人気ブログランキング |
Top
<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
パワジオ倶楽部でお料理教室1回目

今日は第1回目のお料理教室でした。
明日は第2弾を開催します。まずまずの出来だったと思います。今回のレパートリーは、オリーブを使ったパーティーアレンジということで、これからの年末年始のお友達や家族との集いに使えるちょっとしたレシピ、プラス新商品のオリヴィアをつかった離乳食や調子が悪い時、お年寄りなどにお薦めの野菜メニューでした。詳しくは明日の教室が終わってからアップします。

c0213220_20584296.jpg

いつもアシスタントとして完璧に動いてくれるSさんと一緒に。
来て下さるお客様ももう何度も参加してくださってくれている方々が多く、本当に嬉しいです。皆さん美味しいと喜んでくださいました。明日もがんばりま~す!

今回はパワジオ倶楽部のプレミアムオリーブオイル(最もこだわりを持って作られているオイルのことで、私的には酸度0.2度くらいまでのオイルのこと)を使ってフライも作っています。このオイルだと加熱をしても素晴らしい香りが広がり、皆さま驚いています。
by angel-chiho | 2010-11-12 21:02 | Olive オリーブについて | Comments(4)
ハム

今日は母が先日あるお肉さんで作ってくれたハムが到着しました。ボンレスハムに紅茶煮の肉に、ハムを煮たスープと素晴らしい組み合わせ。こういう教室だったら私も参加してみたいなぁ~費用も1万円以上のしっかりとした教室だったようです。

c0213220_18264281.jpg

私も明日は料理教室があるので、その下準備でバタバタしておりました。明日はオリーブの漬けもののアレンジ法数種の他、オリーブオイルを使った離乳食でもあり、体調を整えるための料理でもある一品を紹介する予定。お洒落なおもてなし料理にもなります。

漬けものの写真を最近アップしていないのですが、日本のオリーブはやはり違いがありますね。昨年帰国した際には、小粒のオリーブだけを集めて漬けてみたのですが、今年は大きいものを使っています。大きいものは渋抜きに時間がかかるだけでなく、実によっても相当必要なアク抜き時間に違いがあるみたいです。いつも私はワイルドなものばかりを漬けているのが原因なのかもしれませんが、とにかく違いを感じます。味も相当違います。
by angel-chiho | 2010-11-11 18:31 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
集めているもの

最近というか前々からガラスやクリスタルは大好きなのですが、ここしばらくオイルを入れたアンティークガラスやクリスタルを集め始めました。古いガラスの輝きはなんとも言えないものがあり、見ていて癒されるのですが、オイルをいれていたガラスも以外に小さくて、どんな食卓で使われていたのかいろいろと想像してしまいます。

c0213220_1642625.jpg


ここの写っているのは、全て18世紀のもの。
独特のかたちと透明感があり、全てスペインの工房で作られたものです。いつか違うフォームのものもご紹介したいと思いますが、今回は一番スタンダードなものから。実は料理本でお世話になったオリーブの専門のガーデニングカウンセラーの岡井さんにひとつプレゼントするために、日本に今回は持ち帰りました。気に入ってくれると思います。

c0213220_16472670.jpg

こちらのグラスも18世紀のもの。ミニグラスですが、このゆがみがたまりません。モールドに入れて作られたグラスでスペイン南部カルタヘナのもの。今カルタヘナへ行ったら、こんなガラスが作られていたなんて想像もつきませんが、昔はいいものがたくさんあったのです。

これらのグラスは、王宮の学芸員を引退したある友人が探してくれるのですが、先日も日本に来る前に彼の家を訪問しかなり可愛いグラスを購入したのですが、家に戻りドアの前でひとつ袋を落とし、ピッチャーとグラスが幾つかかけてしまいました。ガラスはこういうことがあるので、本当に恐ろしいのですが、収集止められません。
by angel-chiho | 2010-11-10 16:56 | お気に入り | Comments(0)
渋川のギルド展

今朝はまず知り合いのイベントへ。
ギルドの生地は明るくてとてもパワーがありますが、なかなか難しい組み合わせが必要なテキスタイルのひとつだと思います。日本でも結構ファンがいるようで驚きました。それにしても今日はぽかぽかの暖かい日でした。

c0213220_20424789.jpg


私はもう少しクラッシックなテキスタイル好みなので、あまりギルドとは縁がないのですが、ギルドのカラーは本当にいいと思います。今朝は最高の天気で屋外でお茶をしている人もいて、いい感じのイベントでした。これが風などで荒れていたら台無しですから...


c0213220_20473292.jpg

今夏ここには家具やライトをパートナーが送っていたので、どんな風にディスプレイされているか実はとても気になっていたのです。この写真に写っている天井からつるされたライト。これはスペインで特注で作ってもらっています。私がとても尊敬している数少ない職人さんのものなのですが、デザインがシンプルで日本にとても合っていて安心しました。想像することはできても、実際その場でどんな風に飾られているか見ないと、やっぱり気になるのです。これでもっと立派なライトを、日本のどこかで取り付ける自信が生まれました。

c0213220_2144382.jpg


ところで、このカウンターのタイルの色素敵ですよね。
色にはこだわり始めるときりがない感じがするのですが、先月素晴らしいヨーロッパ製のタイルを発見しました。
絵付けタイプではなく、カラータイルなのですが、理想的な色を発見。このグリーンよりも素敵な気がするのです。早速オーダーしてみないと...

田舎の我が家でも使いたいと考えています。たかが白のタイルでもこだわりはじめると無いんです!
いいのが。

色は本当に難しいです。
私はあれこれ悩んで最終的にうんざりして、選べなくなる方なので、センスのいい方がカラーを選んでくれているコレクションがあるとホッとします。今回はそんなタイルを発見しました。
by angel-chiho | 2010-11-08 21:14 | 日本 | Comments(0)
ショップをいじくりまわし

ちょっとショップのディスプレイを変えてみました。
夏にオリーブのニューファニチャーが到着したのですが、それをどんな風にアピールするか今ちょっと検討中。最近、北欧スタイル、IKEAなどのシンプルなラインのデザインが人気ですが、やっぱり少し伝統を感じさせるものが、インテリアには絶対必要と私は思っております。

c0213220_17404266.jpg

猫足のオリーブオイルテーブル。ダイニングテーブルとして提案中。
テーブルにのっているお皿もすべてオリジナルで作ってもらったのですが、スタイル的には伝統的なスペインのカントリースタイル。やっぱり伝統ものがあると落ち着きます。

昨日は最後に残っていた彫りの入った椅子がお嫁に行ってしまったので、今シンプルなスタイルのオリーブ家具に統一できました。

オリーブの木の光沢は蜂蜜のようで、とても魅力的です。




c0213220_17451718.jpg




こちらはオリーブのまな板やすり鉢。
今私が欲しいと思っているのは、この丸いコロコロしたすり鉢。スペインではモルテロといいますが、何個あっても可愛いものを見ると欲しくなってしまいます。我が家には現在アンティークのものを含め、スペイン製大、小、ポルトガル製 中、陶器の大と、5,6個は確実にあるのですが、料理によってモルテロは変えたくなるので不思議です。

勿論、まな板も何枚も増えてしまいました。
この木目がたまらないのです。木は生き物なのでいいものは語りかけられてしまって、ついつい買ってしまいます。
by angel-chiho | 2010-11-07 17:50 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(0)
オリーブでいい感じに

前橋のパワジオ倶楽部、数年前にオリーブの木で一杯にしました。ようやくうっそうとしたオリーブの空間が見えてきました。

c0213220_733849.jpg


嬉しいなぁ~。庭の世話をしてくれているHさんが丹精込めて世話をしてくれていることがよくわかります。小豆島なででは今年はオリーブは不作なのですが、パワジオ倶楽部では大豊作!見事です。

c0213220_7374061.jpg


今度は早朝撮影しますね。これは夕方撮ったものなので。

c0213220_739522.jpg

これが2日前に収穫したブラックオリーブ。いろいろな種類が混ざっていますが、大きいものは素晴らしく綺麗!感動します。これも漬けものになりま~す。次回の漬けもの教室で試食するために準備中。香りも一級品のぶどうのようです。










c0213220_7432638.jpg

ブラックオリーブの漬けものにも沢山の種類がありますが、今回は友人の母直伝のもの。数日前にわざわざメールである重要なプロセスの説明が届き、そのとおりに実施してみました。本当にオリーブには楽しませてもらっています。









c0213220_7453241.jpg

こちらは大型の実。ドルチェというタイプのものです。
どんなフルーツの香りなのかまだ試していないのですが、今日はトライできると思うので、しっかり記録をとらないといけません。

マンサニロは、ミニリンゴという名前どおりリンゴのフレッシュな香りがします。みなさんもこの香りを一度経験すると、いろいろな種類のオリーブの大ファンになりますよ。マンサニロはブラックになると、ぶどうの巨峰のような香りを醸し出し、それぞれの状態で独特のアロマを楽しませてくれます。これがしっかりとオリーブオイルに反映されるのです。


c0213220_7541899.jpg

最後にこれがマンサニロのカラートーンの違うものを集めて漬けものにするためのオリーブ。
最高のコンディションです。Hさんのおかげで虫食いも少なく、パワジオ倶楽部はしっかりとしたオリーブ農園化しております。

これもこれから昨日アレンジした事がどうなっているか見に行って参ります!
by angel-chiho | 2010-11-07 07:57 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(0)
スペインのお墓参り日


スペインでは11月1日は、全ての聖人に捧げられた一日でお墓参りをする日です。
私はフライトがちょうど1日だったので、事前にお墓参りをしてきました。数か所訪問するべきなのですが、今回はちょっと古いお墓の方へ。

c0213220_7483283.jpg

サン・イシイドロ墓地の中は、区域によってとても由緒ある墓があり感動します。パートナーのファミリー墓地もある一区域に集中しており、行く度に興味心身で周囲の墓を見てしまいます。

この一角は特に19世紀のVIP地区。ギリシャ神殿やローマ時代の墓石などが理想とされており、まるでローマ時代の廃墟にタイムスリップしたような気分になれます。

こんなお墓だったら素敵だなぁ~というものがたくさん。
私は墓石大好きなので、結構いろいろなデザインの写真を撮ってしまいました。










c0213220_7551978.jpg

パートナーが今本を準備している政治家だった祖先のひとり。
今回はその方のお墓と若くして亡くなった従兄弟のお墓へ。
菊の白とボルドー色をお供えしてきました。スペインではこんな風に墓石にお花をのせるのもOK.
鉢入りの菊にしょうか迷ったのですが、やっぱり切り花にしました。大理石と菊って合うんですね。









c0213220_82766.jpg

ところで今回不思議な発見がありました。パートナーのファミリーの幾つかのお墓の間に、偉人を祀った墓石があるのですが、そのひとりがなんとゴヤだったのです。こういうことに詳しい義兄に、この墓石についての話は全く聞いたことがないので、これは自分で調べないとわかりませんが、ゴヤの遺体は面白い歴史があり、現在はサン・アントニオ・デ・ラ・フロリダという彼の壁画が残るマドリードの教会に埋葬されています。ゴヤは死後も波乱の歴史があり、遺体頭部は墓泥棒に盗まれたきりなのです。ボルドーに埋葬されていた遺体は、20世紀に入ってから私も尊敬するスペイン人画家が、わざわざスペインまで遺体を運んだのです。

この墓地の場所からゴヤは有名なマドリードの風景画やタピストリー用の絵を無数描いているので、ゴヤがよく行ったと思われる場所には、ゴヤの彫刻があります。お墓参りに行ったおかげで、今回はゴヤについてあれこれ想像を巡らせる機会がありました。
by angel-chiho | 2010-11-06 08:14 | Madrid マドリード | Comments(0)
Arbequina アルベキーナ

パワジオ倶楽部で今最高の状態のアルベキーナをご紹介します。
この品種はデリケートなので心配していたのですが、こんな綺麗に実っています。春ある栽培者からおすそ分けしていただいた非売品のオリーブですが、あまり可愛いので今入口に並べてあります。

c0213220_627346.jpg

美しい赤ともピンクとも紫とも言える色のトーンの実が鈴なり。
これは実が真っ黒くなったら高級オイルとして絞られるのが普通ですが、先日漬けものとしても非常に美味しいということを発見。そろそろ収穫して漬けものにしてあげたいと思いますが、あまりにも可愛いので、今しばらく鑑賞してからと思っています。

アルベキーナはスペインの品種の中では、特に人気のアーモンドの上品な香りが強いオイルを作ります。先日入荷となったオリヴィアも50%はアルベキーナ。世界中に沢山のファンがいて、世界各地で栽培も広まっています。
オリヴィアを試飲したい方、是非パワジオ倶楽部へ。

私も実は田舎で育てている品種。弱いので枯らせてしまった時はショックだったのですが、他のオリーブのように1本は復活し元気に育っています。




c0213220_6324310.jpg

by angel-chiho | 2010-11-05 06:34 | Olive オリーブについて | Comments(4)
えへへ...


先ほど、日本に来る前にプレゼントしたオリーブの漬けものについての返答メールがありました。すごい食通の方に贈ったのでプレッシャーが大分あったのですが、漬けものを向上させるためにも今年は思い切っていろいろな人にプレゼントしてみました。とっても褒めていただけました。帰国したら田舎へ来るよう招待もされました。(感激!)

c0213220_2316203.jpg

これが今年2回目の泥棒で得たオリーブの漬けもの。漬けものですから漬けている途中に発酵で乳酸菌を生むはず。それを何とか工夫したいと思っていたのですが、今年はそれに成功!!!
すご~く美味しいのが完成しました。わざわざ少し日本にも持参したのですが、オリーブの漬けもの嫌いの姪もこれは美味しいと言って食べてくれました。私の周囲からオリーブ嫌いは日に日に減少しております。嬉しい話です。



明日時間を作って写真を撮り直したいと思いますが、撮る前になくなりそうで心配です。
他の漬けものもいいアイデアを沢山いただいてきました。ベビーオイルも今日お豆腐と一緒に食べてみました。あ~こんな離乳食が食べたかった。

今度の教室は楽しみです。
by angel-chiho | 2010-11-03 23:22 | Olive オリーブについて | Comments(2)
無事日本到着
心配だったぎりぎりのフライトの乗り換えスケジュールをこなし、成田でもバスにぎりぎりで乗車し、最高のスピードで実家に戻りました。早速姪二人が明日は祭日なので会いにきてくれ、楽しい夜を過ごしました。夏休みスペインで過ごした12歳にもう少しでなる姪も、とても成長していて驚きました。スペインでは甥に囲まれているので、日本で姪に囲まれるのもいいものです。やっといろいろ出来る話も変わってきたので、これからが本当に楽しみ!!

c0213220_751435.jpgc0213220_771579.jpgc0213220_783544.jpg











これは何でしょうか。
帰国前こんな作業を最後までしておりました。
これはオレガノ。ポルトガルのものですが、非常に香りがよく花も綺麗に残っているので、ポルトガルに行く度に購入しています。オリーブの漬けものにもこのオレガノを使っています。スーパーなどで販売されているものとは、香りが全く違います。サラダや煮物もこれで作ると抜群に香りがよくなります。

日本にはできるだけ香りの良いスパイスを持参するようにしています。今回の帰国ではオリーブの漬けもの、ぎりぎりにプレゼントされた最高の羊のチーズ、スパイス、クリスマスのお菓子などを持参しました。ナッツ関係は今年はあきらめました。ヘーゼルナッツなどもクリスマス用に持って帰りたかったのですが、仕方ありません。
日本で美味しいものを探しますね。

そんな訳で、まずは無事日本到着。
by angel-chiho | 2010-11-03 07:13 | 日本 | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved