Top
<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Turegano トゥレガノと城
カスティーリャに住んでいて本当に運が良いと思う事は、歴史的なエピソードが残る城が多いこと。有名人が関係していない城には、城が芸術的に相当美しくない限りあまり興味を持てません。カスティーリャにはそういう意味で重要な役割を果たした城や修道院などが多いので、あちこちで映画を見ているような体験が可能です。

カスティーリャでも有数の立派な城が残る町トゥレガノ。30年も前に父と訪れた事があります。他の歴史ある町はもっと何度も訪問するのですが、ここはなぜかどこに行くにもかなり寄り道をしないと通らない町なので、長い年月が訪問せずに過ぎてしまいました。そのため記憶に残っている体験は父との訪問だけで、一種の哀愁を感じながらの町を散策しました。
c0213220_05220715.jpg
町の様子は30年前とほとんど変わっていませんでした。カスティーリャの美しい中世の町並みが残るところは、比較的修復が進み活気を持っているところもあるのですが、ここは逆に人口も減っているような感じでした。ただ、趣のある建造物はギリギリ崩れず残っているような状態で、なんとか若者が田舎に移り住む勇気を持ってくれることを願うばかりです。そんな中、唯一修復が進んでいたのが町の要塞。この城は珍しく城内に教会も吸収しているので城と教会が合体してひとつの建造物になっています。昔は神父さんに鍵をもらわないと教会には入れないような不便なところでしたが、今はきちんと管理人の窓口があり、いつでも訪問可能です。
c0213220_05285513.jpg
c0213220_05300011.jpg
紋章は壊れていましたが立派な入口が残っています。この入口からだけでも内部の様子はかなり期待できます。

c0213220_05313781.jpg
イベリア人の時代からあったというこの町の歴史そのものを物語る建造物。時代と共に上に上にと伸びて、各時代の様式が積み重なって今の形を作り上げています。
c0213220_05433232.jpg
城内には教会の入口から入りますが、教会は完全に要塞に吸収されており、部分的にだけ教会の美しい彫刻が残っています。素晴らしい扉には見惚れてしまいました。
c0213220_05474206.jpg
すごく壊れているように見えますが、昔からの状態で残る建物は貴重です。これは修復されるとタイルや石は張り替えられてしまうことが多いので、実はこんな風に見られることが最高にラッキーです。
c0213220_05501774.jpg
チャペルの脇にあった扉は昔の牢獄へと続いています。教会の中に牢獄?と思われる人もいると思いますが、城の教会となってしまったので、重鎮を牢獄に送る場合にはこのような偉大な城が使われたのです。ここには16世紀スペイン国王フェリペ2世の国務長官だったアントニオ・ペレスという人物が一時期投獄されていましたが、このような人物の場合は監禁状態という方が合っているかもしれません。子供たちも一緒に居ることを許されていたようですが、ここから逃亡しようとして別の牢獄へ移されています。


c0213220_06015638.jpg
牢獄の居間。寝室も上にあり、どちらの部屋にも暖炉が付いていました。こんな風に家具も置かれているので、まるで今にでもアントニオ・ペレスが登場しそうな感じです。フェリペ2世は人気のある国王とは言えませんが、興味深いエピソードがたくさん残っている王なので、各地で彼に苦しめられた人物ゆかりのモノや建物があり、どうしても身近に感じてしまう歴史上の人物。カスティーリャに住む私のデイリーライフからも切り離すことの出来ない存在です。
c0213220_06070245.jpg
Antonio Perez これがアントニオ・ペレス。意味深な眼差し...歴史では反逆者ですが、フェリペ2世に背きフランスにまで逃亡し生き延びた人物は、やっぱりすごい強運な人だと感じます。スペインの歴史ファンには見逃せない政治家です。おまけにフェリペ2世の異母兄弟ホワン・デ・アウストゥリアの側近でもあった人物なので、フェリペ2世ファミリーの秘密を最も知っていた人物なのでしょう。
c0213220_06171117.jpg
この場にアントニオ・ペレスも座って城外の事を想像していたのかなぁ~と、カスティーリャに行くと別の時代に頭が飛んでしまいます。

c0213220_07143415.jpg
城の屋上からの景色はカスティーリャの初夏そのもの。この彩が毎年楽しみで仕方ありません。今年も時間が許す限り歴史ある建造物を見学したいと思っています。
c0213220_07170214.jpg


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-06-30 07:20 | History 歴史 | Comments(0)
スペインの田舎パン
グローバル化のメリットとデメリットは長い時間をかけて天秤にかけ評価されると思いますが、食文化でのグローバルかはメディアにどれだけ登場するかによって左右されてしまう部分が多々あります。そんな中、独自の足で探し回って発見しないといけないものなどあると思うのですが、都会に住んでいるとモノがあふれ過ぎているので、重要な感覚自体が麻痺してしまいます。

パンは30年以上前のマドリードでは美味しいものがほとんどなく、スペインのパンには興味がわきませんでした。田舎だけは別で旅の途中に信じられないくらい美味しいパンに出会うことはあったのですが、都会で美味しいパンの記憶はありません。それがここ5,6年の間に変化し、伝統的な丁寧な作り方をするこだわりパン屋がたくさん出店する時代となりました。通常のパンの3倍くらいの値段になりますが、本当においしいパンが簡単に手に入るようになりました。

これはこの上なく嬉しいことなのですが、こういう都会でこだわりのパンを作っている人達のパンはどれも似ているのです。きっと有名なパン職人さんの工房で修行をした人達ばかりなのでしょうが、スペインのような歴史ある多様な国の場合、もっと各地域の素朴で歴史あるパンも復活させた方がいいのではないかと思います。地方にまだまだすごいパンが残っているのです。

私のパンとの関係はオリーブオイルの仕事があるので、切っても切れない関係となって来ており、特に田舎や山奥の昔から続く窯で焼かれるパンには絶大な関心があります。最高のオリーブオイルには、やっぱりベストなパンを組み合わせたいのです。

運よくカスティーリャの田舎で夏は過ごしますので、もっと本格的にパン工房や窯を調査しようと本気で最近思うようになりました。まずは近所のパン屋さんから訪問始めました。

人工500人くらいの町にある50~100年くらいの歴史を持つパン屋さん2軒。100mくらいの長さの短い道に2店舗が共存しているのが不思議です。

c0213220_08261678.jpg
いい感じの味を出しているパン屋さん。日本では考えられないような外観ですが、こういう様子は私にとっては有望です。

c0213220_08272645.jpg
こちらがもう一軒のパン屋さん。建物は新しくなっており、活動内容もこちらの方が大きそうです。運よくこちらの工房は見せていただけました。

c0213220_08284819.jpg
パンではなくロスキーリャと呼ばれる甘い菓子パンを作っている様子です。アニスシードが入ることもある乾パンのようなお菓子ですが、カスティーリャではよく生地にラードも入っています。ワインやリキュールに浸して食べるようなお菓子です。

c0213220_08303678.jpg
手前に見える輪がロスキーリャ。甘さもとても控えめなので私もとっても好きな菓子パンですが、ラードが気になります。

c0213220_08314591.jpg
鉄板に並べてオーブンで焼かれます。このパン屋さんの有り難いところは、ローストも引き受けてくれるところにあります。我が家でラムのローストを作りお客様をおもてなしする時は、このパン屋さんにテラコッタ鍋と肉を運びこめばOK。じっくりと古い窯でローストを焼いてくれます。

パンとは話題が代わってしまいましたが、少しづつ近辺の美味しいパン工房を調査します。何と言ってもスペインで最もパンが有名な歴史ある地域に住んでいるので、たくさんの発見があると思います。我が家から40分くらいの村にはパン博物館もあるので、こちらにも今年の夏は行ってみたいと思うのですが、きっと先にポルトガルのパン博物館へ行ってしまうと思います。なんだかんだカンで動いてしまう性格なので... いずれにしろ、大昔から変わらず作り続けられているスペインのパン文化をしっかりと探求してみます。


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-06-28 08:42 | Food Culture 食文化 | Comments(0)
サン・ホワンのにんにく
夏至を迎える時はスペイン中で火祭りが開催されますが、農産物も夏を感じさせてくれるのがカスティーリャ地方はにんにく。今年は忘れずににんにく市場へ行けました。

c0213220_18591365.jpg
こんな可愛い女の子が説明しながら販売。私は中くらいのサイズのものを購入しましたが、一束なんと4ユーロ。もっと小さい実を選べば3ユーロ。収穫して乾燥させて束ねてこの価格では商売にならないと思いますが、伝統を守って皆様広場で販売中。偉いなぁ~と思いながら、にんにくでスペイン人はヘルシーなんだと改めて確信しました。

c0213220_19021354.jpg
にんにくこれだけ積んであるとやはり見事でキレイでした。

c0213220_19031410.jpg
かなり貫禄のある叔父さんの方には行かずに可愛い女の子の方で買い物。話せば優しい叔父さんなのでしょうが...

c0213220_19050813.jpg
こういう買い物が出来るのも田舎に住む特権。今年の夏も色々なマーケットや店を散策してみます。自宅に戻って早速にんにくは中庭の直射日光が当たらない場所に吊るしました。きっともう少しドライにする方が美味しいでしょうし、にんにくはインテリアとしても可愛いので当分楽しみます。
c0213220_19195293.jpg

c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-06-24 19:07 | Comments(0)
雑誌リンネル特別編集『暮らしの道具図鑑』
とっても嬉しいニュースです。
雑誌リンネル特別編集『暮らしの道具図鑑』で、パワジオ倶楽部のオリーブ家具をオーガニックコスメのスペシャリスト吉川千明さんが勧めてくれました。一生モノの家具が欲しいと思っている人に是非見てもらいたい家具です。オリーブの木と同じようにお孫さんの代になっても残る家具です。

c0213220_08150203.jpg
c0213220_08152882.jpg
特に写真のような椅子は江戸時代からアンダルシアにあるデザインで、時間をかけてオリーブの木を乾かして大切に加工されたものです。座り心地もとても良く、幾つかのパターンをパワジオ倶楽部で常時展示販売しております。一度、実際に座ってお試しください。私は30年以上も前にこの家具の存在を知ったのですが、いつ見ても飽きのこないデザインです。もちろん、我が家でも使っております。

c0213220_08193080.jpg
c0213220_08200058.jpg


[PR]
by angel-chiho | 2018-06-24 08:20 | Powerdio パワジオ倶楽部 | Comments(0)
究極のガスパチョレシピ
シンプルな料理ほど美味しく作るのは難しいものですが、なぜか30年以上もスペインに住んでいるのにガスパチョに限ってはこだわったレシピ探しをしておりませんでした。これは完全に見落としておりました。
昨日お気に入りのバルへ行ったら今年初のガスパチョがあり、早速いただいたのですが、バルの女の子と世間話をしていたら『昨日からガスパチョ作っていたから』という一言があったのです。ここで『なに?!』という事になったのですが、パエリャ用の出汁のために前日から準備するのは義父だったのですが、ガスパチョを前の日から準備というのは聞いたことがなく『ドッキ』とする衝撃の一言でした。

これを機にガスパチョレシピ調査を開始。よ~く分かりました。
そこで今日は早速調査の結果を発表します。もちろん、自分でも作って試しましたよ。抜群に旨さがアップしたガスパチョです。
すごいのは材料に全く変化がない事!今までどおりの材料でずっと美味しくするためのコツを含めた『究極のガスパチョ』レシピをご紹介します。

c0213220_01065845.jpg
究極のガスパチョ

材料:
トマト 1kg (トマトはプラムトマトがおすすめ)
きゅうり 1から1本半
ピーマン 1個
にんにく 二分の一片
ワインヴィネガー  大さじ4~5
エクストラヴァージンオリーブオイル 100ml~120ml
フロールデサル  小さじ2
固くなったパン  スライス1枚

c0213220_01092682.jpg
c0213220_01240227.jpg
オリーブオイルはこちらのキンタ・ド・ビスパードをおすすめします。ポルトガル産のクパージュタイプのオイル。
c0213220_01252950.jpg
ワインヴィネガーがこちらのフロール・デル・ヘニルが最もおすすめ。
c0213220_01262607.jpg
塩はこちらのトラディショナルソルトまたはフロールデサル。どちらもポルトガル産のマリソル。
作り方:
1.キュウリの皮を剥いて乱切りにし、ざるに入れて塩をふり30分程度放置する。
2.トマトは皮を剥き、種を取り除き乱切りにする。
3.ボールにトマト、キュウリ、ピーマン、にんにくを入れ、塩、ヴィネガー、オイル少々を加え混ぜてから冷蔵庫で寝かせる。前夜に準備してもOK.最低1時間程度。(レシピによっては水をカップ1くらい加えますが、好みで水は加えてください。私は入れません)
4.ミキサーまたはハンドミキサーで攪拌してクリーム状にしますが、ピーマンとにんにくは取り出して捨てる(必ずしも捨てなくてよいのですが、少なくともピーマンは減らしてください)にんにくを残す場合は、最初から5分程度煮出して香りを抑えたにんにくを使うことをおすすめします。攪拌しながらオリーブオイルは少しづつ加え丁寧に乳化する。
5.冷蔵庫でしっかり冷やして飲むスープとしてサーブしても、トッピングをしてサーブしてもよし。これがベーシックなガスパチョでトッピングを変えると色々楽しめます。

通常のガスパチョは野菜をカットしクリーム状にすれば完成ですが、野菜を塩とヴィネガーでマリネ状にして寝かせてから攪拌することで、旨みがグンとアップし非常に美味しいランクアップしたガスパチョになります。皮むきと種とりはしっかりとしましょう。滑らかさが大切です。


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-06-22 01:22 | My Kitchen レシピ付き | Comments(0)
Santillana del Mar サンティーリャーナ・デル・マル
今年は雨が多かったので1か月以上お花畑状態のスペインを楽しんでおります。
グリーンスペインで用事があったので、遠回りをして数年ぶりにアルタミラの洞窟で有名なサンティーリャーナを訪れました。

c0213220_08262777.jpg
スペインで最も美しい村のひとつでもあるのですごい観光客が密集するのですが、6月はまだなんとかツーリストの被害を受けずに訪問可能です。なぜここに行きたかったかというと、スペインのガーデニング文化はアンダルシアばかりでなく、北部の方が気候的にも優れておりお花は色々なものが愉しまれているので、5月、6月どちらかの月に訪問したかったのです。

c0213220_08364254.jpg
カンタブリア湾に位置するこの地域は、昔からカスティーリャ地方の港だったので貿易で栄えた村々が多く、素晴らしい建造物の多さには圧倒されます。サンティーリャーナには特に立派な邸宅が密集しているだけでなく、それらが優れたコンディションで保存されています。

c0213220_08414781.jpg
パラドールもあり素敵な宿泊施設も数多いので一度は滞在するべき村。この写真から分かるかもしれませんが、バルコニーやパティオでのガーデニングがカラフルでキレイなのもこの村の特徴です。

c0213220_08455516.jpg
石造りの建造物に味があるので、植物はゼラニウム1種類1色でもこんなカッコイイのです。

c0213220_08511795.jpg
そして、今回ご紹介したかったのがテラスからハンギングされているボール状の植物【カーネーションエアープランツ】。この村ではまるで日本酒屋の杉玉のように吊るされています。

c0213220_08570258.jpg
sもっと多くの村や町でこのスタイルがあってもいいと思うのですが、一番このエアープランツ玉のハンギングをしているのはやはりここで、お土産屋さんでも最近は苗まで販売されています。お花もカラフルでキレイですが、個人的にこれが初めてここを訪れた時から印象深いので好きです。

c0213220_09001164.jpg
建物にある紋章と組みわせてもお洒落だと思います。まるでハンギングトピアリーです。

c0213220_09020173.jpg
テラスでのガーデニング大好き叔父さんの手に掛かると、こんな風になります。個人的にはやはりエアープランツ玉だけのデコレーションが好きですが、大部分の人はカラフルに色々植えている感じです。

c0213220_09051736.jpg
最後にスペインのガーデニングでどうしても見逃せない醍醐味がアイアン!窓の鉄格子としてあらゆる建物にありますが、古いものが無造作に設置されているのがスペインの魅力。ハンドメイドの素晴らしいアイアンに目を見張りますが、それが植物で飾られていたら数段美しさを増します。来年はスペイン北部の花で美しい町と庭巡りの企画をしますので、是非興味のある方はご連絡ください。詳細が決まり次第お知らせします。



人気ブログランキングに参加中。クリックして応援してくださいね。励みになります!
Gracias.c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円

[PR]
by angel-chiho | 2018-06-17 09:19 | Garden 庭 | Comments(0)
聖体祭 Corpus Christi
今週は聖体祭だったので、週末スペイン中でキリストの聖体を崇める祭りが開催されていました。マドリードではあまり実感のわかない祭りなのですが、トレドやカルモナなどこの祭りが重要な歴史ある町は多く、特に花で飾るカーペットの豪華な町は注目されます。今朝出かけようとしたらご近所の玄関の前が祭壇に変身していてビックリ。こんな風に昔から村の家々でも祭壇を設けて祝うのだそうです。

c0213220_07313728.jpg
バルコニーも綺麗に飾られている家が数軒ありました。
出掛ける途中だった私はご近所にご挨拶だけして出発。次の村も通りかかったところで面白い風景に遭遇です。

c0213220_07342242.jpg
お花とハーブのカーペットです。香りがお伝え出来ないのが残念なのですが、エニシダとフェンネルやラベンダーが使われており、植物の上を人が歩く旅に良い香りが全体に広がるのです。これは小さな村の様子ですが、かわいい女の子と御祖母ちゃんが一生懸命作ったようでした。

c0213220_07375194.jpg
こんな様子を見てしまうとこの村で寄り道をしないわけには行きません。早速、教会に向かい様子を伺いました。
c0213220_07394381.jpg
スペイン独特のアラビアンスタイル『ムデハル』様式の古い教会。あまりに立派なので感激です。600年も前に作られた煉瓦造りの建物が今でもこんな状態であることは感動もの。人々が大切にメンテナンスしてきたことがよく分かります。
c0213220_07471212.jpg
c0213220_07432659.jpg
教会のエントランスにも花とハーブがセッティングされていました。シンプルですがパレードのための植物のカーペット。エニシダの香りが心地よく香っていました。聖体祭の長いミサが終わるとパレードが始まりました。
c0213220_07484395.jpg
こじんまりとしたパレードですが、昔からのスペインが垣間見られるとても良い機会でした。おまけに今年は寒さがなかなか去らないのでお花も美しくバリエーションも多いので、カスティーリャでは見ごたえのある飾りが色々見られました。ガリシア地方などではあじさいの開花が遅れており、予定外の花びら不足のようですが、それぞれの地域で魅力ある花のカーペットが愉しまれたようです。やっぱりスペインの伝統は素晴らしい事を体感した一日でした。




[PR]
by angel-chiho | 2018-06-04 07:56 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved