Top
究極のガスパチョレシピ
シンプルな料理ほど美味しく作るのは難しいものですが、なぜか30年以上もスペインに住んでいるのにガスパチョに限ってはこだわったレシピ探しをしておりませんでした。これは完全に見落としておりました。
昨日お気に入りのバルへ行ったら今年初のガスパチョがあり、早速いただいたのですが、バルの女の子と世間話をしていたら『昨日からガスパチョ作っていたから』という一言があったのです。ここで『なに?!』という事になったのですが、パエリャ用の出汁のために前日から準備するのは義父だったのですが、ガスパチョを前の日から準備というのは聞いたことがなく『ドッキ』とする衝撃の一言でした。

これを機にガスパチョレシピ調査を開始。よ~く分かりました。
そこで今日は早速調査の結果を発表します。もちろん、自分でも作って試しましたよ。抜群に旨さがアップしたガスパチョです。
すごいのは材料に全く変化がない事!今までどおりの材料でずっと美味しくするためのコツを含めた『究極のガスパチョ』レシピをご紹介します。

c0213220_01065845.jpg
究極のガスパチョ

材料:
トマト 1kg (トマトはプラムトマトがおすすめ)
きゅうり 1から1本半
ピーマン 1個
にんにく 二分の一片
ワインヴィネガー  大さじ4~5
エクストラヴァージンオリーブオイル 100ml~120ml
フロールデサル  小さじ2
固くなったパン  スライス1枚

c0213220_01092682.jpg
c0213220_01240227.jpg
オリーブオイルはこちらのキンタ・ド・ビスパードをおすすめします。ポルトガル産のクパージュタイプのオイル。
c0213220_01252950.jpg
ワインヴィネガーがこちらのフロール・デル・ヘニルが最もおすすめ。
c0213220_01262607.jpg
塩はこちらのトラディショナルソルトまたはフロールデサル。どちらもポルトガル産のマリソル。
作り方:
1.キュウリの皮を剥いて乱切りにし、ざるに入れて塩をふり30分程度放置する。
2.トマトは皮を剥き、種を取り除き乱切りにする。
3.ボールにトマト、キュウリ、ピーマン、にんにくを入れ、塩、ヴィネガー、オイル少々を加え混ぜてから冷蔵庫で寝かせる。前夜に準備してもOK.最低1時間程度。(レシピによっては水をカップ1くらい加えますが、好みで水は加えてください。私は入れません)
4.ミキサーまたはハンドミキサーで攪拌してクリーム状にしますが、ピーマンとにんにくは取り出して捨てる(必ずしも捨てなくてよいのですが、少なくともピーマンは減らしてください)にんにくを残す場合は、最初から5分程度煮出して香りを抑えたにんにくを使うことをおすすめします。攪拌しながらオリーブオイルは少しづつ加え丁寧に乳化する。
5.冷蔵庫でしっかり冷やして飲むスープとしてサーブしても、トッピングをしてサーブしてもよし。これがベーシックなガスパチョでトッピングを変えると色々楽しめます。

通常のガスパチョは野菜をカットしクリーム状にすれば完成ですが、野菜を塩とヴィネガーでマリネ状にして寝かせてから攪拌することで、旨みがグンとアップし非常に美味しいランクアップしたガスパチョになります。皮むきと種とりはしっかりとしましょう。滑らかさが大切です。


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-06-22 01:22 | My Kitchen レシピ付き | Comments(0)
<< 雑誌リンネル特別編集『暮らしの... Santillana del ... >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved