人気ブログランキング |
Top
カテゴリ:Wine ワイン( 4 )
おすすめワインの楽しみ方
ワインをなぜ日本でもっと広めようかと思った理由のひとつに、様々なアルコールを飲んだ時の酔い方の違いが関係しています。私の実家では焼酎を飲む人が多かったのですが、飲むとすぐに寝てしまうか、それとも愚痴っぽくなるという酔いの特徴がありました。ところが、同じ人がスペインに来てワインを飲むと、全然酔い方が違うことに気が付きました。確かに、日本に帰国し夜の東京などを歩くと、とんでもないフラフラの酔っ払いの人が通りを歩いている事が頻繁にあります。ヨーロッパでこういうタイプの酔っ払いは、そう簡単には巡り会いません。どちらかというと、ワインは飲むと明るくなり、一時的にパワーアップさせてくれると思います。スペイン人などアルコールに強い人は、飲むとどんどん元気になってしまうくらいです。

おすすめワインの楽しみ方_c0213220_73122100.jpg


早速、今日のテーマのワインの楽しみ方ですが、単にグラスにワインを注ぐだけでなく、美味しい香りのよいぶどうがあったら、グラスに入れて白やロゼワインと愉しむことをおすすめします。

特にポルトガルから紹介しているヴィーニャダウルゼは、ポルトガル北部に生育するマスカットが5%だけ原料として使われているので、ほのかな甘さがあります。甘さは一番最初の口当たりで感じると思いますが、よーく冷やしてこのワインを飲む時に、グラスにぶどう一粒入れてあげると、いつもと違う楽しみ方が出来ます。

おすすめワインの楽しみ方_c0213220_7384144.jpg

ヴィーニャダウルゼは、私が紹介しているワインの中でも特にカジュアルタイプの白ワインなので、こんな遊びながら飲めるワイン。ワインは人の暮らしを楽しくしてくれる飲み物だと実感できます。

我が家ではホームパーティーなど、人を呼ぶ時にこのようにして楽しんでおります。超かんたんなワインの楽しみ方一工夫でした。
by angel-chiho | 2020-01-15 07:40 | Wine ワイン | Comments(0)
六本木マルズバー
クリスマスに最高に嬉しいニュースが届いたのでお知らせします。
カームのポルトガル産、ドウロ上流DOPワインが六本木でも飲めるようになりました。感激で😢😢です。


こちらからご覧いただけます。http://www.marus-bar.com/
カームの載ったドリンクメニューも手書きのものが現在アップされていますので、どうぞお見逃しなく。

ここは知る人ぞ知るワインファンの隠れ家バー。私は運よく大切な取引先の重役様に案内していただきました。実は、カームのオーナーも一緒に行くチャンスに恵まれ、とても楽しい体験をさせていただきました。ワインへのごだわりが非常に高いお店なので、当然お食事も美味しいのですが、その旨さが半端なく、何を食べても感動する日本の昔ながらの洋食屋さんの味を極めた世界なのです。

六本木マルズバー_c0213220_435955.jpg

メニューはどれも食べてみたいものばかり、その中から私はおすすめのカニクリームコロッケをいただきました。今でも夢に見るほど美味しいカニクリームコロッケでした。次回、食べに行くのが楽しみです。あまりに美味しかったので、写真は撮り忘れたのですが、オムレツもステーキも絶品でした。これほどレベルの高い手作り料理があると、ワインが喜びより満足度の高いものなります。ワインは食事に花を添えてくれるものなので、食事の状態がワインの内容に吊り合っていないと、かなり感動が半減してしまうものだと私は思っています。

お料理担当はオーナー長谷川氏。繊細な味付けのお料理は、すべて彼のワインへの敬意の念の表れだと思います。

六本木マルズバー_c0213220_4384746.jpg

(写真はマルズバーHPからお借りしました)

因みに、こちらでは最高の伝説的なワインも3日前にオーダーしたら、取り寄せていただけます。ワイン愛好家には申し分のないバーであること間違いなしです。

そんな素晴らしいバーで、ご縁をいただきカームが飲めるようになったこと。それがクリスマスであたこと。私にとっては言葉にならない嬉しいギフトとなりました。ご紹介くださったYさま、またマルズバーのオーナーご夫妻。本当に有難うございます。今年最も嬉しい一日となりました。

六本木マルズバー_c0213220_4535887.jpg


そんな記念するべき日に、私ももちろんカームのワインでクリスマスを迎えました。ワインは知ればしるほど多くの人との交流を楽しめる、素晴らしいツールになると思います。ポルトガルワインは世界的にマイナーなワインですが、今最も旬な注目のワインでもあります。その理由はまた次回お伝えします。
by angel-chiho | 2019-12-26 04:54 | Wine ワイン | Comments(0)
美味しいワインがなかなか見つからない人のために
念願のワイン輸入と販売ですが、第一の理由はイベリア半島にあるワインの素晴らしさを、日本でどうしても伝えたかったからです。第二の理由は、ワインのある食卓があまりに楽しく、シンプルで正直に美味しいと思える、食の本質が変わるように思ったから。そして、第三の理由が、日本で一般的に見かけるワインのクオリティが、あまりにも荒れていて、世界中からロークオリティのワインをこぞって集めているような印象を受けたからです。

美味しいワインがなかなか見つからない人のために_c0213220_7332778.jpg


私がスペインワインを日本に輸出したいと思った年が、1991年結婚した年でした。当時、ドゥエロ川のリベラ・デ・ドゥエロは価値が上昇しており、自分の結婚式用のワインを選ぶために、有名なボデガから新しい注目のワイナリーまで、現地のグルメな友人と共に相当周りました。その時、選んだのがHermanos Perez Pascuasペレス・パスクアス兄弟というボデガでした。彼らのワインを1パレット日本に送り、結婚式に使いました。その頃からいつかドゥエロ川のワインを日本で紹介するとは決めていたのですが、あまりに膨大なワインが存在し、日本での競争が過酷に見えたので、なかなか決心出来ずにおりました。

今のワイン市場と当時のものは全く違いますが、日本では良いワインが広がっているというよりも、安くてリーズナブルなワインの市場が圧倒的に増えているように見えます。プレミアムオリーブオイルを輸入販売しはじめたのが、もう15年近く前になるのですが、オリーブオイルはワインほど飽和状態の市場ではなく、逆に全く良いオイルは日本に入っていないような状態でした。ワインとは違って、オイルの方はかなり良いオイルが簡単に見つかるようになりました。

美味しいワインがなかなか見つからない人のために_c0213220_742226.jpg

日本で販売開始したばかりのリーズナブルで初心者向けの白ワイン【ヴィーニャダウルゼ】
ポルトガルのマスカット品種が5%入っているので、微かな甘みがあり、完全にドライなワインにまだ慣れない方や、ワイン初心者にピッタリな白です。
750ml 1800円税別


日本はブルゴーニュのそれはそれは小さいワイナリーで作られている、限定ワインが世界一豊富に手に入る市場だそうですが、そういったものはやはり専門のバルやレストランに行かないと見つかりません。実際、ヨーロッパのワイン生産地に住んでいても、あまりの数のワインがディスプレイされていたら、知識がない限りワインはなかなか選べません。値段もラベルデザインも、あらゆる証明シールも目安であり確実な事はわかりません。かろうじてパーカーポイントなどが記されていたら信頼できるかもしれませんが、私のような年齢になると、いちいち眼鏡をかけてラベルの小さい文字を読むのも面倒で、最終的に知っているワインしか選ばなくなるのです。

ワインのインポーターさんにも巡り合う機会があり、個人的にも色々調べてみました。素晴らしいインポーターさんのワインはどれも美味しいのですが、卸販売がメインで、これもなかなか一般人が簡単に手に入れられるようなレベルのつながりは持っていないようです。

私は身近なワインインポーターとして、取引先も直営店を持ち直売が出来る環境に身を置いているので、とにかくまずは美味しいワインだけを、多数ではなく少数、でもレベルの違うものを取扱ってゆきたいと思います。現在、リーズナブルなものからハイレベルなものまで7種類揃えています。

試飲会や食事会などイベントも、年に2回は開催したいと計画しています。そういった場で造り手との交流も可能になり、ワイン愛好家も増えると思います。偉大な美術品を見た時に感じるような、ワインとの深い感動体験を、多くの方に経験していただく機会を作ることを大事にしたいと思っています。

迷わずに多くの方が、美味しくてヘルシーでサステナブルな栽培をしているワインが、選べるようなスタイルを目指して仕事をしています。

勿論、ワインは卸販売も実施していますので、興味のある方はメールでお知らせください。
email: angel@chihoonozuka.com
by angel-chiho | 2019-12-19 08:04 | Wine ワイン | Comments(0)
ワインの輸入販売を開始しました。
夏から超ハードなシーズンを過ごし、やっと11月中旬になり仕事が一段落致しました。ブログはすっかりご無沙汰してしまったのですが、それなりに新しいステップを今年は幾つも設定しており、まずまずの達成が出来たので、個人的に満足できる1年となりました。

忙しかった理由のひとつがワインの輸入販売開始プロジェクトで、数年準備をしてやっと実現させることが出来ました。自然派ワインをポルトガルから輸入開始。心から満足し納得できるものでないと、取り扱うつもりはないので、たくさんのオファーをいただくのですが、選べるものは極めて少ないのが現状です。

真夏のワイナリーを訪問し、準備段階をチェック。オリーブオイルと同じように、このワインはこんな風に取り扱って、こんな風に販売したらよいというマニュアルはないので、良さが伝わるようにするためには自らの目で確かめて伝えられるようになるしかありません。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_481063.jpg


私は人が手を加え過ぎていないワイルド感のあるところが好きなので、このポルトガル北部ドウロ川上流は大好きです。フランスのボルドーやブルゴーニュの風景と違い、ドライでぶどうもやっと生きているような環境ですが、独特の透明感と奥深さがありとても惹かれます。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4134299.jpg


ワインはこの風景からは想像できないようなエレガントさを持つワインで、最初に飲んだ時の驚きと感動は忘れられません。オリーブオイルでもビックリしたのですが、ワインもやはりそのピュアさと本物の重みを初回から感じました。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4143172.jpg

今年はぶどうの生産量は少ないそうですが、質はとても良いものが出来たそうで、今からワインが楽しみです。それにしてもこの色は魅力的。香りを伝えられないのが残念です。

こんな夏の下準備の後、10月は日本各地でワインの試飲会を開催しました。特に印象的だったのが、東京の木村硝子店での試飲会。尊敬する木村社長のサポートのもと、記念すべき東京での第一回目のワイン試飲会が開催出来た事は一生記念になるものでした。これ以上のスタートは考えられません。
ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4192970.jpg

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4181021.jpg

もちろん、ポルトガルからオーナー、フィリペ・ロボレド・マデイラ氏も応援に駆けつけてくれました。大切な自らのワインを日本で広められることを、彼も深く満足しているようです。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4214654.jpg

チャーミングな木村社長。偶然にあるオルガンのご縁でお互いの存在を知る事が出来たのですが、世の中不思議なご縁ほど素敵な展開があるように思います。こんな会を実現させてくれた木村社長には、本当に感謝の気持ちで一杯です。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4254955.jpg

他にも、優れたハウスメーカーFILEさんのショールームで試飲会。素晴らしい料理研究家が京都から駆けつけてお料理もポルトガル風に作ってくださいました。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4294448.jpg

東京は日本のどこの町ともお洒落度が違うので、見ていてワクワクする環境。来年に向けて東京では新しい展開を計画しておりますので、皆様も楽しみにしていてください。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4341083.jpg

故郷群馬では、50名の参加者のもとイタリアンとのフードペアリングを開催。自然派ワインの良さを、ビデオを流しながらお伝えしました。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4311495.jpg

関西に移動し、西宮の小さいけれど本格的な美食家の皆様があつまる掬水舎でも試飲会を開催。繊細な掬水舎代表南恵子さんの、お料理を堪能致しました。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_440073.jpg

京都では、イタリアン薬膳のLudensさんで素晴らしいポルトガルをインスピレーションのディナー。チーズまでアソーレス諸島のものを取り寄せていただきました。An's Tableさんのオーガナイズはいつも最高です。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_443227.jpg


ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_445748.jpg

ビファーニャを意識して作った一品。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_447247.jpg

そして、二条城前にある新しいホテルカナタでの試飲商談会。最高の素材に囲まれて、リラックスできる空間の中でワインをテイスティングしていただきました。理想的な場でのワインの試飲は、本当にワインの良さを知るために大切です。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4494345.jpg


ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4543840.jpg


ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4552424.jpg

最後は、ミシュラン2星の祇園にしかわさんでの、和食とのフードペアリング。この上ない体験をさせていただきました。大将のにしかわさんは、ラグビーワールドカップのVIPのためのパーティーでもお料理を担当するほどの腕の持ち主。お人柄もルックスも素敵で、私は一目でファンになりました。今回は北海道から天然のマイタケを取り寄せてのお料理。乾杯はワインでなく、ゆず酒ではじめ、その後はカームのワインで通しました。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_4591339.jpg

素晴らしい芳香を放つマイタケでした。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_502699.jpg

美しい京料理の数々。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_51107.jpg

カームのマリアデルルデスという高級ワイン。複雑な香りが何層にも感じられる上品なワインです。案の定、京料理とは抜群のマッチでした。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_531895.jpg

にしかわさんとカームのオーナー。スペシャルな会だったことが表情から伝わると思います。An's Tableさんの努力の賜物です。
一連の会を実現するために、お力添えして下さった皆様に、あらためて御礼申し上げます。

多くの皆様の応援とサポートで、無事ワインも日本で販売開始となりました。現在7種類、デイリーワイン的なものから高級なものまで取り揃えて、販売を開始しております。お問い合わせは、パワジオ倶楽部にお知らせください。Tel:027-254-3388

年末年始に向けて、私が一番おすすめしたいのはマリアデルルデス。赤と白揃っております。じっくりとワインを堪能していただくための品質です。出来ればデカンテーションをしてお召し上がりください。

ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_573331.png


ワインの輸入販売を開始しました。_c0213220_581541.png

by angel-chiho | 2019-11-21 05:11 | Wine ワイン | Comments(2)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved