人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top
Arevaloアレバロ
土曜日出演させてもらったラジオ番組の中で、アレバロというムデハル様式のロマネスク教会が数多く残る町の町長さんも登場し、町の話をたくさんしていたのですが、その中で週末ちょうど『アンティークフェアー』が開催されていると聞き、帰り道に寄り道をしてきました。

Arevaloアレバロ_c0213220_1833071.jpgムデハル様式の建物は、まだスペインにイスラム教徒とキリスト教徒が共存していた時代の独特のロマネスクスタイルです。写真の教会も12世紀から13世紀のものですが、こんなモダンなシルエットの建物がカスティーリャには溢れていたのです。不思議な魅力的な時代です。

ところで、目的のアンティークフェアーは、アンティークなんて呼べないガラクタ市同然のもので、よく平気であんな風に宣伝できるなぁ~という代物でした。(最悪!)15年くらい前は、アレバロの町にも興味深いアンティークショップが数件あり、カスティーリャのアンティークの宝庫のひとつだったのですが、そんなショップはかなり前に姿を消しており、アンティークフェアーとは名ばかりのものでした。

写真の教会はSan Martinという教会で、この建物がある広場はアレバロで最も美しい広場になります。ここはかなり長い間広場保存のための修復工事が続いているので、1,2年に一度は訪問して様子を見ているのですが、ほとんどの廃墟がマドリードからの週末を過ごすためのアパートに生まれ変わっています。


Arevaloアレバロ_c0213220_1855742.jpgこの写真は産・マルティン教会を別のアングルから撮ったもの。この地域のロマネスク教会は、こんな回廊が南側にあるのが典型的なものですが、中世このアーケードのようなスペースが町の集会場。色々な重要な決定が下された空間です。12世紀頃この町はスペインでも有数の商業都市。大都会だったんです。

この町のもうひとつの名物は、コチニーリョCochinillo.セゴビアと競い合う子豚の町。人によってはコチニーリョはアレバロ!という人も居て、町には沢山のロースト専門店があります。私は子豚は苦手な方なのでここで食べることは少ないのですが、主人の同級生が運営しているPerotasというレストランは素敵です。BARのムードは昔のままでおすすめの場所です。
by angel-chiho | 2010-05-03 17:55 | Castilla カスティーリャ
<< 大好きなワイン ラジオ出演 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved