もおりました。私は半分でストップ。

c0213220_7445537.jpg


最後はモスカテルという甘いぶどうを使ったデザートワイン。アモンティーヤードのような香りが微かにある美味しいものでした。ポロンという伝統的な回し飲み用のガラス容器に入っていたのですが、私たちは上品にポロンからグラスにワインを移していただきました。

c0213220_7472623.jpg


友人たちと美味しいものを囲んで楽しむひと時、何よりも大切にしたい時間です。それにしても食べ過ぎました。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-11-25 07:48 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
京都の美味しいケーキ屋さん『ポワンプールポワン』
しっかりとした考えを持ち、毎日クリエイティブに仕事をしているパティシエやシェフに巡り会えることは何よりの幸いです。京都のポワンプールポワンのオーナーご夫婦は、まさしくそんな方々でした。

c0213220_0175789.jpg


パティシエであるオーナー、今とてもパンに凝っているそうで、美味しそうなパンがケーキのショーケースの上にずらり。どれも食べたくなるものばかり。でも、私が狙っていたのは、なんとCasas de Hualdoカサス・デ・ウアルド社のコルニカブラというかなり苦味のある個性的なEVオリーブオイルを使ったチャパータサンド!このサンドの話を聞いた時から食べたくて仕方がなかったのです。

c0213220_0211559.jpg


サラダと半熟卵付きで、こんな美味しそうなチャパータサンドなのです。お味は説明難しいのですが、本当にコルニカブラのほろ苦さがパンにマッチしていて、もうひとつ食べたくなる旨さなのです。そして、こだわりのお店だけあり、卵の美味しさが抜群!びっくりする朝食でした。

c0213220_0235810.jpg


店内のディスプレイもかわいくてお洒落。大好きなお店になりました。そして、何より見ていて楽しかったのが、京都の皆様のやりとり。オーナーとのコミュニケーションがとても穏やかで、見ていて心が和む姿でした。京都の時間の流れには、どこか余裕を感じます。

c0213220_0274180.jpg


こんなカラフルなプチマカロンが豊富に取り揃えられていて、思わずほとんどのフレーバーを購入。自宅で姪たちといただきましたが、あっという間に姿を消しました。

c0213220_026648.jpg


急いで行ったにも関わらず最高の時間を過ごさせていただきました。京都の皆様の食に対するセンスと伝統の味覚に感謝感謝です。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-11-03 00:34 | 日本 | Comments(0)
NOMA Cafe in Kyoto
京都でいつもスタイリッシュで都会的なムードを楽しませてくれる場所NOMA Cafe。オーナーが自らのセンスで選び抜いた品々が、いつもとても素敵です。

c0213220_0163766.jpg

ファッショナブルなオーナー。スタッフの皆さんも美味しいものを手作り。メニューを見ているだけで、楽しんでお料理を選んでいることが伝わってきます。何もかもが美味しい京都のカフェといえば、やっぱりここ!

c0213220_0192311.jpg

嬉しいことにパワジオ倶楽部のフロールデサルやヴィネガー、そして私の料理本も販売していただいています。感謝感謝です。こんな美味しくておしゃれなカフェでご紹介していただけるなんて、これ以上光栄なことはありません。皆様本当に有り難うございます。

c0213220_0215661.jpg

今回はアイルランド人の親友のことを思い出しながら、キャンベルズティーをいただきました。ご馳走さまでした。また行きま~す。

ギャラリーでもとても可愛い器を購入したのですが、それはスペインに戻ってからお伝えします。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-10-28 00:24 | 日本 | Comments(0)
レストラン『エピス』とコルニカブラ
しばらく大好きな京都でのオリーブの話を続けます。

まず最初に訪れた美味しいレストランは『エピス』さん。井尻シェフの板前さんのようなキレの良さが魅力のレストランですが、お料理はフレンチ。素晴らしい町屋の中にあり、もちろん坪庭付き。次回はお庭の向こうに見えた個室でお食事をしたいと思いながら、カウンターでスタッフの皆様の動きをみながらお料理を堪能しました。それにしても暖簾って素敵。。。

c0213220_22494154.jpg


京都ならではの風情のある建物...

c0213220_22512142.jpg


野菜のテリーヌ日本で人気ですね。みょうがもあり、日本らしさが出ています。

c0213220_2252274.jpg


お気に入りになったのが、このゴボウのポタージュ。最高にデリケートな香りで一口で虜になる味。
日本にいるのが嬉しくなるお料理です。

c0213220_22533781.jpg


そして赤ワインソースを添えた京都のポーク。美味!

c0213220_2332664.jpg


何より嬉しいのがこちらのレストランでは、カサスデウアルドのコルニカブラを好んで使ってくれていること。コルニカブラはほろ苦さが最初に強いので、日本では少し難しいオイルかなぁ~と感じていたのですが、流石京都、この大人の味の苦さをよ~く理解してくれるのです。後味の心地よさと独特のクリーミーさが不思議と京都の皆様の味覚に合うようです。

c0213220_236146.jpg


また一人素晴らしいシェフに巡り合えた思い出深い一日でした。

c0213220_2391144.jpg


私の京都の最強のパートナーAn's Table代表の森澄子さん。どうも有難うございました。




クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-10-22 23:10 | Olive オリーブについて | Comments(0)
An's Table主催のオリーブオイル&フレンチを愉しむ・極上ディナーの夕べ
10月17日京都、Restaurant『青いけ』にて、素晴らしい極上ディナーの夕べに行って参りました。企画はオリーブオイル販売しているAn's Tableさん。メニューには6種類のEVオリーブオイルを全て使用。それぞれのオイルの特徴を生かしたお料理を作っていただきました。

c0213220_22241753.jpg


実はこのオリーブオイルを使ったディナー会は数年前から計画しており、今回An's Tableさんの努力でこのように実現することが出来ました。ワインのようにオイルを味わうおしゃれな会。お料理の美味しさだけでなく、オイルの奥深さや可能性を発見する機会になります。

c0213220_2226363.jpg


ご覧のとおり参加者は、食や芸術・伝統という京都ならではの土地柄だからこそお会いできる魅力的な女性ばかり。女性だからこそ深められるオリーブワールドとなりました。

c0213220_22292795.jpg


乾杯の音頭は、伝統和紙の世界を変えた偉大な女性アーティスト堀木エリ子さん。いつものように楽しくて勇気が湧いてくるお話をしていただきました。

c0213220_22313659.jpg


最初に3種類の特徴の違うオイルを皆様に試していただき、特にそれぞれの味と香りを知っていただきました。器の始まりはシャガールから。芸術的なオイルには、同じように芸術が器にも必要です。

c0213220_22332873.jpg


c0213220_22352239.jpg


オイルのテイスティンググラスよりも、ワインのグラスの方がオイルの色が見えてこういうディナーの場には生えるので、ワイングラスをセットしていただきました。素晴らしく美しいと思いませんか。

c0213220_2236523.jpg


c0213220_22375758.jpg


お料理はチーズのムースから野菜のブレッセ...

c0213220_22384140.jpg


c0213220_22395716.jpg


ホタテ、バーニャカウダソースの野菜...

c0213220_2241398.jpg


c0213220_22412418.jpg


金目鯛のナージュから京もち豚のロティ

デザートはガトーショコラとシャーベット

そして、大好評だったのが最高級のカサスデウアルド『レセルバデファミリア』を使った塩クッキー。素晴らしい濃厚な上品な風味に誰もが感動。バターを使わなくても、こんな上品で薫り高いお菓子ができるのです。あまりの美味しさに写真は忘れてしまいました。

c0213220_22451421.jpg


大変時間をかけてこのメニューを考案してくれた青池シェフ。食事の前と後に説明に来てくれました。若手の有望シェフがこのような企画に挑戦してくれることは、本当に光栄ですし、今後の京都の食の歴史にも大きな好影響があるのではないかと思っています。お隣は企画をしてくれたAn's Table代表の森澄子さん。彼女の熱意が今回の成功を呼びました。そして、記念写真の左に写る女性(株)タピエ代表の玉井恵里子さん。彼女のサポートで四条烏丸LAKUEにあるタピエスタイルでのオリーブ祭りVol.2も実現させることが出来ました。お二人のお力がなかったら今回のイベントは実現できませんでした。

c0213220_2249817.jpg


最後に記念すべきこのディナー会の記念写真。
全ての方があらゆるジャンルで伝統文化を伝える方々ばかり。なによりも勇気づけられ前に進む力をいただきました。参加者の皆様、またここにはいらっしゃりませんがサポートをしてくださっている皆様、本当に有り難うございました。次回はもっと多くの方にオイルの魅力を知っていただけるよう、違うメニューでまた会を開催したいと思います。前橋地元でも同じような会が開催出来るよう計画中ですので、どうぞ皆様お楽しみに。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-10-21 23:00 | Olive オリーブについて | Comments(0)
日経ヘルス

日経ヘルスの『正しい油ダイエット』特集号に掲載していただきました。

c0213220_9222787.jpg



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-09-09 09:22 | Project プロジェクト歴 | Comments(0)
久しぶりに庭巡り

海外に居ると突然特定のサイトにアクセスが出来なくなったり、不可解なハプニングがあるものです。今年の夏はなぜかエキサイトブログにアクセスできず、すっかりご無沙汰してしまいました。理由は分かりませんが、また正常に戻りましたので夏の体験を書かせていただきます。

c0213220_8232758.jpg


ここはCastelo Brancoカステロ・ブランコというポルトガルとスペインの国境にある町。前々からこの可愛いらしいガーデンを訪問したかったのですが、簡単に通り掛かるような場所ではなく訪問するのに10年くらい時間が経過してしまいました。

c0213220_8264180.jpg


資料によると16世紀に司教の宮殿が建設されたそうで、庭園の起源もその時なのだと思いますが、18世紀に大改築が施されており、現在の形はバロックスタイルの影響が強く残っています。スペインからポルトガルに行くと何もかもが小さいサイズになりますが、この庭園も同様全てがミニチュアのようで独特の魅力があります。現在も残るような庭園は大きなものが多いのですが、ここは誰もが微笑ましく思うようなミニサイズ。こんな庭が欲しいなぁ~と何度も感じました。

c0213220_8373785.jpg


中でも特に気に入ったのがこの池。狭い空間をギリギリまで活用して、ずらした長方形の池が波をうつような形の彫刻と共に作られています。実際のスペースよりもずっと広く感じる効果があり、これをデザインした庭師はすごい。やっぱり池は庭に欠かせない要素と確信しました。

c0213220_8422379.jpg


庭はあらゆるアングルから楽しめますが、高低差も計算されており、色々な段階で違う池に巡り合うようになっています。このクラウン付きの噴水デザインも可愛くてポルトガルらしさを感じます。

c0213220_855243.jpg


こちらは歴代のポルトガル王が並ぶ階段。この彫刻のサイズが本当に不思議なサイズ。ヨーロッパの他の国では見たことのないミニサイズなところが、本当に面白い庭を形成してくれています。

c0213220_902553.jpg


場所が場所なので滅多に訪問するチャンスはないと思いますが、もしもBeiraというこの地方を訪問することがあったら、訪問する価値のある綺麗でかわいいお庭でした。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-09-09 09:02 | Portugal | Comments(0)
Gastelgatxe ガステルガッチェ

6月は清々しい旅には理想的な季節。
先週グリーンのバスク地方を満喫して参りました。

c0213220_5532784.jpg


ここは前々から訪問してみたかったSan Juan de Gastelgatxeサンホワン・デ・ガステルガッチェ難しいバスク語の地名ですが、『岩城』を意味しています。9~10世紀が創立と言われる教会があり正真正銘の神秘的な聖地です。

c0213220_5594034.jpg


足場の悪い細道を1時間半くらい掛けて歩くと教会に到着するようですが、私は仕事の後、たまたま運よく通りかかっただけだったので、時間がなくて途中で諦めました。本当は体力的に無理だったのですが...靴も服装も準備をして出向かないと、この教会まで到達するのは一苦労です。

c0213220_642048.jpg


どんなワイルドで美しい場所か写真だけでお伝えするのは難しいのですが、いつ妖精が現れてもおかしくないような空間です。教会は見えたり見えなくなったりするので、段々と上がったり下がったり苦しい思いをしながら島に近づいていくのが快感です。スペインには巡礼のための美しいところが数多くありますが、ここは海岸地帯ではナンバーワンのおすすめ巡礼地。いつかもう一度、一日がかりでここは訪問しょうと思います。

c0213220_6105989.jpg


c0213220_6132554.jpg


次回訪問する時は、少しバスクの民話などを読んでから行ってみたいと思います。



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-06-24 06:14 | Trip 旅 | Comments(0)
セルバンテスの遺骨

マドリードは観光スポットを開発することに熱心で、セルバンテスの遺骨探しに今年は燃えていました。昔からマドリードのLas Trinitarias教会に埋葬されたことはわかっていたのですが、21世紀になってやっと遺骨を探すべきだと思ったようです。

c0213220_7254469.jpg


セルバンテスは貧しかったために共同墓地のような場に埋葬されたので、結局彼の骨と断定できるものはないのですが、ある棺の中に数人の人と共に間違いなくセルバンテスのものと言えるものが発見されたようです。

マドリードのこの地区はBarrio de las Letrasと呼ばれ、同時期に活躍したロペ・デ・ベガ、ケベドもこの辺りに住居を構えており、とてもいい雰囲気の地区です。セルバンテスが埋葬されている教会の裏には、ロペ・デ・ベガの家が博物館として残っており、いつかこのブログでも紹介したいと思っています。それにしてもこれらの偉大な作家の墓が、あまり断定できないというのもスペインらしい話です。ケベドなどは埋葬されてすぐに墓荒らしというか墓泥棒にあい、骨はどこかに消えてしまったようです。誰も埋葬された場はわかるのですが、正確に遺骨はないのです。

シェイクスピアのようにセルバンテスの墓も多くの観光客が訪れるようにするのだと思いますが、セルバンテスのようにスペイン文化のために貢献した人の墓が、やっと今頃になって見直されるというのは、あまり誇りに思えません。波乱万丈な人生を過ごしたセルバンテスにはピッタリのエピソードですが、観光資源として考えられた時、はじめて遺骨が見直されたという良く考えるとずる賢い話です。

c0213220_7324646.jpg


昔からこのようにセルバンテスが埋葬されていることは教会の壁に示してありました。
とにかく、一度訪れる価値がある地域ですので、マドリードを訪れる際には是非どうぞ。

クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-06-11 07:40 | Madrid マドリード | Comments(0)
Caracolesカラコレスとヴィネガー

今週はヴィネガーメーカーを訪問するために、カタルーニャを訪問してまいりましたので、この地のフードレポートです。

c0213220_71125.jpg


いつも日本で紹介できるものを無意識に探していますが、そう簡単に感動を呼ぶものは見つかりません。ここはしばらく前から絶対に訪問する必要があると思っていたのですが、想像以上に素晴らしく、伝統を守りながら進化を続ける職人の優れた空気に接触する機会に恵まれました。古いメーカーさんを取り巻くものはすべてが大切にされているので、心地よさがあたり一帯に充満しています。こういう人達には見習うことが一杯ありますが、コンタクトを持てるだけでも、自然に何か吸収していけると思います。

ヴィネガーについては日本に到着する頃になったら再度お話しますが、運よく今週この町は『カラコレス=エスカルゴ=カタツムリ祭り』の時で、今まで食べたカタツムリの中で一番美味しいモノに巡り合えました。

c0213220_75178.jpg


珍味と呼べるようなモノはなんでもそうですが、最高のコンディションで食べないとなかなかその良さがわかりません。カタツムリやエスカルゴは嫌いではないのですが、進んで食べたいものでもありませんでした。今回食べたものは養殖ではなく天然のもの。炭火で塩・胡椒だけで食べるのですが、一応マヨネーズとトマトの特別ソースもつけられます。

c0213220_763134.jpg


よくカタツムリは『大地のシーフード』と呼ばれるのですが、食感も味もそのとおり。まるでシーフードを食べているようです。この地域の人は週一回くらいカタツムリを食べるそうですが、こんなに美味しいのであれば毎週食べたいです。このレストランが近ければ通いたいくらいです。ご覧のようにしっかり全部食べました。

c0213220_782386.jpg


前菜から最高に美味しいトマトやレタスがシンプルに登場し、感動続きのレストランでしたが、本当になにもかもが私の理想とする地中海の伝統を感じるお料理でした。パンの炭火焼も最高!微かににんにくが塗られ、デリケートなアルべキーナ種のEVオリーブオイルが掛かっていました。

c0213220_795086.jpg

c0213220_7102961.jpg


カタツムリ以外に食べたメインのロンガリサというサルチーチャもホームメイド。スパイスの具合が素晴らしく、ここに弟子入りして作り方を教わりたい気分です。上の方に見えるローストした野菜も上品。こんなきれいなエスペンカットを見たのは初めてです。やっぱりしっかりしているところは違いますね。

c0213220_7114468.jpg


デザートはカタルーニャに来ていたので、おすすめのホームメイド『クレマカタラーナ』。言葉にならない旨さでした。卵もミルクも良いものだとすぐにわかる味。甘さも控えめ、キャラメルもパリパリでパーフェクトのでき。天国の食事でした。フレッシュチーズとはちみつ、くるみのコンビネーションのデザートも美味。ここに住んでいたら長生きできるだろうなぁ~と心から思いました。

c0213220_7123540.jpg

c0213220_7134697.jpg



クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-06-07 07:15 | Food Culture 食文化 | Comments(2)
【大人のおしゃれ手帖】で紹介していただきました。

5月に発売となった【大人のおしゃれ手帖】で、キンタ・ド・コアを紹介していただきました。

c0213220_2320318.jpg


記事は、【きれいな人はオイルを手放せない】という素敵なテーマ。からだ全体でオイルを使うことの有効性が語られています。

うれしいとっても良い記事です。チャンスがあったら見てくださいね。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-05-23 23:22 | Project プロジェクト歴 | Comments(0)
Lagarteraラガルテラの伝統刺繍
義母が大好きだったラガルテラーナの刺繍は、陶器の次に発見したスペインの伝統工芸なので、私にとって特別な意味があります。スペインで暮らし始めた頃から、なぜか関係のある刺繍...Lagarteraラガルテラというエクストレマドゥーラの小さな町で作られているスペインの宝のひとつです。

c0213220_8251628.jpg


刺繍といえばサラマンカ、またはラガルテラを思い浮かべるほど、優雅で豪華な刺繍とレースの伝統がある町がここラガルテラ。パートナーの実家で使われていたテーブルクロスやシーツは、ほとんどこの町のものか、修道院で特注で作られていたものなので、ここの刺繍のモチーフを見ると、あらゆる思い出が脳裏に浮かびます。


パートナーの話では、昔まだ今のような高速道路が完備されていなかった頃、この町を通りかかると義母は、町の女性が椅子に座って刺繍をしながら販売しているテーブルクロスを買っていたそうです。今でもパティオや通りで井戸端会議をしながら刺繍をしている人を、時々目にすることがあります。







c0213220_8334067.jpg


町中に近くのプエンテやタラベラで焼かれたタイルの看板があり、ラガルテラーナの民族衣装を装った人々の姿が見えます。こんな可愛い心が温まるタイルを見ると、刺繍やレースなどの手仕事で繁栄してきた地域は、心が豊かだったのだろうなぁ~と思います。世界的にも秀でた写真家として有名なJose Ortiz Echagueホセ・オルティス・エチャグエが、1930年頃にこの町の人々を撮っているのですが、あまりに美しさに目を見張ります。





c0213220_8431089.jpg




こういう人達はきっと自然とハンドメイドで作ったものしか目にしなかったのでしょうね。全く汚染されていない人間の美しさを保っているように思います。現代人がTVやあらゆるメディアで無意識の内に目に入れている破壊された世界は、きっとこういう人たちの周りにはなかったのでしょう。

エチャグエが撮った写真の中には、貧しい人々の画像もあるのですが、誰もが表情が今の人とは違うのです。




Photo by Jose Ortiz Echague







c0213220_8474130.jpg



この民族衣装の豪華さが、日常品にも反映されており、テーブルクロスなども特別な時にだけ使用するリネン100%のものから、普段使いのコットンのものまで区別して作られています。小さい頃から誰もがお嫁入り道具を時間をかけて準備したそうで、シーツからベットカバー、テーブルクロス、カーテンレースと、何もかもがハンドメイドで丁寧に愛情を込めて作られています。一生使えるものばかり...事実、義母のクロス関係のものは、私がかなり受け継いでいるのですが、どれもほとんど問題なく使えます。

テーブルクロスがビニールになり、ペーパーの使い捨てのモノになり、確かに便利になっていますが、何かかけがえのないものを失っているように日々感じます。特に数百年の伝統が失われそうになっているところを目撃すると、今何を大切にするべきなのか、深く考えさせられます。


Photo by Jose Ortiz Echague



c0213220_8552793.jpg


あるお店の様子ですが、微笑ましいタイルと共に楕円の看板が貼られていますが、これはオランダ大使の御用達刺繍店である証明看板です。よくある王室御用達看板と同じようなモノです。よく考えると、この町にスペイン王家御用達の刺繍店が無い事は、とんでもない事だと思います。最近よくスペインという国をブランド化して輸出を増やさなくてはいけないというムーブメントがありますが、こういう国の宝を王家の人たちが守っていなかったら、立派なスペインブランドは生まれないと思います。王家のアドバイザーは、どうしてこういうスペインの誇りを守ろうとしないのでしょうか。どんどん伝統工芸が失われている姿を何年も目撃していると、本当にこういう事には腹が立ちます。オランダ大使が御用達にしているのに...スペイン首相も王も何もしていないなんて最悪としか言えません。





c0213220_934325.jpg

4月5月と日本でオリーブに関する催しを予定しているのですが、今年からもっと食卓を囲む事を文化として捉え、このような伝統工芸もトータルでご紹介出来るようにしょうと思います。食は文化であり、オリーブオイルのような万能薬であり、健康のために欠かせないオイルは、6000年もの時間の経過の中で、今やっと日本で浸透してきています。地中海文明の知恵の賜物は、やはりそれを囲む伝統文化と共に伝えたいと思います。どんな刺繍が日本に届くか、どうぞ楽しみにしていてください。催しは告知させていただきます。








クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-03-28 09:08 | お気に入り | Comments(0)
またまたCarmの農園へ
c0213220_8453592.jpg

もっとブログを更新したいと思っているのですが、なんだかんだとハプニングがあり、なかなか書く体制になれません。もっと意識的に書くということを義務付ければいいのですが...

アーモンドの季節にポルトガル訪問するのは大好きなのですが、今回はオーダーがトラブっており目を光らせていないとトンデモナイ事になりそうなので、急遽行って参りました。もう数日後だったらアーモンドが満開だったと思います。

c0213220_8453592.jpg


今年の小春日和の快晴は少なかったのですが、この日道中は霧が出たりしたのですが、目的地は超快晴。日光浴日よりで、トラブルの処理でなかったらさぞいい写真が沢山撮れたと思います。

c0213220_849259.jpg


一瞬でもトラス・オス・モンテスの美しい景色を見るのはいいもので、あっという間に心が洗われた気分になりました。気が重い商談にも自信がつきます。

c0213220_8511924.jpg


真夏以外の色々な月にこの農園は訪問していますが、やっぱりアーモンドの季節が私にとってはお気に入りのシーズン。なんと今回は誕生日もここで迎えました。

c0213220_8541093.jpg

おかげ様でまだまだ心配事はありますが、商談は無事終了。自分でも昔と比べたら忍耐力というものが、かなり身についたのではないかと思うくらいです。どんな人間関係も育まなければ良い状態にはならないのでしょうね。人生学ぶことが多くて感心しますが、こういう体験をさせてもらい学ばせてもらえることに、感謝しなければいけないのだなぁとも思います。良いモノを作り完成させていくことには、本当に時間が掛かりますね。

ディナーは、いつものように典型的なポルトガル料理。タラがまた違うスタイルで登場。今回は衣がしっかりと付いたタラのフライ料理でしたが、やっぱりキーポイントはCARMの素晴らしいEVオリーブオイルでした。じゃがいもの下にたっぷりとオリーブオイルがあるのが見えると思いますが、このくらいタップリとオイルがないと、塩ダラはパサつく傾向があるので、これくらいがちょうどいいのです。

前菜には、今まで食べたエストレラ山脈で作られる羊のチーズで、一番美味しいと思ったチーズをいただきました。今でも思い出せる感動の風味。スペインの同じようなチーズはもう少し苦いように思います。






c0213220_925159.jpg

ケールを使った野菜のソテーは、いつも本当に美味しいと思うのですが、相当オイルを使っています。日本では考えられないくらい柔らかく野菜は調理しますが、オリーブオイルと混ぜるには、場合によっては野菜は柔らかめに調理すると美味しさが倍増する時があります。私も少しづつ、どんな野菜をどのくらい調理したらベストなのか分かってきた感じです。

c0213220_962172.jpg





デザートはこちらのアロス・コン・レチェ=ライスプディング。このデザートはレシピと、作り手の腕が良く分かるデザートで、美味しいものにはなかなか出会えません。じっくりとミルクでお米を煮るのですが、練乳のような甘さに仕上げるのがポイント。ただ甘さもコントロールする必要があるので、テクニックが必要なデザートです。誰でも出来ますが、美味しいものは難しい一品。この日は、オーナー曰くまぁまぁの出来でした。全く同感です。シナモンもこういう風にかけるのはお薦めできません。










c0213220_914162.jpg

この日は、食事よりもワインが最高でした。CARMはワインメーカーでもあるので、いつも素晴らしいワインをチョイスしてくれますが、この夜はまだ製品化されていない古いワインと、宝石のようなポートワインが登場。白ワインは蜂蜜のアロマを放つ上品な味、次のヴィンテージモノの赤ワインは、言葉にならない奥深いフルーツの香り。最後のポートワインは色から香り、後味まで全てパーフェクトでした。芸術的なモノを食べる大切さを改めて理解してきました。


c0213220_9223617.jpg

帰り道は、少し景色を楽しみながら戻りました。アーモンド以外にも春の訪れを告げる色々な植物がありますが、この日はサボテンがとてもキレイに見えました。


クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
# by angel-chiho | 2015-03-26 09:26 | Olive オリーブについて | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved