人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top
ある修道院
数日前にサンクティ・スピリトゥスSancti Spiritusという名前の由緒ある修道院を訪問しました。5年振りくらいで訪問したのですが、かなり修復が進み、より美しい空間になっていました。この修道院の修復には、尊敬している地元の文化財保存のための功労者が関わっているのですが、彼が関わっているところは、修復が実に理想的。モダン過ぎずに昔の状態が保たれ、どうしょうもないところだけモダンな空間へと修復されています。難しいことですが、経験とその方の感性が反映されます。こういう100%信頼できる修復家は、日に日に少なくなっているので、こういう場を見ると安心します。

ある修道院_c0213220_992122.jpg
修道院の一部。(内部は現在撮影が許されていないので、あるサイトからの写真をお借りしました。)14世紀初めに創設された修道院なので、スペイン独特のムデハル様式。アラビア人の職人がかなり活動していたことが伺えます。

トーロの町に存在するのですが、ここは昔からポルトガルとの関係が深く、この修道院の創設者もポルトガルの王女テレサ・ヒル。カスティーリャ王の保護のもと、大変栄えた修道院です。





ある修道院_c0213220_9125987.jpg


これがメインエントランスですが、現在はこの脇にある入口から入ります。こういう由緒ある修道院には、貴族のお嬢様が滞在した場所と、修道女の居住空間があります。なぜ貴族がと思うかもしれませんが、こういう場に、旦那様が不在の場合は安全を考慮し滞在したりしていたのです。お金持ちのお嬢様修道女も存在し、そういう人はお付きの人と共に生活していましたから、部屋も広く、色々な贅沢品も入手できる環境でした。チョコレートを飲んでいたそうで、その道具が今は展示されています。これはお金持ちだけの贅沢品で、一般の修道女には許されていなかった贅沢です。









ある修道院_c0213220_918466.jpg
(Photos: from blog Museo Sancti Spiritus)

これがメインの教会。
素晴らしい天井と祭壇。天井はムデハル様式の寄木天井。こういうものはアラビア人が作ったものです。色彩もまだ綺麗に残っていて、このチャペルの豪華さには入るなりに感動します。言葉では表せない本物の素晴らしさを感じます。こういうものは、現地で実際に見ないと迫力も感動も伝わらないので残念です。14世紀スペインの興味深さを、この天井から感じます。


タイルなどもあちらこちらに使われていますが、16世紀のものがそのまま残っています。残念ながら祭壇は17世紀のものですが、バロック様式のゴールドの世界も良いものです。

カスティーリャの裕福なお嬢様が勢ぞろいのような修道院だったので、チャペルの壁は今でもシルクに覆われています。どのくらい贅沢だったのでしょうか。芸術品が好きな私にとって、当時の贅沢品を見ることは最高の楽しみです。



ある修道院_c0213220_9255529.jpg

(Photos :from blog Museo de Sancti Spiritus)

これがレフレクトリオRefrectorioと呼ばれる食事の間。昔のままの食卓が保存されています。床の当時のまま綺麗に残っている部分があり、14世紀の床の様子を見ることが可能です。タイルとテラコッタのコンビネーションですが、幾何学模様になっていて、とにかく贅沢。

壁に飾られているのは、タピストリーではなくサルガと呼ばれるリネンに描かれた絵。イースターに使用したものですが、現在はこのように飾られています。こんな美しいサルガにはめったにお目にかかることができません。ベルギーのルネッサンス期の傑作。ものによっては長さ10mくらいあります。この作品が見たくて、何年かに一度ここを訪問したくなります。

このサルガのコレクションは、アメリカ大陸発見にも大変な貢献をしたディエゴ・デ・デサの、この修道院に入った姪への贈り物。ものすごいプレゼントだったと思います。姪御さんはこの修道院では、きっとお姫様のような暮らしをしていたのだと想像できます。

また、ここは日本でも有名なイサベル女王にもゆかりの場。トーロの町での戦いに勝利したことで、イサベルはカスティーリャの女王として君臨できたのです。そのトーロの戦いと関連のある鐘も、この修道院にあり、その鐘には、イサベルがプレゼントしたシルクのロープが長いこと使われていたそうです。どのくらい美しいロープだったのでしょうか...そんなイマジネーションを呼び起こされる、数多くのエピソードがあるこの修道院は、いつ訪問しても満足させてくれます。




クリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ
by angel-chiho | 2011-07-29 09:44 | Castilla カスティーリャ
<< サフランの球根 田舎の一日 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved