人気ブログランキング |
Top
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_07494549.jpg
コロナ感染の第二波到来の真っ只中ですが、無事オリーブの収穫がはじまりました。今年は予定通りに収穫となり、私も初日にアンダルシア・ハエンにあるMONVA社オリーブ農園へ行くことが出来ました。アンダルシアの伝統あるファミリーは信心深く、農園の女神様にオリーブがしっかりと飾られていました。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_07460485.jpg
ハエンは世界一のオリーブ産地ですが、そのハエンの中でも一番海抜の高い地域にある農園で、最高のオリーブが栽培されています。オリーブは温暖の差が激しい場所の方が、オリーブが生き延びようとして努力をするので高品質の果実が得られます。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_07545167.jpg
         
アーリーハーベストの原材料となるピクアルというオリーブ品種。素晴らしい豊作で管理をしているフェリペさんも大満足のようでした。今回も様々なオリーブオイルについての話を聞かせてもらいましたので、アーリーハーベストの価値がより皆様に理解していただけるようにブログを書きたいと思います。まず、実の状態から説明しますが、オリーブは一刻一刻変化しているので、アーリーハーベストに使える状態のオリーブ果実はなんと4,5日しかないのだそうです。ベストのものを作るのに最適な果実は、出来る限り大きさが均一である方が美味しいオイルになる事が実証されているそうです。写真のような均一な大きさの果実が理想です。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08420469.jpg
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08024711.jpg
ご覧のように同じ大きさでも成熟度には一見違いがあり、皮の変色が始まっているものもあるのですが、中身はまだグリーンなのでアーリーハーベストには最高のタイミングです。来週は雨の予報があり、雨に当たると水分で果実が成長し、別のクオリティの果実になってしまうそうです。そのためこの4日間くらいの間が唯一のベストタイミングモーメントなのです。私もアーリーハーベストは短期間しか搾油出来ないことは知っていたのですが、まさかわずか4日間とは知らず驚きました。そんな貴重で最高に贅沢なオイルがアーリーハーベストなのです。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08084199.jpg
MONVA社の立派な圧搾所。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08104763.jpg
ここでも重要な事を教えていただきました。オイルが完成した時の温度を測っていますが、ご覧のとおり20度以下です。オリーブオイルに詳しい方はご存知かもしれませんが、エクストラヴァージンオリーブオイルの場合、低温搾油が当たり前で28度以下の加熱は出来ません。10月だとまだ気温が高いのでオリーブが低温過ぎることは少ないのですが、もっと寒くなってくると多少加熱してあげないと、搾油が困難になるのです。そのため早期収穫のオリーブが最高のクオリティと香りのオイルとなります。プレミアムオイルと呼ばれるものが、どれも早期収穫であるのはそのためです。そして、その中でもウルトラ・プレミアムになりコンクールなのでもトップレベルになるオイルは、20度くらいで作り上げないとクオリティが落ちてしまうそうです。これがたった1度上がり21度でもコンクールのトップにはなれないのだそうです。ハイクオリティオイルには、奥深い世界があるのです。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08441571.jpg
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08215080.jpg
こんなフレッシュオリーブオイルジュースが出来上がりました。これをテイスティングするのはすごく難しくて、プロのルイスもこれだけは鑑定のプロにテイスティングをお願いしているそうです。フレッシュであればあるほど複雑な味わいや香りがあり識別するのが難しく、一定の時間デカンテーションしてあげないと香りも立ち広がらないのです。毎年思うのですが、プレミアムオイルの世界はどんどんレベルアップしているので、10年前のようにきつい辛さも苦さもほとんど感じられません。新鮮なグリーンの香りの中にアーティーチョークやトマトの葉、アーモンドの香りがしますが、それらがすべてバランスよく調和している感じです。今回いろいろな説明をビデオに収めてきたので、それも徐々にアップしていきますので、インスタグラムやフェイスブックも是非フォローしてください。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08291238.jpg
こちらが2日目ボトル詰めしてもらいグラスでテイスティングをした時の画像。1日経過しただけですが、味わいに違いがあります。そして今日3日経過したものを、マドリードの自宅でもテイスティングしましたが、それも味わいが違います。どんどん青草やハーブのグリーンさにカバーされて隠れていたアロマが表れてきています。きっと明日もまた違う発見があると思います。このアーリーハーベストは特注で皆様にオリーブオイルジュースをお届けするために作っています。本来ならデカンテーションをし、すぐにフィルターに掛けて長期保存が出来るよう、果肉も余分な水分も取り除いてしまいます。それもとっても美味しいオイルになりますが、農園でだけ楽しめるこのフレッシュオリーブの味わいは、どうしてもお届けしたくてMONVA社のような優れた会社であり、友人に依頼して製造しています。旬の味わいを楽しむことは、大変な贅沢であるだけでなく、間違いなく健康効果もあると思っています。オリーブの特徴である抗酸化物質の含有量もMAXのアーリーハーベストは、自分やお友達への最高のギフトになること間違いなしです。

最後にグッドニュースは、わずか4日間のアーリーハーベスト搾油ですが、その中でもベストの出来はいつも初日のオイルだそうです。事実、初日のオイルだけを製品化する有名ブランドもあります。そんな貴重な初日の搾りたてを分けてもらえることになりました。これ以上のクオリティは望めないところまで、弊社の特注アーリーハーベストの品質も高めてきましたので、とにかくお早めに予約手配をしてください。数には限りがあります。
アーリーハーベストリポート2020年 Part 1_c0213220_08402584.jpg
来週はボトル詰めをして日本への空輸便となります。検査や通関がスムーズに進み、一日も早く皆様のお手元に届くことを願っています。その間、数回に渡って農園リポートはブログ記事にしてまいります。

by angel-chiho | 2020-10-18 08:46 | Olive オリーブについて
<< アーリーハーベストリポート P... おすすめワインの楽しみ方 >>





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved