Top
<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Tordesillas トルデシーヤス 中世宮殿の名残 (後編)
ドン・ペドロと呼ばれるスペイン王は14世紀の国王。まだ中央集権制度が確立されていない時代の国王なので、戦争続きの人生だったのですが、青池保子さんの漫画でも描かれているように美しいものが本当に好きだった国王だと思います。ライフスタイルもセビリア育ちですからアラビアンスタイルがお好みで、君臨したのはたった16年間にも関わらずスペイン全国にゆかりのアラビア様式宮殿や城を残しています。その数の多さには圧倒されるばかりです。

c0213220_03430512.jpg
ドン・ペドロの父アルフォンソ11世が建造し、ドン・ペドロが完成させたというこのトルデシーヤスの宮殿は後に修道院となってしまっていますが、あちらこちらに宮殿であった時代の美しさが残っています。上の写真の壁の様子も美しい波を打つようなアーチで飾られた美しいもので宮殿の豪華さを想像させてくれます。

ここで特に興味深いのは14世紀の浴場跡です。王家の人々が使った浴場が当時のままの状態でよく保存されています。漫画の中でもドン・ペドロのお風呂好きな様子は登場しますが、洗浄にも浴場を必ず持ち運んでいたという記録も読んだ事があるので、この宮殿内に残る浴場を見た時は彼の姿が目に浮かぶようでした。

c0213220_04003303.jpg
(現在、写真撮影は禁止されているので、写真は幾つかのブログからお借りしました。)
周辺に残っていたローマ時代の大理石の柱などを再活用している部分もあるそうですが、こじんまりとした美しいトルコ風呂のようなスタイルの浴場です。
c0213220_04024998.jpg
壁にはドン・ペドロの父の愛人レオノール・デ・グスマンの紋章が残っています。一見獅子なのでカスティーリャ地方の紋章のようですが、まさか愛人のものでした。こんな風に残っているところを見ると、ドン・ペドロも彼の娘たちも愛人のことをあまり恨んだりしていなかったように思います。

ドン・ペドロはこのトルデシーヤスの宮殿だけでなく、ヨーロッパに残る最も古い王家の宮殿セビリヤのアルカサルも建造しているので、実はセビリヤにも素晴らしい浴場があるのです。
c0213220_04084543.jpg
天井などはドン・ペドロ以前の建造物のものですが、しっかりと浴場として使われていたので、今でもここはドン・ペドロの夫人マリア・パディーリャの浴場と呼ばれています。

14世紀の王のラブストーリーから数々の愛人、浴場跡などがしっかりと残る国王はスペインの歴史の中でもドン・ペドロ以外にはないと思います。その国王のストーリーを膨大なリサーチと共に、最高に魅力ある漫画に仕上げた青池保子さんは、歴史を語る天才だと心から思います。皆さんももしスペインを訪問するチャンスがあるなら、是非この作品を読んでからにすると、旅が何十倍も楽しくなると思います。


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-07-27 04:13 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)
Tordesillas トルデシーヤス 中世宮殿の名残 (前編)
スペイン中世の歴史を知りその虜になる最強の手段は、漫画【アルカサル】(著者青池保子)を読むことだと思っています。アラビア人との800年近くに及ぶ戦乱レコンキスタの歴史は、【アルカサル】のような漫画がないと日本人には複雑すぎる部分があり、敬遠してしまう分野だと思います。

c0213220_03005581.jpg
チャンスがあるとスペイン人にも日本人にもこの作品の素晴らしさは伝えていますが、本当はもっとスペインでこの作品のことを知ってもらいたいと思っています。この国はあまりにすごい歴史を持っているので、ご当地の人はちょっと歴史に疎く開いた口が塞がらないほど歴史上の事実を知らない人が多いのです。まぁ、それは別として、我が家の近所はこの【アルカサル】の主人公であるスペイン王ドン・ペドロゆかりの地が多々あるので、機会さえあればその地を訪れて調査をしています。

c0213220_03183334.jpg
先日、数年ぶりにトルデシーヤスのサンタ・クララ修道院を訪れました。ここは今でのスペイン王室が所有権を保持しており王家遺産として管理されています。尼さんが住んでいるので教会の管轄だと誤解しやすいのですが、これはドン・ペドロが娘に修道院を創設するように許可した14世紀から条件は変わらず、使用許可だけで所有権は王家のものなのだそうです。すごいなぁと感心しました。写真は当初宮殿であった時からある入口の様子。このデザインがセビリアのアルカサルのモデルにもなっているそうです。この美しさはいつ見ても感動します。アンダルシアではないマドリードから200キロも北に上昇したドゥエロ川の岸辺に、こんなアラビックスタイルの宮殿があるなんて、スペインの歴史的豊かさのシンボル的建造物です。

c0213220_03265627.jpg
こういうスペインのキリスト教徒の間で花開いたアラビアンスタイルのことをムデハル様式といいますが、この宮殿はその中でも最も美しいもののひとつ。14世紀の状態で残っている部分が多々あることも驚きです。
c0213220_03302152.jpg
内部は撮影禁止の部分が多いのですが、ミニチュアアルハンブラのような美しいパティオも残っています。ドン・ペドロの時代はもっと数多くのパティオやサロンがあったはずですが、なにしろ修道院になってしまったので、アラビアンスタイルの優雅さはわずかしか残っていません。運よく漆喰で塗られてしまった部分がたくさんあり、最近の修復では宮殿だった頃の豪華なデコレーションがいくつも発見されているので、何年か毎に訪問すると新しい掘り出し物に巡り合えます。
c0213220_03342088.jpg
内部ではカルロス5世がトルデシーヤスに幽閉されていた母ホワナを訪れた時の展覧会が開催されており、ドン・ペドロからカルロス5世へテーマがズレてしまったのですが、ひとつ興味深い事を知りました。ホワナがベルギーに嫁ぎ、現地でオーダーメイドで作らせたタペストリーの数々は現在王室コレクションの中に属していますが、その中の数点が今回展示され由来を説明してもらえました。

ホワナは息子カルロスの訪問時、彼の部屋にお気に入りのタペストリー2枚を飾ったそうです。それをカルロスは大そう気に入ったそうで、結局タペストリーはカルロスに贈られます。私はここできっとタペストリーの価値が目当てでカルロスが手に入れたと思ったのですが、実はそうではなく、このタペストリー2枚はカルロスは隠居生活を送ったユステにある修道院の部屋に飾ったのだそうです。母ホアナに対してカルロスが愛情を表したエピソードを聞いたことがなかったので、この話にはジ~ンと来てしまいました。

c0213220_03582681.jpg
タペストリーの1枚。金糸と銀糸、シルクを使った傑作。写真はEl hilo de Ariadnaより。Foto es del blog "El hilo de Ariadna".


でも、これはガイドさんの説明で帰宅してから調べてみると、カルロスが初めてトルデシーヤスで母を訪問した際、すでにタペストリーで飾られた美しい部屋の記録は残っており、初訪問でこのタペストリーがカルロスの手に渡ることはなかったそうです。ホワナと暮らした年少の娘がポルトガルに嫁ぐ際、幾つかのタペストリーはポルトガルへ渡り、残り数枚がカルロスのものになり、彼はそれを妻イサベルに贈り、彼女の死と共に再びカルロスの手に戻ったそうです。記事には【取り戻した】というニュアンスで書かれていたので、ひと悶着あったのでしょう。その後、カルロスの死でこれらのタペストリーは競売に掛けられてしまうのですが、フェリペ2世が落札したという記録があり、おかげで王家のコレクションとして今でも残っているわけです。

きっともっと調べたらこの時期のスペイン王室メンバーのタペストリーへのこだわりや愛着は、もっと深く知ることが出来るでしょう。

つづく


c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-07-21 04:02 | Castilla カスティーリャ | Comments(0)
オリーブ農園でのスペシャルディナー
世界一のオリーブ産地アンダルシアでスペシャルディナーを開催。年間を通じて日本、スペインで色々なオリーブイベントを実施していますが、今年の夏は野生オリーブをテーマにスペシャルディナーをセッティングしていただきました。Baezaバエサという世界遺産の美しい町から2キロくらい郊外にある17世紀の農園に、現地で最も優秀なシェフを呼んでローカルフードとオリーブのマリアージュディナーをデザインしていただきました。

c0213220_02181232.jpg
数百年続くアンダルシアのカントリースタイルオリーブ農園。オリーブはスペイン各地で栽培されていますが、地域地域で独自の工夫と伝統があるため、料理だけでなく農園のスタイルも違います。アンダルシアの場合、数千年前から生産物はオリーブがメインなので、他のどんな地域よりもオリーブが生活に浸透しているように思います。そんなアンダルシアの若いシェフ、ホワン・カルロス・トゥルヒーリョの腕前を堪能して参りました。

c0213220_02231575.jpg
まずは伝統的な農民のドリンク。これを水筒に入れて暑いシーズンは仕事に行っていたそうです。ちょっとおしゃれにアレンジしてあるのですが、とってもシンプルで食欲がわくドリンクでした。これはレシピを載せる予定ですのでお楽しみに。

c0213220_02255932.jpg
こちらがオレンジの冷静スープ。驚きなのが器にサイコロ状にカットされて入っていた鰻の燻製。オレンジとの組み合わせが以外ですが、とっても燻製の塩味がスープに合って美味しいスープ。
c0213220_02275943.jpg
スープの仕上げには野生オリーブ『アセブッチェ』のエクストラヴァージンオリーブオイルを回しかけます。

c0213220_02292161.jpg
イベリコ豚のプレサという部位をタルタルに。プレサの生と燻製をミックスしているので、同じお肉でも食感の違う味わい。私は特にこのタルタルが気に入りました。また食べたい一品です。
 
c0213220_02321451.jpg
手長エビ入りのロシアンサラダ。所謂、ポテトサラダなのですが、マヨネーズは泡。マヨネーズがとっても美味しかったです。
c0213220_02313235.jpg
c0213220_02340998.jpg
次は高級品のラグリマと呼ばれるグリーンピースのベビー。卵黄とラグリマに丁寧に作ったオニオンスープを加えます。スープが最高においしくてラグリマもとても良いものでした。10年くらい前バスク地方で大注目だった野菜ですが、最近ではアンダルシアでも作ってくれる人がいるそうで、特注で作ってもらっているそうです。あまりに高級なのでラグリマのある畑には警備員がいるくらいです。
c0213220_02504976.jpg
カスタネットと呼ばれるイベリコ豚の喉の脇にある部位。こりこり感のある肉で美味。とっても珍しい部位で、ベースはアンダルシア伝統のカボチャのペースト。これもまた食べたい!
c0213220_02532539.jpg
最後はトリッパとタラのコンフィ。バエサは内陸なので魚と言えば伝統的には塩ダラだったのです。コンフィは勿論、ふんだんに最高のエクストラヴァージン『ピクアル』を使用。トロトロの仕上がり。ベースにトリッパと組み合わせるのはシェフのアイデアですが、以外にマッチしており皆様大喜びでした。トリッパを煮込む時にもタラの出汁を使ったそうです。ビックリしました。

c0213220_02570702.jpg
デザートはチョコレートムースなのですが、2種類のムースがクッキーの上と下にも隠れていました。上のチョコレートにはフロールデサルがたっぷり入っていてとっても美味しかったです。こんなにフロールデサルを入れるのという感じでしたが、いつも自分が入れるよりも加えた方が美味しいことに気がつきました。

c0213220_02593343.jpg
食事が楽しかった様子が写真からも分かると思います。シェフの奥さまがサーブしてくれたのですが写真がなくて残念。ルイスは私の最も信頼しているオイルの先生のひとり。

c0213220_03015614.jpg
実はルイスの背後に古いピアノがあるのですが、スペインが誇る詩人ガルシア・ロルカも何度も演奏をしたことがあるピアノだそうです。ロルカもこのファミリーととても親しかったそうですが、やはり優れたものを長年作る人達には哲学があり、素晴らしい人たちがつながっています。日本でもっとオリーブが広まることを確信した一夜でした。

c0213220_03052398.jpg
素晴らしい人が作るオリーブ農園は何度訪れても新鮮で感動があります。



c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-07-09 03:06 | Olive オリーブについて | Comments(0)
野生のオリーブ『アセブッチェ』
真夏のアンダルシアに今年も野生オリーブの様子を見に行ってきました。
時間が過ぎるのは早いもので記録を見ていたら2009年に初めてアセブッチェを見学し、もう9年も経過してしまいました。2009年にはアセブッチェのオリーブオイルは完成していなかったのですが、5年ほど前から正式にオイルの販売も開始されるようになりました。世の中にある素晴らしいオイル全てを販売する事は難しいのですが、出来る限り偉大な人が作る貴重なオイルには関わりたいと思って活動しています。このアセブッチェもそのひとつなのです。

c0213220_07270538.jpg
アセブッチェが生息する世界一のオリーブ産地ハエン。巨大なオリーブ農園が存在しますが、アセブッチェの生息する場所は岩場の丘の上。オリーブ栽培が実施出来ない険しい場所です。野生のオリーブは動物に食べられないように、岩と岩の間に隠れるように生まれ、強いとげのあるものもあります。
c0213220_07294998.jpg
この小さいオリーブでさえ4,5年もの。人工的に品種改良され栽培されているオリーブの10倍くらい成長するのに時間が掛かります。
c0213220_07375488.jpg
これが最もかっこいいアセブッチェのひとつ。すごい幹が太いことが分かると思いますが、こうなるには500年くらい掛かっています。石器時代まだ人間がオリーブの栽培が出来なかった頃から、人々は実を摘んで潰して活用していたそうです。人間の知恵でこの野生のオリーブを少しづつ交配する事を繰り返し、最終的に今日の栽培用のオリーブが完成していますが、野生のオリーブの生命力はこれから益々注目されると確信しています。

c0213220_07370154.jpg
アセブッチェの虜であるオーナーのルイス。彼は私の重要なオリーブの先生でもありますが、価値観に共感できるものがたくさんあるのでビジネス関係なく長い間お付き合いしています。今回の訪問はタイで活躍する美容の専門家と共に実施しました。彼女の情熱がきっとアセブッチェを導いてくれると思っています。

c0213220_07451715.jpg
アセブッチェと共にワイルドケッパーが生息していることも発見しました。前回はタイムやローズマリー、ワイルドラベンダー、エニシダなどが目についたのですがケッパーには気づきませんでした。ケッパーと言ってもアンダルシアには巨大なケッパーが存在し、私も大好物で行くと必ずマーケットで探して買うのですが、その巨大ケッパー『アルカパロン』がかなり実っていました。

c0213220_07484750.jpg
こちらがアルカパロン。普通のケッパーの10倍から20倍の大きさがあると思います。この漬物の美味しさは言葉では語れません。オリーブと同等の旨さなのです。
話がオリーブからそれてしまいましたが、オリーブ周辺に生息するハーブはとっても大切です。なぜかというとオリーブはその実の皮を通して周囲の植物の香りを吸収していきます。野生のハーブのデリケートな香りは間違いなくオリーブが吸収し、繊細な何層にも重なる香りとなってオリーブオイルの中に反映されます。

c0213220_07531106.jpg
そして、今回なにより驚いたのがアセブッチェの想像を絶する生命力。この写真に新しいオリーブの実と黒く昨年の実が残っているのがわかりますか。そうなんです。1年以上時間の経過しているオリーブの実が、アセブッチェの場合枝から落ちずに付いたまま7月になっても残っているのです。普通のオリーブならば成長しないものはぽろぽろと落下し、栄養分が行き渡っている実だけ大きく成長し、最終的に熟しきった時に落下するようになっています。アセブッチェは黒く熟しても落下せず枝についているのです。どんなに強い植物なのか知れば知るほど圧倒するパワーのあるオリーブの原種。この実が持つ可能性はまだまだこれから発見されていくと思います。

c0213220_08014273.jpg
極めて小さいアセブッチェの実。これから大きく普通のオリーブの大きさに成長すると思われるかもしれませんが、アセブッチェは超小さいので、大きくなっても恐らく2倍から3倍くらいまでです。全て自然任せのオリーブなので大地からの栄養と天の恵みの雨で生き延び、実もギリギリまでしか成長しませんが、とてつもないエキスを含んでいます。オリーブが永遠性を表し万能薬であったのも、きっとこのオリーブと関係していると思います。そんなパワーを感じさせてくれるアセブッチェ。訪問後、なぜかエネルギーチャージできた感じです。アセブッチェ三昧の食事についてはまた次回。



c0213220_3241139.jpgスペイン料理の本も書くチャンスに恵まれました。伝統的な家庭料理がお好きな方にオススメです。私が美味しいと思った料理で、日本でも簡単に作れるレシピを集めています。アマゾンで好評発売中。1470円
[PR]
by angel-chiho | 2018-07-07 08:06 | Olive オリーブについて | Comments(0)





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved