人気ブログランキング |
Top
<   2020年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画
絵画のジャンルの中に【静物画】=【Still Life】と呼ばれるものがありますが、英語からの直訳で静物画になるのは当然だと思うのですが、フランス語の場合【Nature morte】死んだ自然と表現され、スペイン語では【Bodegon】または【Naturaleza muerta】と呼ばれ、ワインセラー、またはフランスのように死んだ自然を意味しています。
静物画というと、日本では印象派の様々な食卓の絵や、ゴッホのひまわりなどが有名なので、スペインのような神秘的な静物画の世界は、やはり【ボデゴン】と正しいジャンル名で識別しないと、この世界の価値が分からないかもしれません。

私は食に関する仕事をしているので、特にボデゴンに興味を持っていますが、スペインのボデゴンは17世紀神秘主義に影響されており、代表的な作品には、息を飲むような感動とスペインの精神世界を垣間見ることが出来ます。

最高傑作は、サンチェス・コタンという修道士であり画家であった人物の作品だと思います。17世紀スペインは【黄金世紀】と呼ばれる時代を迎え、文学、美術、音楽すべての芸術文化隆盛期として知られています。サンチェス・コタンの絵の中では、神秘派や本質主義の精神が表現されています。

ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画_c0213220_20515097.jpg
                 写真@museodeprado
左側はカリンで、この作品ではちょうど10月11月の食材が選ばれて描かれています。先ほども言ったように、息をのむという表現がぴったりの作品で、この作品の前に立つと時間が止まっているというか、時間までもが宙ぶらりんとなり宇宙的なものを感じます。恐らくこれがスペインの神秘主義的な感覚なのだと思います。サンチェス・コタンはボデゴン以外にも、色々な宗教画を描いていますが、可愛らしい印象の作品が多く、このように鋭い感覚を感じる作品はボデゴンでしかありません。

もうひとりボデゴンの名人と言えるのが、フランシスコ・デ・スルバラン。彼は宗教画も素晴らしく、個人的に最も敬愛する画家のひとりですが、ボデゴンの中にやはりコタンと同じように、画家の精神世界が封じ込められています。

ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画_c0213220_21055530.jpg
写真@pinterest
スルバランの質感を写真で感じるのはとても困難なのですが、精密に描かれた器や水、シルバー、バラ、ひとつひとつに本質の美しさや価値が表現されています。ずっと見惚れていたくなる一枚です。

スペインのこれらのボデゴン=静物画の世界は深く、探れば探るほどハマっていく世界なのですが、画家中の画家と言われるベラスケスもやはりこのボデゴンの世界を極めている天才のひとりで、彼の場合は作品の随所にボデゴンがあります。

ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画_c0213220_21143332.jpg
                         写真@grupencilopedia.cat

この作品は【セビリャの水売り】というタイトルですが、ミステリアスな作品で色々な解釈がされています。ピカレスク小説の主人公が描いてあるという説もあれば、人間が年老いていく3つの段階が描いてあるとか。私が興味を持っているのは、静物画の部分で釉薬の掛かっていない陶器、釉薬が掛けてある陶器、そして最終的にクリスタルグラスと展開していく器のテクスチャーの違いと、特に透明な水の入ったグラスの高級感に感動します。この雰囲気の中にあるからこそ、クリスタルの美しさが極まっています。
当時クリアーな水を飲むことは贅沢だったのでしょう。わざわざクリスタルで飲ませるという行為にも感動しますが、グラスの中にイチジクが1個入っているのです。こんな風にイチジクを入れることで、水をより香り高い上等なものにしているのですが、17世紀前半のセビリャでこんな風に水が楽しまれていたことには驚かされました。今ならレモンのスライスとか思いつきますが、イチジクというのが21世紀の今でもシンプルにお洒落です。こんな渋い絵もスペイン黄金世紀の輝きがしっかりと隠れているのです。

知れば知るほどベラスケスは虜になりますが、ここ数年何枚も彼の絵は発見されており、しばらく前にベラスケス唯一のボデゴンも発見されました。

ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画_c0213220_01342905.png
写真@elmundo.es
ボデゴンは日本では厨房画とも言われるそうですが、正に当時の厨房を表したベラスケスのボデゴンがこれです。この絵にどんな意味が隠されているのか、まだ全く分かりませんが、きっと深い意味があるのでしょう。

ボデゴンと呼ばれるスペインの静物画_c0213220_01465558.jpg
写真@wikipedia
最後にもう一枚ベラスケスの絵をご紹介しますが、テーブルの上に幾つかの瓶があります。仕事上私が楽しんでいるのは、こういうシーンで、グリーンの瓶はアルクーサと呼ばれるオリーブオイル用の瓶なのです。ボデゴンには様々な食のシーンが季節別に表現されることもあります。オリーブオイルの容器は結構登場するのです。料理も昔から全く変わっていないものがとても多く、ボデゴン調査はこれからも益々続行したいと思っているので、また機会があったらご紹介します。スペイン絵画を楽しむチャンスがあったら、是非ボデゴンにも注目してみてください。






by angel-chiho | 2020-11-19 01:53 | Art 美術
革新的なオリーブ農園【カサスデウアルド】の最新情報
革新的なオリーブ農園【カサスデウアルド】の最新情報_c0213220_03415497.jpg
スペインのオリーブオイルメーカー【カサスデウアルド】とのお付き合いは、もう7年以上も続いているので、毎年彼らの努力と技術的なイノベーションを見て驚かされています。元々、この会社はオリーブ業界の革新となる事が目的で創立されているので、何もかもが新しい試みが多いのですが、ここ数年も発表はしていなかったのですが、新しい取り組みに臨んでいました。

グラス越しに見ても本当に美しいとしか言えないオリーブオイルですが、こうなるまでには大変な手間と苦労があるのです。

革新的なオリーブ農園【カサスデウアルド】の最新情報_c0213220_03441164.jpg
新たのイノベーションのひとつがこちら。オリーブの種を抜く装置です。普通オリーブの実は種の中にも油分があるので、種付きのまま潰して攪拌しオイルを抽出していきます。優れたメーカーは、この砕いた種も搾油の副産物として、種の搾りカスは燃料として使います。この装置を使うと種が丸ごと果肉から取り除くことが出来るので、オリーブオイル独特の種からの苦味を緩和するのに役立ちます。次の写真のように、キレイに種が抜けるのですが、ここまで来るにも長い道のりがあったのです。オリーブの実をご存知の方は分かると思うのですが、オリーブの実は熟成度によって柔らかさが違います。グリーンの時はとても硬く、段々と熟成するにつれて柔らかくなっていきます。この装置、初代のものは黒い実の種は抜けても、グリーンの実の種抜きは不可能で、なんと写真のような装置になるまでに3台も装置を変えています。それだけでもすごい技術改良が必要で、大きな投資が必要なことは理解していただけると思います。因みに、搾油所で使われている様々な機械は、搾油所のリクエストで使用法が違うので、かなりオリジナルな機械だと思ってください。そのため優れたオイル作りには、大きな投資が不可欠なのです。

革新的なオリーブ農園【カサスデウアルド】の最新情報_c0213220_03525238.jpg
ご覧のように、品種別に種の型も大きさも違うのです。

私も数年前から種抜きの他社のオリーブオイルは試しましたが、種独特の香りと味わいがなくなってしまうと、骨格がなくなったような味のオイルになってしまうために、苦みはないのですがつまらないオイルという印象を受けていました。多くの専門家がオリーブオイルの特徴がなくなってしまうというコメントもしていました。確かに、搾油する早摘みの高級オイルから全ての種を抜いてしまったら、ボケたオイルになってしまうようにも思います。ただ、ここは世界一を目指すカサスデウアルド農園なので、色々な試みをして最高の味わいを探求しています。単純に全ての種を抜くようなことはしないはずです。

今のところ、この種抜きの技術を一番活用しているのが【レセルバデファミリア】という最高級オイルです。このオイルは、早摘みで農園内の最高の状態のオリーブを厳選してつくられます。その他のオイルよりも早く収穫され搾油される5000本の限定品です。そのオイル作りに、この種抜き工程は実際に使われており、今年も素晴らしいエメラルドグリーンのオイルが完成しています。果実を厳選し、種もある程度抜き、最終的にブレンドすることで完成するオイルですが、益々工程が複雑になっていることを理解していただけたと思います。

革新的なオリーブ農園【カサスデウアルド】の最新情報_c0213220_04093640.jpg
もうひとつのイノベーションがこちら。これも数年試験的に実験をして、今年発表になった事なのですが、オリーブの果実を極低温処理する装置です。液体窒素を利用します。この装置ワイン業界の人なら見た事あるかもしれませんが、ワイナリーで使われているモノを応用しています。

最高級オイルはアーリーハーベストと言って早摘みです。完全にグリーンの実を収穫しますが、収穫時期が早いと言う事は気温もそれなりに高い事を意味しています。10月と11月では相当気温差があります。この装置でまだ暑い時期に収穫されたオリーブの実は、圧搾される前に冷却され、攪拌時の温度が6度くらい下げる事が出来るそうです。優れたオイルを作るためには、温度コントロールが最も重要な事のひとつなのですが、これでより高品質なオイルを作ることが出来るようになりました。しかも、この装置を利用した試みは、カサスデウアルドが世界発です。ここでも革新、革新と歩み続けている様子が分かっていただけると思います。

ここから先のブレンディングなどについては、香水の調香師のようなものですから、専門家の鼻と味覚そして感性に関わってきます。来年こそ100点満点をフロスオレイというガイドブックでももらえるのではないかと思いながら、今年も見学をしてまいりました。新年度オイルについての詳細も次回お知らせしたいと思います。









by angel-chiho | 2020-11-09 04:28 | Olive オリーブについて





このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます
copyright(c)2009 angel-chiho All rights reserved