人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top
フェルナンド王ゆかりの地
今年から歴史ヒストリーのセクションを設けました。
ブログを読んで下さっている皆さんは、想像がついていると思うのですが、私は歴史大好き人間。歴史から様々なインスピレーションを得ていると言っても過言でありません。心を惹かれる人物のことを知るためには、何千キロも走りますし、大体どこまでも出向いてしまいます。パートナーも同じ傾向があり、この部分は夫婦の共通点でもあります。

先日、スペイン史の中では非常にインパクトのある国王、カトリック王フェルナンド・デ・アラゴンが亡くなった建物を訪問してきました。

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_5171139.jpg
優れた政治家として評価せずにはいられない王で、有名な『マキャベロ』のモデルになった人物だとも言われています。スペインを旅していると、いろいろな場で歴史上の人物ゆかりのモノやスポットを発見しますが、フェルナンド王については、生まれた町から聖霊を受けた杯、亡くなった家まで、とにかく良く記録され残されています。それほど長い間人々が憶えているような人物だったのでしょう。

小学校の歴史の授業で、歴史好きだった先生が、グラナダに残るカトリック両王の墓について熱烈に語ってくれたことを、不思議と憶えているのですが、皆さんもグラナダを訪れたら見てください。彼らの墓地は、理想化された二人の実物大の彫刻なのですが、クッションにのっている頭の重さが違うのです。イサベル女王の頭の方がずっと重くクッションが深く沈んでいるのです。意図的にされたのかどうか分かりませんが、興味深いところです。

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_5365018.jpg

ここがMadrigalejoマドリガレホ。フェルナンド王には優れた占星術師がいたようで、Madrigalマドリガルと言われる場所で亡くなると予言されていたので、マドリガルという町や村には入らなかったと言われています。暖かい地域へ移動している時に、食べ過ぎで病になったようですが、この時期後継ぎ息子を授かるために、あらゆるモノを食べすぎていたのが原因と伝わっています。

写真の中心から左側の建物ではなく、右端にある納屋のような建物が彼が亡くなった建物。勇敢な軍人で華やかなイメージが強いフェルナンド王の死んだ場所としては、貧しいとしか言いようがありません。生地であるSos del Rey Catolicoソス・デル・レイ・カトリコという町は、中世の美しい町で、生まれた宮殿も残っているのですが、そことのコントラストもあり、私にはかなりインパクトがありました。

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_5531422.jpg

建物の外壁に、このように石碑もあり、昔からここを通った人たちは、フェルナンド王の最後の場所を眺めて物思いに耽ったこと間違いありません。そのくらい多くのエピソードを残している魅力ある人物です。好きか嫌いかは別として...

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_611180.jpg

扉にグラナダの彫刻が飾られているところが印象に残りました。
こんな貧しいところで他界した人物が、グラナダを落城させた人物だなんて思えませんよね。ここは鶴が訪れる地域で、訪問した時は鶴が何千羽と空を舞っていました。フェルナンド王もこんな景色を何度となくこの地を訪れた時に見たのだろうなと、しみじみと感じました。

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_6164989.jpg


今年最初の読書には、彼の後継ぎフワナの自伝を選びました。狂女王として人生の大半の隔離・幽閉され過ごした悲劇の女性です。父親、夫、息子と3人の男性に人生を狂わされてしまった強い女性だったことが、この本で良く分かりました。スペインの歴史もこの女性が母親イサベルのような立場に居られたら、全く違うものになっていたはず。そして、狂女王として全く評価されていないことを残念に思います。フェルナンド王の娘たちへの仕打ちは酷いの一言ですが、歴史の歯車に巻き込まれた人々のよくある不運劇なのでしょう。

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_629488.png

フアナの性格が伝わってくるような美しい肖像画。











フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_6301117.jpg

歴史好きの方には、訪れる価値のある歴史スポットのひとつです。

スペイン語の本になりますが、フアナについて知りたい方にはお勧めします。
史実が分かりやすく書かれており、この時代の複雑な人間関係を知るためにとても役立ちます。









クリックして応援してくださいね。励みになります!Gracias.

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

フェルナンド王ゆかりの地_c0213220_3241139.jpg



スペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。
私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。
アマゾンで好評発売中。1470円
by angel-chiho | 2015-01-18 06:18 | History 歴史
<< 婦人画報3月号『最高のギフトと... 2015年のマイプラン >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved