Top
聖体祭 Corpus Christi
今週は聖体祭だったので、週末スペイン中でキリストの聖体を崇める祭りが開催されていました。マドリードではあまり実感のわかない祭りなのですが、トレドやカルモナなどこの祭りが重要な歴史ある町は多く、特に花で飾るカーペットの豪華な町は注目されます。今朝出かけようとしたらご近所の玄関の前が祭壇に変身していてビックリ。こんな風に昔から村の家々でも祭壇を設けて祝うのだそうです。

c0213220_07313728.jpg
バルコニーも綺麗に飾られている家が数軒ありました。
出掛ける途中だった私はご近所にご挨拶だけして出発。次の村も通りかかったところで面白い風景に遭遇です。

c0213220_07342242.jpg
お花とハーブのカーペットです。香りがお伝え出来ないのが残念なのですが、エニシダとフェンネルやラベンダーが使われており、植物の上を人が歩く旅に良い香りが全体に広がるのです。これは小さな村の様子ですが、かわいい女の子と御祖母ちゃんが一生懸命作ったようでした。

c0213220_07375194.jpg
こんな様子を見てしまうとこの村で寄り道をしないわけには行きません。早速、教会に向かい様子を伺いました。
c0213220_07394381.jpg
スペイン独特のアラビアンスタイル『ムデハル』様式の古い教会。あまりに立派なので感激です。600年も前に作られた煉瓦造りの建物が今でもこんな状態であることは感動もの。人々が大切にメンテナンスしてきたことがよく分かります。
c0213220_07471212.jpg
c0213220_07432659.jpg
教会のエントランスにも花とハーブがセッティングされていました。シンプルですがパレードのための植物のカーペット。エニシダの香りが心地よく香っていました。聖体祭の長いミサが終わるとパレードが始まりました。
c0213220_07484395.jpg
こじんまりとしたパレードですが、昔からのスペインが垣間見られるとても良い機会でした。おまけに今年は寒さがなかなか去らないのでお花も美しくバリエーションも多いので、カスティーリャでは見ごたえのある飾りが色々見られました。ガリシア地方などではあじさいの開花が遅れており、予定外の花びら不足のようですが、それぞれの地域で魅力ある花のカーペットが愉しまれたようです。やっぱりスペインの伝統は素晴らしい事を体感した一日でした。




[PR]
by angel-chiho | 2018-06-04 07:56 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)
<< Santillana del ... 偉大な画家イグナシオ・スロアガ >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved